加藤和樹のミュージックバー「エンタス」 ゲストに松浦航大、Little Glee Monster、黒崎真音、髙橋颯(WATWING)が登場!収録の模様と収録楽曲、出演者のコメントが到着!

10月28日(金)午後10:30~ [WOWOWプライム][WOWOWオンデマンド]

 ミュージカルやストレートプレイなど数々の舞台作品に出演し、俳優・声優として活躍するほか、アーティストとして音楽活動を精力的に行なうなど、幅広いジャンルで人気を集めている加藤和樹。彼がWOWOWでメインMCを務める番組「加藤和樹のミュージックバー『エンタス』」が、この秋、再び開店!10月28日(金)より放送・配信する。
 今年の6月に#1~#3が放送・配信された「加藤和樹のミュージックバー『エンタス』」。一時、「#エンタス」がTwitterでトレンド入りするなど話題となった。ミュージックバー『エンタス』では、豪華ゲストが来店し、ここでしか聞けないミュージカルや音楽をめぐる貴重なトーク、ここでしか見られない音楽ジャンルの垣根を越えたスペシャルなパフォーマンスを披露する。マスターの加藤はゲストが好きなJ-POPや歌謡曲などを「おもてなしの一曲」として披露し、ゲストは普段は歌唱することのない、自身がひそかに心を寄せているミュージカル作品から珠玉の一曲を披露するなど、店名の「エンタス」という言葉の意味でもある、J-POPとミュージカルの“2つのエンターテインメントがクロスする”、“たくさんのお客様とのご縁を足す”という想いがあふれる番組となっている。

 そしてこの秋、再び「ミュージックバー『エンタス』」が開店。今回、来店する番組ゲストは、松浦航大、Little Glee Monster、黒崎真音、髙橋颯(WATWING)が決定!歌唱楽曲と出演者よりコメントも到着した。
 10月28日(金)#4のゲストは、歌まねで爆発的な人気を誇る松浦航大。歌まね動画がSNSで話題となり数多くのテレビ番組に出演している。松浦にマスターの加藤が「おもてなしの一曲」として贈る楽曲は、安全地帯の「恋の予感」。「僕が一番好きなボーカリスト、玉置浩二さんの曲を、加藤さんの声で聴けたら最高だなと思って」という松浦の念願に、加藤はムーディーに想いのつまった歌声を披露した。そして圧巻は松浦による歌唱シーン、ミュージカル『ミス・サイゴン』より「神よ何故」。舞台シーンが目の前に浮かんでくるほどのドラマチックな歌声に、スタジオは拍手喝采。トークでは得意のものまねを多数披露するなど、盛りだくさんの内容となっている。
 11月4日(金)#5のゲストは、透き通ったハーモニーを武器とし高度なアカペラをも歌いこなすLittle Glee Monsterが登場。Little Glee MonsterのMAYUが「男性に歌ってほしい好きな曲」として加藤に村下孝蔵の「初恋」をリクエスト。「おもてなしの一曲」として披露した加藤の歌声に「より熱いラブソングになっていました!」と大喜び。そして、幼い頃にミュージカルスクールに通っていたという、かれんを筆頭にミュージカルに興味津々の3人は、加藤に「ミュージカル俳優に一番大切なものは?」という直球の質問をぶつけるなど、加藤の真髄に迫る一幕も。歌唱では、かれんがミュージカル作品で一番好きな楽曲だという、ミュージカル『レ・ミゼラブル』より「On My Own」と、自身の楽曲「Come Alive」の2曲をパフォーマンス。彼女たちにしか出せない、美しく力強い信頼のハーモニーは必聴だ。
 11月11日(金)#6のゲストは、アニソン界でカリスマ的な人気を得ている黒崎真音が登場。黒崎がミュージカルを好きになったきっかけは宝塚歌劇団。そのなかでも「ベルサイユのばら」シリーズがお気に入り。そんな黒崎が加藤にリクエストしたのは、大好きなゲームのオープニング曲、B'zの「SIGNAL」。ゲーム好きな加藤とはすぐに意気投合し、黒崎が自ら手掛けた音楽劇の話題などに華を咲かせた。そして黒崎がチャレンジしたミュージカルナンバーは、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』より「だったらいいな」。主人公・イライザのキャラクターにぴったりな黒崎の透明感あふれる歌唱に、心ときめかせていただきたい。
 11月18日(金)#7のゲストは、ダンス&ボーカルグループWATWING(ワトウィン)のメンバー・髙橋颯が登場。髙橋は、2020年ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』の“L役”で、本格派ミュージカルの初舞台を踏んでいる。そんな髙橋は、ミュージカル俳優として大先輩である加藤の前で、やや緊張気味の様子。「あいみょんさんのヒット曲を加藤さんが歌ったらどうなるんだろうと思って」と、「マリーゴールド」をリクエスト。加藤の軽やか、されど味わい深い歌声に「贅沢過ぎる〜」と聴き入った様子。先輩の熱い“演劇論”の優しい語り口に何度もうなずく髙橋の目にはうっすらと涙も。そんなピュアな髙橋は、ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』より「ゲームの始まり」を熱唱。自身が演じた役柄がそのままに「エンタス」のスタジオに舞い降りる。
 さらに、常連客として来店する出演者を近日一挙解禁。こちらもお楽しみに!
 「加藤和樹のミュージックバー『エンタス』」は、10月28日(金)よりWOWOWプライムで放送、WOWOWオンデマンドで配信。さらに、WOWOWステージ公式Twitterアカウントでも情報を随時発信。お見逃しなく!

■10月28日(金)#4 ゲスト:松浦航大

【加藤和樹さんからのコメント】
松浦さんのことは以前から存じ上げていて、YouTubeや出演された番組も拝見していました。すごい人が出てきたな!って印象でしたね。“歌まねで有名な人”というイメージがあると思いますけど、それが出来るのは確かな歌唱力と、積み重ねて来た経験、洞察力、観察眼があってこそなんですよね。そんなすごい才能を持った彼がミュージカルに興味を持ち始めて、今回は『ミス・サイゴン』の楽曲『神よ何故』を歌ってくださいました。すでに何回も歌っているかのような重厚感、熱量に驚きましたね。彼が“役”を通して歌ったらどうなるのか、すごく観たくなりました。そんな松浦さんの姿をぜひ、多くの方に目撃していただきたいと思います。
【松浦航大さんからのコメント】
ミュージカル界で活躍されている方の前で歌うのはドキドキでしたが、とても温かく迎えてくださったので伸び伸びと歌えました。加藤さんの印象は、とにかくイケメン!美しすぎましたね。「恋の予感」をとてもムーディーに歌ってくださいました。ピアノが鳴ったと同時に自然にバラバラのパートで歌い出した瞬間があって、これはミュージックバー「エンタス」ならではだな!と。そこをぜひ楽しんでいただきたいです。

■11月4日(金)#5 ゲスト:Little Glee Monster

【加藤和樹さんからのコメント】
グループの存在はもちろん存じ上げていましたが、実際にお会いして、彼女たちの内に秘めた力のすごさを実感しましたね。ハーモニーの美しさ、パフォーマンスのクオリティの高さに思わずグッと引き込まれていきました。それぞれがミュージカルに想いを抱いていて、とくにかれんさんはミュージカルスクールに通っていたと伺ったので、何か一歩踏み出すきっかけがあればいいなと思いましたね。この「エンタス」で、彼女たちのミュージカルに対する熱量がさらにふつふつと燃え上がってくれたら嬉しいなと思います。3人で初めて歌った「On My Own」、お見逃しなく!
【Little Glee Monster・MAYUさんからのコメント】
ミュージカルのお話しをする番組が初めてだったので、今まで経験してこなかった緊張感がありました。でも、加藤さんが紳士でやさしくお話しをエスコートしてくださったので、自分が無意識のうちに、ミュージカルに触れていたんだなというのを、お話ししながら発見しましたし、学べる部分もありました。加藤さんが歌唱した「初恋」は、私が選ばせていただいた曲だったので、聴かせていただけたのがすごい光栄でした。私たちも、普段歌わないミュージカルの曲を、コーラスを付けて原曲とは違うアレンジでお届けさせていただいたので、リトグリファンの皆さん、ミュージカルファンの皆さんに楽しんでいただけたらと思います。すごく楽しかったです。
【Little Glee Monster・かれんさんからのコメント】
いちミュージカルファンとして、加藤さんに直接お会いできたのが、まず嬉しかったです。すごく紳士で、聞き上手でお話ししやすかったですし、オーラが優しく、ダンディな方だなと感じました。何より、普段は聴くことができない加藤さんのミュージカル曲ではない、J-POPでなおかつロックアレンジを聴けたのもすごく嬉しかったです。個人的に大好きな「On My Own」を歌えたのが嬉しかったです。
【Little Glee Monster・アサヒさんからのコメント】
加藤さんが作り出している空気感が、すごく暖かいというか、私たちが話しやすい空気感を作り出してくださったので、とてもお話しやすかったです。そして歌となると、とてもカッコイイ姿も見せていただけました。私たちが歌わせていただいた「On My Own」も、普段ミュージカルの曲をあまり歌わないので、ファンの皆さんには、すごく新鮮なリトグリを見ていただけると思います。

■11月11日(金)#6 ゲスト:黒崎真音

【加藤和樹さんからのコメント】
黒崎さんがご自身で、原案からキャラクター作りからすべて手作りで、ミュージカルを作られたお話を伺ってビックリしました。アニメが好き、ゲームが好き、2.5次元の舞台が好き…、その「好き」という気持ちが何かを生み出すエネルギーなんだなと、あらためて強く感じましたね。ないなら作ってしまえばいい、という発想がすごい。今後も何か面白いプロジェクトを形にしていくんじゃないかなと感じました。今回の『マイ・フェア・レディ』の楽曲を歌うことも、彼女にとっては新しいチャレンジだったと思います。まだまだいろんな可能性を秘めたアーティストなので、ぜひチェックしていただきたいですね。
【黒崎真音さんからのコメント】
番組収録に参加させていただく事がすごく久しぶりだったので、少し緊張しました。ミュージカルをテーマにした番組は初めて出演させていただいたので、趣味から始まったことが、出演し、原作者になって、語らせていただけるところまできたというか、呼んでいただけて凄く嬉しかったです。そして、加藤さんは、素敵な方でお話しもしやすく明るく接してくださって、お歌のパワーがやっぱり凄い。さりげなくタップダンスをしてしまうところが、生きてる世界が違う異次元でしたね。こんなに距離が近いのに遠いような不思議な感覚になりました。

■11月18日(金)#7 ゲスト:髙橋颯(WATWING)

【加藤和樹さんからのコメント】
髙橋颯さんはとても緊張しただろうなと思います。でも彼もアーティスト活動をしながら、初めてのミュージカル『デスノート THE MUSICAL』でLという大役に抜擢されて、シングルキャストでやり切ったという実績は素晴らしいことですよね。今回、すごく真っ直ぐで誠意のある人だなという印象を受けました。久しぶりにLの楽曲を披露してくれたことで、彼の中で再びその役が生きて、また次の糧になっていくんじゃないかな…なんて予感がしました。これからどんどん磨きがかかってくるのが楽しみですね。今回のLの再降臨は必見ですよ!
【髙橋颯(WATWING)さんからのコメント】
今回は、加藤さんにずっとハグされていたような、温かい時間を過ごさせていただきました。語彙力のない僕からいろんな言葉を引き出していただいて、魔法にかかったような気持ちでした。表現についてのいろんなお話を伺って、本当に勉強させていただきました。僕は今アーティスト活動を頑張っていまして、いつか、髙橋颯のライブに行きたい!と思ってもらえるくらいの男になろうと決心しました。いい作品をお届けするために努力し、日々精進します!

★WOWOW番組情報★
加藤和樹のミュージックバー「エンタス」
【#4】10月28日(金) 午後10時30分~ [WOWOWプライム] [WOWOWオンデマンド]
マスター:加藤和樹
ゲスト:松浦航大
【歌唱楽曲】
加藤和樹:「恋の予感」(安全地帯)
松浦航大:「神よ何故」(ミュージカル『ミス・サイゴン』より)

【#5】11月4日(金) 午後10時30分~ [WOWOWプライム] [WOWOWオンデマンド]
マスター:加藤和樹
ゲスト:Little Glee Monster
【歌唱楽曲】
加藤和樹:「初恋」(村下孝蔵)
Little Glee Monster:「On My Own」(ミュージカル『レ・ミゼラブル』より)、「Come Alive」

【#6】11月11日(金) 午後10時30分~ [WOWOWプライム] [WOWOWオンデマンド]
マスター:加藤和樹
ゲスト:黒崎真音
【歌唱楽曲】
加藤和樹:「SIGNAL」(B'z)
黒崎真音:「だったらいいな」(ミュージカル『マイ・フェア・レディ』より)

【#7】11月18日(金) 午後10時30分~ [WOWOWプライム] [WOWOWオンデマンド]
マスター:加藤和樹
ゲスト:髙橋颯(WATWING)
【歌唱楽曲】
加藤和樹:「マリーゴールド」(あいみょん)
黒崎真音:「ゲームの始まり」(ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』より)

番組URL:https://www.wowow.co.jp/detail/180663
WOWOWステージ公式Twitter:@wowow_stage
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. 加藤和樹のミュージックバー「エンタス」 ゲストに松浦航大、Little Glee Monster、黒崎真音、髙橋颯(WATWING)が登場!収録の模様と収録楽曲、出演者のコメントが到着!