「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM アフガン帰り 不屈のカヌー王者:カーティス・マグラス」が2020年⽇本⺠間放送連盟賞 特別表彰部⾨で⻘少年向け番組の優秀を受賞

 

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役 社⻑執⾏役員 ⽥中 晃、以下「WOWOW」)が製作し2019年に放送した「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM 」シーズン4より、「アフガン帰り 不屈のカヌー王者:カーティス・マグラス」が、2020年⽇本⺠間放送連盟賞 特別表彰部⾨において⻘少年向け番組の優秀に選出されました。

⽇本⺠間放送連盟賞は、番組、CM、放送技術の向上と、放送活動のより⼀層の発展を図ることを⽬的に、⽇本⺠間放送連盟(⺠放連)が1953年に創設した賞です。

WHO I AMシリーズとしての同賞受賞は、シーズン1のエリー・コール(オーストラリア∕⽔泳)、シーズン2のベアトリーチェ・ヴィオ(イタリア∕⾞いすフェンシング)に続き3度⽬です。
また、同番組は、第10回衛星放送協会オリジナル番組アワードで番組部⾨<ドキュメンタリー>の最優秀賞も受賞しています。

<カーティス・マグラス選⼿からのコメント>
素晴らしい賞を頂いたと聞いて、とても興奮しました。
僕の物語をドキュメンタリーにして世界へと伝えてくれてありがとう!
撮影もとても楽しくて、⼀番印象的だったのはハンガリーの世界選⼿権を撮影した時です。
皆さんの前で戦って東京パラリンピックへの切符を勝ち取ることができました。
いま世界は厳しい状況に直⾯しています。でも必ず皆で乗り越えられると信じています。
東京パラリンピックは延期となってしまいましたがこれまで以上に来年のレースが楽しみになりました。
今は軽く調整しながら体を休めて来年へ向けて準備をしています。
来年の競技場でまた会えるのを楽しみにしています。

「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM」は、WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)の共同プロジェクトとして、リオパラリンピックが開催された2016年にスタートし、東京パラリンピック開催を⾒据え、世界最⾼峰のパラアスリートに迫る⼤型シリーズです。今回受賞したのは、2019年に放送したシーズン4のカーティス・マグラス(オーストラリア∕カヌー)となります。シーズン4ではその他に東京パラリンピックを⽬指す、ボロルエルデネ・ガンバット(モンゴル∕テコンドー)、上地結⾐(⽇本∕⾞いすテニス)、マニッシュ・ナルワル(インド∕射撃)、ジョニー・ピーコック(イギリス∕陸上)、カレオ・カナヘレ(アメリカ∕シッティングバレーボール)、オマラ・デュランド(キューバ∕陸上)、ミシェル・アロンソ・モラーレス(スペイン∕⽔泳)が登場しました。勝負の世界だけでなく、⼈⽣においても⾃信に満ち溢れるアスリートたちが放つ『これが⾃分だ!』という輝きや、彼らが⽬指す世界最⾼峰の舞台・パラリンピックでの勇姿などを全8回にわたり描き出しました。

WOWOWは、コーポレートメッセージ「⾒るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後もオリジナルコンテンツの充実を図り、上質なエンターテインメントをお届けしていきます。


■「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM アフガン帰り 不屈のカヌー王者:カーティス・マ
グラス」概要


初回放送
2019年9⽉21⽇(⼟) [WOWOWプライム]

再放送予定
2020年10⽉29⽇(⽊) よる7:00 [WOWOWプライム]

WOWOWメンバーズオンデマンド
「WHO I AM」シーズン1〜4全32作品の本編を無料配信中!
(WEB会員ID登録の上、番組公式サイトから視聴可能)

番組内容
WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)の共同プロジェクトとして、リオパラリンピックが開催された2016年にスタートし、東京パラリンピック開催を⾒据え、世界最⾼峰のパラアスリートに迫る⼤型シリーズ。勝負の世界だけでなく、⼈⽣においても⾃信に満ちあふれる彼らが放つ「これが⾃分だ!=This is WHO I AM.」という輝きを描く。

【カーティス・マグラス(オーストラリア∕カヌー)】
1988年オーストラリア⽣まれ。2006年に陸軍に⼊隊。2012年に派兵先のアフガニスタンで、地雷を踏んだことにより両⾜を失う。救助隊に運ばれながらカーティスは仲間たちに、「⾃分はパラリンピックに出てみせる」と話したという。リハビリ後、2014年に本格的にパラカヌーを始めると、同年に世界記録を塗り替える快挙を達成。瞬く間にタイトルを総なめにし、カヌー界を席巻すると、2016年ついに、リオパラリンピックで⾦メダルに輝いた。年々、各国の選⼿層が厚くなりつつあるカヌーだが、カーティスは王座を譲るつもりはない。⾃らが世界を舞台に活躍することが、障害のある⼈を勇気づけ、パラスポーツを広く知らしめ、スポーツの⼒や可能性を発信することにつながると考えるカヌー王者は、東京パラリンピックを⾒据えている。
(この番組は、字幕放送および副⾳声における解説放送でもお楽しみいただけます。)

<スタッフ・キャスト>
出演:カーティス・マグラス(オーストラリア∕カヌー)
ナビゲーター&ナレーター:⻄島秀俊
⾳楽:梁 邦彦
フォトグラファー:新⽥桂⼀
エグゼクティブプロデューサー:⼝垣内徹
チーフプロデューサー:太⽥慎也
プロデューサー:泉 理絵、坂⼝和之進
演出:花枝祐樹
制作協⼒:共同テレビジョン

■WHO I AM番組関連情報
◆IPC&WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM」(シーズン5 全8回)
2021年放送予定!

◆IPC & WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」
公式サイト&WOWOWメンバーズオンデマンドにてシーズン1〜4 全32作品 無料配信中
※無料のWEB会員ID登録が必要となります

◆「〜それぞれの2020年〜 アスリートからのメッセージ」
WHO I AMアスリート23名からのSPメッセージ動画を公式サイトおよびWHO I AM PROJECTサイト 、WOWOW
公式YouTubeで無料公開中!

<最新情報はこちら>
公式サイト :wowow.bs/whoiam
公式Twitter & Instagram :@WOWOWParalympic #WhoIAm
WHO I AM PROJECTサイト :https://corporate.wowow.co.jp/whoiam/(番組関連情報などを発信)
WOWOW公式YouTubeチャンネル :https://www.youtube.com/user/WOWOWofficial
WOWOWメンバーズオンデマンド :https://www.wowow.co.jp/mod/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. 「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM アフガン帰り 不屈のカヌー王者:カーティス・マグラス」が2020年⽇本⺠間放送連盟賞 特別表彰部⾨で⻘少年向け番組の優秀を受賞