KAN&山崎まさよしによるスペシャル・ユニットYAMA-KAN「楽演祭」 vol.4、 奥田民生×岡崎体育「楽演祭」 vol.5の開催が決定!チケット一般発売は、12月15日(日)12時からスタート

別冊カドカワ(KADOKAWA)×昭和音楽大学×ACPC(コンサートプロモーターズ協会)が手を組み立ち上げた〝エデュテインメント(エンタテインメント+エデュケーション<教育> )〟を通じて〝音楽の楽しさ〟を体感できるライブ・イベント「楽演祭」Vol.4が2020年1月9日(木)に、「楽演祭」Vol.5は2020年1月24日(金)に、昭和音楽大学内の劇場「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」で開催されます。チケット一般発売は、2019年12月15日(日)から開始となります。 詳細は、楽演祭公式HP(https://gakuensai-betsukado.com/)にて

別冊カドカワ(KADOKAWA)×昭和音楽大学×ACPC(コンサートプロモーターズ協会)が手を組み立ち上げた〝エデュテインメント(エンタテインメント+エデュケーション<教育> )〟を通じて〝音楽の楽しさ〟を体感できるライブ・イベント「楽演祭」。
去る、2018年1月11日、斉藤和義・山内総一郎(フジファブリック)のVol.1に続き、2018年11月8日(木)にはトータス松本・藤巻亮太(レミオロメン)によるVol.2、そしてVol.3が2019年1月17日(木)にスキマスイッチ・和田 唱(トライセラトップス)を招いて開催された。

このイベントは、毎回、2組のアーティストを迎え、昭和音楽大学・短大各在学生への「音楽をテーマにした対談講義」を実施(講義は昭和音楽大学・短大 各在学生のみ受講可。一般販売はございません)。
その後、一般公開で、両アーティストによるライブを学内の劇場「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」(約1300人収容)で開催。ここ数年活況なフェス形式とは違う、アーティストによる大学・短大各在学生向けの授業とライブを組み合わせ、『音楽で伝えるメッセージ』『ものづくりにおける自分の生き方』『音楽がもつ影響力』などをテーマにした 「エンタテインメントを通じた学び」を通じ、より幅広い層に多面的に〝音楽の中に息づくストーリー〟〝音楽の楽しさ〟を伝えることができるライブ・イベントです。

2020年1月9日(木)「楽演祭(ガクエンサイ)」Vol.4 開催!
★スペシャル・ユニットYAMA-KAN(KAN×山崎まさよし)が登場!

2組のアーティストが「学生への講義」(※一般公開なし)の後に「ライブ」(※一般公開あり)を行うユニークなライブ・イベント。KAN×山崎まさよしによる“一夜限りのライブ”をぜひ堪能してほしい。

【YAMA-KAN】
日本のコラボレーション・ユニット。1971年生まれ滋賀県草津市出身のシンガー・ソングライター山崎まさよしと、1962年生まれ福岡県出身のシンガー・ソングライターKANという旧知の二人が、2018年に本格的なコラボレーションとして活動を開始。当初はイヴェントのためのアイディアだったが、次第に構想が現実化。2018年に「Take me Follow me / 記憶にございません / 手をつなぎたいんだ」をリリース

【出演者】

KANKAN

KAN
1962年9月24日生まれ。1987年、アルバム『テレビの中に』でデビュー。2002年春からフランス・パリに 移住し【Ecole Normale de Musique de Paris】に留学。ピアノ科にて Marc André 氏に 師事し、2ème division (non professionnel) を修了。2004年夏の帰国後は、 バンド・弾き語り・弦楽四重奏やオーケストラとの共演など、様々なスタイルでの 活動を展開中。最新オリジナルアルバムは『6×9=53』(2016年)。好きな食べ物は冬の生牡蠣。
 

山崎まさよし山崎まさよし

山崎まさよし
1971年12月23日生まれ。1995年に「月明かりに照らされて」でデビュー。1997年に主演映画『月とキャベツ』主題歌に起用された「One more time, One more chance」がロングヒットを記録。ライヴ活動を精力的に行うほかセッション参加や映画音楽制作、TV、ラジオ、CM出演など多岐に渡って活躍。2019年11月13日に3年ぶりのオリジナルアルバム『Quarter Note』をリリース。また、主題歌・サウンドトラックを手掛けた主演映画『影踏み』が11月15日に全国公開。
 
【イベント概要】
■日時:2020年1月9日(木) 
LIVE:18:30開場 19:00開演
会場:テアトロ・ジーリオ・ショウワ(約1300人収容)
チケット料金: 5,500円(税込)
一般発売:2019年12月15日(日)12時スタート
【お問合せ先】ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00〜19:00) 

★FC先行:2019年11月15日(金)よりスタート
【KAN】http://www.kimurakan.com/
【山崎まさよし】http://www.boogie-house.com/

■出演アーティスト  YAMA-KAN(KAN×山崎まさよし)
※当日のライブ前に、KANさんと山崎まさよしさんを迎え、昭和音楽大学・短大在学生対象の授業「ライブビジネスと社会」で、「音楽をテーマにした対談講義」を実施(講義は昭和音楽大学・短大 各在学生に限り受講可。一般販売はございません)。


2020年1月24日(金)「楽演祭(ガクエンサイ)」Vol.5開催!
★奥田民生×岡崎体育が登場!
OT対決⁉どんなステージが繰り広げられるのか⁉お楽しみに!

2組のアーティストが「学生への講義」(※一般公開なし)の後に「ライブ」(※一般公開あり)を行うユニークなライブ・イベント。奥田民生×岡崎体育による“一夜限りのライブ”をぜひ堪能してほしい。
 

 

【出演者】

奥田民生奥田民生

奥田民生
1965年広島生まれ。1987年に、ユニコーンでメジャーデビュー。1994年にソロ活動を本格的にスタート。様々なアーティストとのコラボレーションや、プロデューサーとしても、才能をいかんなく発揮。バンドスタイルの「MTR&Y」、弾き語りスタイルの「ひとり股旅」、ひとりレコーディングライヴ「ひとりカンタビレ」、宅録スタイルのDIYアナログレコーディングプロジェクト「カンタンカンタビレ」など活動形態は様々。2015年に、レーベル「ラーメンカレーミュージックレコード」を立ち上げた。2019年は<ユニコーン100周年>として、2枚のオリジナルアルバム『UC100V』と『UC100W』をリリースし、全国50公演ツアー“百が如く”を開催。ソロとしては本格始動から25周年を迎え、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」の出張レコーディング企画“ホッカイカンタビレ”と題し、総勢19名の豪華ゲストアーティストと集まった約1000名のオーディエンスと共に同イベントをイメージして作り上げた、渾身のロックで壮大な楽曲『ライジングサン』を配信限定でリリース。さらには、ライジング初参加の2000年からソロ・バンド・ユニットなど、様々な形で出演した20年分のパフォーマンスを記録したライブ記録映像集DVD&Blu-ray『RISING SUN OT FESTIVAL 2000-2019』リリースする。
 

岡崎体育岡崎体育

岡崎体育
​京都在住の男性ソロプロジェクト。2016年4月に公開した「ミュージックビデオあるある」を題材にした「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオが大きな話題を呼び、同年5月発売のメジャーデビューアルバム『BASIN TECHNO』は、オリコンウィークリーチャート初登場9位、iTunesのJ-POPチャートで最高位1位を獲得。2017年3月、「MUSIC VIDEO」は『第20回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門新人賞を受賞。同年6月にリリースした2ndアルバム『XXL』は、前作を上回るオリコンウィークリーチャート2位を記録。CMやドラマ、映画出演などマルチな活動を行いながら、2018年4月にはタイアップ楽曲や提供楽曲をコンパイルした企画アルバム『OT WORKS』を発表。そして2019年1月に3rdアルバム『SAITAMA』をリリースし、自身がデビュー前より夢と語ってきた<さいたまスーパーアリーナ>でのワンマン公演を開催。SSA史上初となる、“1人vs18000人”のコンサートを大成功裡に収めた。

【イベント概要】
■日時:2020年1月24日(金) 
LIVE:18:30開場 19:00開演
会場:テアトロ・ジーリオ・ショウワ(約1300人収容)
チケット料金: 5,500円(税込)
一般発売:2019年12月15日(日)12時スタート
【お問合せ先】ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00〜19:00) 

★FC先行:2019年11月15日(金)よりスタート
【奥田民生】オフィシャルモバイルサイト「SMA☆アーティスト」(http://smam.jp/ot/
【岡崎体育】https://okazakitaiiku.com/

■出演アーティスト  奥田民生×岡崎体育
※当日のライブ前に、奥田民生さんと岡崎体育さんを迎え、昭和音楽大学・短大在学生対象の授業「ライブビジネスと社会」で、「音楽をテーマにした対談講義」を実施(講義は昭和音楽大学・短大 各在学生に限り受講可。一般販売はございません)。


●楽演祭とは?
別冊カドカワ(KADOKAWA)×昭和音楽大学×ACPC(コンサートプロモーターズ協会)が手を組み立ち上げた“エデュテインメント(エンタテインメント+エデュケーション<教育> )”を通じて音楽の楽しさを体感できるライブ・イベント。毎回2組のアーティストを迎え、昭和音楽大学・短大各在学生への「音楽をテーマにした対談講義」(昭和音楽大学・短大 各在学生のみ受講可。一般販売はなし)を実施。その後同大学内の劇場「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」にて両アーティストによるライブを一般公開で開催。
主催:株式会社KADOKAWA/昭和音楽大学/一般社団法人コンサートプロモーターズ協会
協力:(株)ディスクガレージ
制作:NowAndZen

【楽演祭 公式HP】
https://gakuensai-betsukado.com

【主催者からのメッセージ】
別冊カドカワ(KADOKAWA)
●『別冊カドカワ』は、毎号アーティストのロング・インタビューを基軸としながら、小説家・漫画家・ミュージシャンらさまざま分野の“表現者”とのコラボレーション企画を盛り込み、“特集アーティストを中心としたサロン”的アプローチを特色としたムックです。今回、この大学構内という〝サロンとしての学び舎〟で学生さんをはじめ、このイベント『楽演祭』に参加していただく皆様に、少しでも「音楽の楽しさ」を体感していただける場所になればと思っております。

昭和音楽大学
●アートマネジメントや舞台スタッフコース、ジャズ・ポピュラー音楽コースなどを有し、コンサートのプロデュースやステージ制作をカリキュラムに取り入れた授業展開によって、音楽業界に多くの卒業生を輩出してきた本学は、大学所在の新百合ヶ丘エリアを音楽文化の拠点と位置づけ、この「授業とライブを有機的に組み合わせた音楽文化発信の複合企画」を開催する運びとなりました。ポピュラー音楽分野で活躍しておられるトップ・プロミュージシャンの貴重な講義とライブ・イベントは、真の“エデュテインメント”(教育と娯楽分野の融合)実践の絶好のチャンスとして、今回も大いに期待しております。

ACPC(一般社団法人コンサートプロモーターズ協会)
●ライブ産業に関する公益事業を実施し、ライブ市場および文化の発展に寄与することを目的としています。昭和音楽大学をはじめ様々な教育機関でライブ・ビジネスに関する寄附講座を開講、若い世代へ向けた啓発活動も継続してきました。このイベント『楽演祭』は、本協会が2011年より寄附講座を行っている昭和音楽大学を舞台に、『別冊カドカワ』が担う「音楽文化普及」の使命と、「より多くの方々にライブを楽しんでいただける環境作り」という本会の目的を、発展的に実践する新たな取り組みになればと考えております。

【アクセス】
テアトロ・ジーリオ・ショウワ(昭和音楽大学 南校舎内)

〒215-8558 神奈川県川崎市麻生区上麻生1-11-1
公式HP:https://www.tosei-showa-music.ac.jp/
交通:小田急線 新百合ヶ丘駅 南口より徒歩4分

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. KAN&山崎まさよしによるスペシャル・ユニットYAMA-KAN「楽演祭」 vol.4、 奥田民生×岡崎体育「楽演祭」 vol.5の開催が決定!チケット一般発売は、12月15日(日)12時からスタート