元パラリンピアン根木さんと野島さんも「パラスポーツのすごさを体感できる」と大絶賛!「パラアスリートたちが、私たちの心の壁をたくさん壊してくれる」。特別展『やさしくないミュージアム』開催!

入場条件は車いす!パラアスリートを「体感×鑑賞」できる体験型ミュージアムが豊洲に登場!
開催期間:8月27日(金)~29日(日)
場所:WHO I AM HOUSE(豊洲)
WOWOWが放送する「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM(以下「WHO I AM」)」は、2021年8月27日(金)、東京・豊洲エリアの情報発信拠「WHO I AM HOUSE Powered by TOKYO GAS(以下「WHO I AM HOUSE」)」にて、特別展「やさしくないミュージアム」の事前取材会を開催しました。特別展「やさしくないミュージアム」は、8月27日(金)から29日(日)まで開催しています。

※元パラリンピック選手野島(のじま)氏、根木(ねぎ)氏が参加。「藍色くまモン」も応援に駆けつける。※元パラリンピック選手野島(のじま)氏、根木(ねぎ)氏が参加。「藍色くまモン」も応援に駆けつける。

2016年から世界最高峰のパラアスリートに迫ってきた「WHO I AM」は、アスリートたちが放つ輝きやパラリンピックでの勇姿を発信する拠点として「WHO I AM HOUSE」をオープンさせました。困難にぶつかった時、できないと諦めず、考え方や行動次第でポジティブな未来を創ってきたパラアスリート達の姿から、多様性を認め合う持続的なやさしい社会のヒントを得て欲しいと想い、本特別展を開催しました。特別展では、車いすに乗りながら数々のやさしくない仕掛けが施された展示を体験し、20年以上パラアスリートを追い続けてきた写真家・越智貴雄(おちたかお)氏の写真を鑑賞することで、パラアスリートの超絶プレーをリアルに実感していただけます。

当日は、長野・トリノパラリンピック アルペンスキー日本代表の野島弘(のじまひろし)氏、シドニーパラリンピック車いすバスケットボール日本代表キャプテンの根木慎志(ねぎしんじ)氏が参加しました。「体験を通して自分の中の常識を広げて、今後の新しい社会につなげていただきたい」、「困難をネガティブに捉えるのではなく、そこからワクワクを感じ、次の生き方に取り入れてほしい」など、元パラリンピアンとしてのコメントもいただいています。また根木氏と親交がある、熊本県のPRマスコットキャラクター「くまモン」も応援に駆けつけました。夢に向かって頑張っているアスリートやすべての人々を応援したいとの想いから、「くまモン」は東京2020オリンピックのエンブレムカラーでもある「藍色」に変化して参加しました。

■参加者コメント
1. 長野パラリンピック・トリノパラリンピック アルペンスキー日本代表
 一般社団法人ZEN代表理事 野島弘(のじまひろし)氏 コメント

普段私はパラスポーツの醍醐味やすごさをよく聞かれるのですが、非常にそれを伝えるのが難しいと感じていました。しかし、この「やさしくないミュージアム」では、7つのパラスポーツのすごさや醍醐味を、わかりやすく、リアルに、そして楽しく体験できるので、是非皆さんにきてほしいと思います。今行われているパラリンピックをより楽しく見るためにも、「やさしくないミュージアム」でパラアスリートのすごさを実感してほしい。また、その体験を通して自分の中の常識を広げて、今後の新しい社会につなげていただきたいです。


2. シドニーパラリンピック 車いすバスケットボール
日本代表キャプテン 根木慎志(ねぎしんじ)氏 コメント

パラリンピック開会式から3日経ちましたが、もうワクワクがとまらないですね!私自身は車いすバスケの魅力を伝えてきましたが、「やさしくないミュージアム」では、映像の中で見る競技ではなく、違う角度で様々なパラスポーツの魅力を感じさせてくれますね。本当にすごく良くできていると思います。この体験を通じて、やさしくないという困難を乗り越える力のすごさを感じてもらうことはもちろん、困難をネガティブに捉えるのではなく、そこからワクワクを感じ、次の生き方に取り入れてほしいと思います。そのような体験をさせてくれる「やさしくないミュージアム」は素晴らしいし、このような取り組みが全国に広まってほしいと思います。


3. 株式会社WOWOW 「IPC & WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ  WHO I AM」
チーフプロデューサー 太田慎也(おおたしんや) コメント

WOWOWでは2016年からIPCとの共同プロジェクトとして、世界中のトップパラアスリートたちのドキュメンタリーシリーズの放送を続けてきました。その中でパラアスリートたちは、私たち自身の心の壁をたくさん壊してくれました。そんな人間的な魅力、生きるヒント、新しい価値観を教えてくれるパラアスリートから得られるものを、一般のお客様、海外の方々、そして、社会に向けて発信できる場所として、「WHO I AM HOUSE」を建て、体験型の特別展である「やさしくないミュージアム」を開催しました。
私は、障がい者を応援しようとかかわいそうとかという価値観こそが「社会における障がい」だと思っています。パラアスリートたちが、いかにアスリートとして、そして、人間として自信に満ち溢れて輝かしい人生を送っているのかということを感じていただき、そして、誰にでもある“やさしくない”困難をご自身の生活や人生と重ね合わせながらご体験いただきたいと思います。


■展示内容

 

離れすぎている展示離れすぎている展示

1. まっすぐ進めない展示(車いすテニス)
巧みなチェアワークが魅⼒の「⾞いすテニス」。その⾞いすテニスのチェアワークの難しさを体感しながら、作品を鑑賞します。
2. 離れすぎている展示(車いすフェンシング)
上半身の体幹だけで、素早く、かつ力強く突きあう「車いすフェンシング」。身長が書かれたラインから、剣をつかって展示を突き、上半身の力だけで乗り出す難しさを体感しながら作品を鑑賞します。
3. 遠すぎる展示(アーチェリー)
70m先の的の「10点」の大きさは、わずかDVD1枚ほど。天候や風の影響も大きく受ける中、自分だったらどうプレーするか、的までの距離を体感しながら作品を鑑賞します。
4. 重すぎる扉の先にある展示(車いすラグビー)
パラリンピック競技で唯一、車いすでのタックルが認められる「車いすラグビー」。目の前の扉を車いすでぶつかりながら開けて作品を鑑賞します。

届かない展示届かない展示

5. 届かない展示(卓球)
相手の障がいに応じた戦術が冴え渡る「卓球」。視点が違うだけで、守備範囲が広く感じるのではないでしょうか。卓球台の目の前から作品を鑑賞します。
6. 高すぎる展示(車いすバスケットボール)
脚のバネを使わないこの競技では、強靭な腕力と体幹が必要です。実際の距離感で305cmの高さを体感しながら作品を鑑賞します。
7. 速すぎる展示(陸上競技)
車いすレースの男子100mの世界記録は13秒63。1秒で約7m以上進む計算です。そのスピードを体感しながら作品を鑑賞します。

■特別展「やさしくないミュージアム」概要
・期間:8月27日(金)~29日(日)
・時間:8月27日(金)15:00~20:00
8月28日(土)、29日(日)10:00~20:00
※最終受付は19:00(この時間を過ぎてのご入場はできません。)
※「WHO I AM HOUSE」内にある「WHO I AM CAFE」は 27日のみ15:00〜20:00、それ以外の日は通常営業しています。
※内容やスケジュールは社会状況や自治体等の要請により予告なく変更、
また入館いただける人数を制限させていただく場合があります。

・場所:「WHO I AM HOUSE」特別展示場 
・料金:無料
詳細はこちら
サイトURL: https://www.unfriendly-museum-wiah.com
※オンライン事前予約につきましては、ご好評につき現在予約がいっぱいの状態です。当日受付もございますので、詳細は予約サイトをご確認ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. 元パラリンピアン根木さんと野島さんも「パラスポーツのすごさを体感できる」と大絶賛!「パラアスリートたちが、私たちの心の壁をたくさん壊してくれる」。特別展『やさしくないミュージアム』開催!