KADOKAWAプロデュースの新たな拠点が熊本に誕生!「九州アニメデッキ」9月14日より「SAKURA MACHI Kumamoto」内に展開!

 株式会社KADOKAWAは、九州産交ランドマーク株式会社が熊本県熊本市にて建設中、2019年9月14日(土)にオープン予定の商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」に、KADOKAWAプロデュースの九州における新拠点「九州アニメデッキ」を展開します。九州アニメデッキでは、アニメ作品のグッズ販売や九州内のアニメ聖地を紹介するパネル展示、「九州アニメ聖地の旅」への案内なども行う予定です。

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹 以下 KADOKAWA)は、九州産交ランドマーク株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役社長:矢田素史 以下 九州産交ランドマーク)が熊本県熊本市にて建設中、2019年9月14日(土)にオープン予定の商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」に、KADOKAWAプロデュースの九州における新拠点「九州アニメデッキ」を展開いたします。

 KADOKAWAは埼玉県所沢市東所沢に日本最大級のポップカルチャーの発信拠点「ところざわサクラタウン」を建設中で、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年7月のオープンを目指しています。
 多角的にインバウンド事業を展開、ジャパンコンテンツの魅力も世界へ訴求するところざわサクラタウンの開業を視野に入れ、日本国内および、九州からアクセスの良いアジア地域におけるKADOKAWAブランドの一層の認知拡大を目指し、九州アニメデッキを展開するに至りました。

SAKURA MACHI Kumamoto 完成イメージイラストSAKURA MACHI Kumamoto 完成イメージイラスト

  九州アニメデッキでは、アニメ作品のグッズなどを販売します。販売場所は「SAKURA MACHI Kumamoto」の3階フロア。九州産交グループの九州産交リテール株式会社が販売店の運営を、KADOKAWAが売り場プロデュースと商品供給をそれぞれ担います。また、「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」を選定・オフィシャル化することで、観光資源の掘り起こしや訪日観光客のエリア送客を促進する一般社団法人アニメツーリズム協会の協力を得て、「SAKURA MACHI Kumamoto」2階の「サクラマチスクエア」にて九州内のアニメ聖地を紹介するパネル展示なども行い、九州産交グループの持つ交通インフラを活用した「九州アニメ聖地の旅」への案内などを行う予定です。

 九州におけるKADOKAWAプロデュースの新拠点「九州アニメデッキ」にご期待ください。

■「SAKURA MACHI Kumamoto」について

 九州産交ランドマークが、熊本都市計画桜町地区第一種市街地再開発事業(熊本県熊本市中央区桜町3番10号)として現在建設中の商業施設。熊本の新しいランドマークであり、スーパーマーケットや映画館、フィットネスクラブなど多彩な用途で利用できるエンターテインメント施設です。日本最大規模の熊本桜町バスターミナル、熊本城ホール、ホテルトラスティプレミア、結婚式場のほか、149店のショップが展開される予定です。
 また、万が一の災害時は、約1万1千人の一時帰宅困難者を受け入れることができるうえ、電気設備の機能を3日間分維持し、給排水は4日分の容量を備えるなど、防災・減災性能も強化されています。
 ●SAKURA MACHI Kumamoto公式サイト:https://sakuramachi-kumamoto.jp/

 

  • 九州アニメデッキ展開コーナーについて

    2019年版日本のアニメ聖地九州編ビジュアルイメージ2019年版日本のアニメ聖地九州編ビジュアルイメージ

     

    《アニメグッズ販売》

     SAKURA MACHI Kumamotoの3階フロアに開設。約16坪のスペースに、KADOKAWAのIP(知的財産)を中心とした人気アニメ・ゲームや、世界中にファンを持つキャラクターのグッズなどを取り揃えます。フィギュアやステーショナリーなどの小物、ファン垂涎のコレクターズアイテムなど多彩な商品ラインアップで展開します。

    《九州アニメツーリズム・インフォメーション》
     SAKURA MACHI Kumamoto 2階のサクラマチスクエアに開設。アニメツーリズム協会が選定する、九州における「アニメ聖地88(2019年版)」のマップや、関連するアニメ作品の紹介などを行います。

 

<ご参考>

◆「ところざわサクラタウン」について
 KADOKAWAと埼玉県所沢市が共同で進める、みどり・文化・産業が調和した、誰もが「住んでみたい」「訪れてみたい」地域づくりを行う「COOL JAPAN FOREST 構想」の拠点施設。書籍製造・物流工場やKADOKAWAの新オフィス、イベントスペース(「ジャパンパビリオン」「千人テラス」)、体験型ホテル、ショップ(「ダ・ヴィンチストア」)、レストラン(「角川食堂」)、商業施設のほか、角川文化振興財団運営の文化複合施設「角川武蔵野ミュージアム」も建設。2020年7月オープンの予定です。
 ●ところざわサクラタウン公式サイト:https://tokorozawa-sakuratown.jp/

◆株式会社KADOKAWAについて
 出版、映像、版権、デジタルコンテンツ、ネットワーク・エンターテインメント・サービスおよびコンテンツの企画・開発・運営、動画コミュニティサービスの運営などを行う会社の経営管理と、それに関連する事業などを幅広く展開しています。デジタルトランスフォーメーション戦略の推進によって、優れたIPの創出と多重化、メディア展開の拡充を図り、世界有数のメディアパブリッシャーへの成長を目指しています。
 ●KADOKAWAオフィシャルサイト:https://www.kadokawa.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. KADOKAWAプロデュースの新たな拠点が熊本に誕生!「九州アニメデッキ」9月14日より「SAKURA MACHI Kumamoto」内に展開!