Haptics(触覚)技術を使⽤したVRアニメーション「Beat」が先進映像協会主催のルミエール・ジャパン・アワード 2020 VR部⾨ 優秀作品賞を受賞

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役 社⻑執⾏役員 ⽥中 晃、以下「WOWOW」)と株式会社CinemaLeap(本社:東京都港区、代表:⼤橋哲也)が共同製作したVRアニメーション「Beat」が、11⽉18⽇(⽔)に開催された先進映像協会主催のルミエール・ジャパン・アワード2020授賞式にてVR部⾨ 優秀作品賞を授賞しました。

先進映像協会⽇本部会(AIS-J)主催のルミエール・ジャパン・アワードは、⽇本における良質なコンテンツの拡⼤と品質向上を図ることを⽬的として、⽇本国内で制作・公開された先進的な映像作品の中から、優れた作品をたたえる賞として2011年より開催されています。本作は、Hapticsデバイスを⽤いたバイオフィードバックによって、キャラクターとの親密さや、ストーリーや空間との⼀体感が向上するという、新規性の⾼い効果的な表現が⾼く評価されました。

「Beat」は、Haptics※(触覚)技術を⽤いたデバイスを利⽤し、ユーザーの⼼臓の⿎動を、作品に登場するロボットのハートと連動させることにより、ロボットに命が吹き込まれ、物語が展開する形を取っています。
ユーザーが聴診器を胸に当てることにより、ケーブルを通じて⼿持ちのデバイスが⿎動に合わせて振動します。新しい技術を作品に組み合わせることにより、今までにない新しい映像体験を提供し、第77回ヴェネチア国際映画祭バーチャルリアリティ(VR)部⾨のコンペティション作品としてノミネートされました。本作品は、WOWOW Lab※の活動の⼀環として外部クリエイターと共同開発をした作品です。

※Hapticsとは、ユーザーに対して⼒・振動・動きなどの"触覚"を通じて情報を伝達するユーザーインターフェース技術の総称です。

※WOWOW Labとは、WOWOW単独では難しいさまざまな取り組みを外部連携を積極的に⾏なうことで継続的に実現させるための仕組みです。クリエイター、エンジニア、技術系スタートアップ企業などと組み、コンテンツに関わる新しい技術の実験や試験を⾏ない、お客様に向けた新しいコンテンツ・サービスを⽣みだすことを狙いとしています。

■VRアニメーション「Beat」 概要

・作品名:Beat
・製作年:2020年
・製作:株式会社WOWOW∕株式会社CinemaLeap
・監督:伊東ケイスケ
・プロデューサー:藤岡寛⼦(WOWOW)、待場勝利
・⿎動体感技術提供:安藤英由樹(⼤阪芸術⼤学)
・作品尺:12分
・ジャンル:アニメーション
・あらすじ:Beatは、ユーザーの⼼臓の⿎動によってロボットに命が吹き込まれ、⼼を通わせて成⻑していく物語です。ユーザーのハートによって命を吹き込まれたマルボロは、もうひとりのロボット・カクボロと友達になりたいのに、不器⽤で関わり⽅が分からず怒らせてしまいます。しかしどうしても友達になりたかったマルボロは、相⼿を思いやる気持ちを持つことで、⼀度閉ざされてしまったカクボロの⼼を開いていきます。

・予告編動画 https://youtu.be/Z8PRVSNQbJg

WOWOWは、コーポレートメッセージ「⾒るほどに、新しい出会い。」のコンセプトのもと、今後も新しい技術を積極的に取り込み、より深い映像体験を⽣み出して参ります。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. Haptics(触覚)技術を使⽤したVRアニメーション「Beat」が先進映像協会主催のルミエール・ジャパン・アワード 2020 VR部⾨ 優秀作品賞を受賞