プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社 学研ホールディングス
会社概要

スキルアップ研究所、「転職におけるリスキリングの有効性に関する実態調査」の調査結果を発表

リスキリングが転職に役立ったと感じている人は8割

株式会社 学研ホールディングス

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社ベンド(本社:東京都千代田区、CEO近藤潔)は、運営する「スキルアップ研究所(https://reskill.gakken.jp/ )」にて、「転職におけるリスキリングの有効性に関する実態調査」を行いましたので、以下に結果を報告いたします。

調査結果全文はこちら:https://reskill.gakken.jp/3350


【調査結果概要】

  • リスキリングが転職に役立ったと感じている人は8割を超える

  • 役立った理由は「業種理解の深まり」が3割で最多

  • 活用のために大事なことは「自分の興味にあった分野を選ぶこと」と回答した人が過半数

◼️調査背景

近年、社会の変化に伴いキャリアの多様化が進展する中で、転職を検討する際にリスキリングが有力な選択肢の一つとなっている。しかし、実際にリスキリングが転職の際にどの程度役立っているのかは、これまで明確な実態が明らかにされていなかった。

そこでスキルアップ研究所では、転職におけるリスキリングの有効性について、詳細な実態調査を行った。


◼️調査結果

◆リスキリング後の転職者の8割以上が効果を実感

実際にリスキリングを行い、その後転職を果たした人にリスキリングが実際に転職において役立ったかを尋ねたところ、リスキリングを経験し転職も果たした人の81.8%が「はい」と回答し、リスキリングの転職における有効性が証明された。

◆転職にリスキリングが役立った理由

リスキリングが転職の際に役立った理由として、最も多かったのが「新しい業界や職種に対する理解が深まったため」であり、28.3%の人が回答した。

リスキリングを通じて、これまで経験のなかった分野の実情や知識を身につけることができることが、転職の際に多いに役立つようである。

◆リスキリングは転職に役立つと考えていた人は8割を超える

リスキリングを行った人々に「リスキリングは転職の役に立つと考えていましたか?」と尋ねたところ、84.8%もの人が「はい」と答えた。

リスキリングを経験した大多数の人が、リスキリングを転職への有力な手段と捉えていたことがわかる。

◆リスキリングを転職に役立てるためにはニーズ理解と興味が最重要

リスキリングを転職に役立てるうえで重要なポイントを尋ねたところ、「自分の興味や強みに合った分野を選ぶ」ことが56.3%と最多の回答となった。

同時に「目標とする職業や業界のニーズを理解する」ことも54.9%と高い割合を占めた。リスキリングの成果を最大化するには、事前に十分なニーズ調査が不可欠なのである。

◆リスキリングを行っても約6割は転職しない

本調査で明らかになったのは、リスキリングを行った人の中で実際に転職を果たした層は34.0%にとどまり、58.5%もの人がリスキリングをしながらも転職していない実態であった。

つまり、リスキリングを行うからといって、必ずしも全員が転職に踏み切るわけではない。

◆習得したスキルが現職で役立ったため転職しない人が25%

リスキリングを行いながらも転職をしなかった最多の理由は、「リスキリングが必ずしも転職を目的としていなかったため」であり、30.6%を占めていた。

次いで「リスキリングで得たスキルを現職で活かすことができると感じたため」が25.8%と高い割合を示している。

リスキリングには転職以外にも、スキルアップやキャリアアップ、昇給・昇進、趣味的な目的など、様々な動機があることが改めて裏付けられたと言えよう。

◆リスキリングを生かして転職したい人は6割を超える

リスキリングを行ったものの現時点では転職していない人々に対し、「将来的にリスキリングを活かして転職したいか」を尋ねた結果、65.3%が「はい」と回答していた。

つまり、転職には至っていないものの、6割を超える人々がリスキリングの成果を将来的な転職に生かそうとする意向を持っていることがわかる。

◼️総括

リスキリングは実際に様々な分野で役立つことが多い一方で、転職を念頭に置く場合には、目標とする業界のニーズを適切に把握することが、リスキリングの成果を転職に活かせるかどうかの分かれ目となる。業界の人材需要動向を踏まえたリスキリングが不可欠である。加えて、個人の興味関心や継続的な学習意欲なども、重要な要素となってくる。

しかしながら、転職を前提としない場合でも、リスキリングは現職のスキルアップに役立つため、学習自体を行うインセンティブは存在する。一方で、本調査でもリスキリングの成果を将来の転職に生かしたいとの意向が6割を超えていた。そうした声に応えるためには、まず業種別の人材ニーズの正確な理解が重要であり、そのような基礎的な認識が広まれば、リスキリングを活かして自身の適性に合った職業に就くケースも増えていくだろう。

総じて、リスキリングには転職を含む様々な目的と可能性があることが実証された。転職を視野に入れる場合には、業界ニーズの正確な把握と、個人の適性・関心との照らし合わせが不可欠となる。リスキリングをキャリア選択における重要な戦略的手段として位置付け、目的に応じて効果的に活用していくことが肝要である。

◼️調査概要

項目

詳細

調査名

転職におけるリスキリングの有効性に関する実態調査

対象者

20代以上の社会人の方で、スキルアップに取り組んだ経験のある人
(現在取り組んでいる方も含む)

対象地域

全国

調査方法

インターネット調査

調査期間

2024/03/18~03/24

回答数

500

調査結果の引用・転載について

本レポートの著作権は、株式会社ベンドが保有します。 引用・転載される際は、必ず「スキルアップ研究所調べ」のような形で出典を明記し、本記事(https://reskill.gakken.jp/3350)のリンクを付してください。 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

◼️大人の学び直しのためのWEBメディア「スキルアップ研究所」

スキルアップ研究所は、当社実施のアンケートによる最新の実態調査に基づき、独自のキャリア情報や有益な学習法を紹介しています。

実態調査では、スキルアップ及びリスキリング等に関する現状について、実際にアンケートを実施し、結果をもとに解説しています。現状を分析し、今後、より多くの方が望んだ時にスキルアップに取り組める社会を実現するためには次に何をするべきか、生の声をもとに検討していきます。

キャリア情報や有益な学習法を紹介するページでは、実際にキャリアアップ・スキルアップを目指すにあたって参考となるような情報をお届けしています。

「キャリアアップ・スキルアップに取り組みたいが、次に何をすべきかわからない」という方や、「リスキリングって聞いたことはあるけど自分にもできるのかな」と思っている方に是非読んでいただきたい記事となっています。


スキルアップ研究所:https://reskill.gakken.jp/

【企業情報】

◆株式会社ベンド(Bend Co., Ltd.)

https://reskill.gakken.jp/company

代表取締役:近藤潔

設立:2019年3月1日

資本金:1500万円(資本準備金を含む)

所在:〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-23 日テレ四谷ビル 4F

問い合わせ窓口: info@thebend.jp

■株式会社学研ホールディングス(GAKKEN HOLDINGS CO.,LTD.)

https://www.gakken.co.jp/
・代表取締役社長:宮原博昭
・法人設立年月日:1947年3月31日
・資本金:19,817百万円
・売上高:1,641億円、連結子会社75社(2023年9月期)
     東京証券取引所 プライム市場情報(証券コード:9470)
・所在住所:〒141-8510 東京都品川区西五反田2丁目11番8号
・電話番号:03-6431-1001(代表)
・事業内容:1946年創業の教育・医療福祉関連事業を展開する持株会社
      教育分野:「学研教室」を始めとする教室・学習塾事業、
           学習教材などの出版・コンテンツ事業、
           教科書・保育用品などの園・学校事業など
      医療福祉分野:サービス付き高齢者向け住宅事業、  
             認知症グループホーム事業、
             保育園・学童などの子育て支援事業など
      グローバル:150か国以上で活動・事業展開





このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://reskill.gakken.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社 学研ホールディングス

365フォロワー

RSS
URL
http://www.gakken.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都品川区西五反田2丁目11番8号 学研本社ビル
電話番号
03-6431-1001
代表者名
宮原 博昭
上場
東証プライム
資本金
198億1700万円
設立
1947年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード