日中韓3か国同時デビューのチャンス!青少年を対象とした漫画コンテスト「悟空杯」開催中!

 

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、以下KADOKAWA)は、日中韓における青少年を対象とした文化交流を目的として中国・外文出版発行事業局(以下中国外文局)が主催する漫画コンテスト「悟空杯日中韓青少年漫画コンテスト2020」に参画しており、現在広く作品を募集しております。

 去る2019年12月に開催された日中韓サミットにおいては、中国・李克強首相より、3か国における青少年を対象とした文化交流を目的とした漫画コンテスト開催の提唱がなされました。これを受け、本年7月、中国外文局主催で「悟空杯日中韓青少年漫画コンテスト2020」(以下悟空杯)の創設が宣言されました。これに応じる形で、日本、中国、韓国3か国の多数の企業・組織が参画しておりますが、KADOKAWAも上記目的に賛同し、日本代表の実施団体として協力しております。

 本コンテストにおける受賞作には、日本はもとより、中国・韓国での発表の機会が与えられ、3か国での出版及びこれと連動するメディアミックスの可能性が得られるとともに、各国の著名な漫画家・編集者からなる審査員からダイバーシティに富んだ視点での評価を得ることができます。 

 悟空杯は、世界で最も注目される東アジア市場において同時にデビューできるチャンスです。漫画家を目指すすべての青少年の方々からの応募をお待ちしております!


◆悟空杯概要
【応募資格】日本・中国・韓国いずれかの国籍をもつ18歳~39歳の青少年
【カテゴリ】1.「悟空杯」長編賞(未完結作品)、2.短編賞(完結作品)、3.1ページ漫画
※1.2.については6~17歳のみを対象とした賞も別途有り
【漫画様式】コマ割りの漫画、縦スクロール、カラー・モノクロなど、どのような漫画形式も可
【応募方法】公式サイト(https://www.wukongcomic.com/)からのオンライン投稿
【応募〆切】2020年10月31日
【受賞作品発表】2020年12月(予定)
【賞金等】最高賞「悟空杯」3名 計60,000元(約100万円 ※1元=16.7元で換算)
 詳細は公式サイト(https://www.wukongcomic.com/)をご覧ください

◆悟空杯実行組織
【主催団体】中国外文出版発行事業局
【実施団体】人民中国雑誌社、bilibili、KADOKAWA、IIESTAR
【協力団体】人民日報社「諷刺与幽默」紙
【共同実施団体】網易有道、咪咕動漫、Weibo動漫、天聞角川、COMICO
【支援団体】上海美術映画製作所、国際アニメーションフィルム協会中国支部、手塚プロダクション、韓国漫画映像振興院、順天グローバルウェブトゥーンセンター
【共催団体】人民画報、中国外文局国際伝播文化センター、中国東方航空、国際連合人間居住計画韓国委員会、法務法人靖世弁護士事務所、一間宇宙(北京)文化有限公司

◆中国外文出版発行事業局 概要
【所在地】中国・北京市西城区百万庄大街24号
【代表者】局長 杜占元
【業務内容】中国で最も歴史が長く、最も規模が大きい専門的な外国向け出版発行機関。中国と世界の交流と理解、協力と友情を増進するために積極的かつ重要な役割を果たしている。
【設立時期】1949年10月(前進となる中華人民共和国中央人民政府新聞総署国際新聞局として)
【オフィシャルサイト】http://www.cipg.org.cn/

◆株式会社KADOKAWA 概要
【所在地:東京都千代田区富士見二丁目13番3号
【代表者】代表取締役社長 松原眞樹
【事業内容】出版、映像、版権、デジタルコンテンツ、ネットワーク・エンターテインメント・サービスおよびコンテンツの企画・開発・運営、動画コミュニティサービスの運営等を行う。
【設立年月日】2014年10月1日
【オフィシャルサイト】https://www.kadokawa.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 日中韓3か国同時デビューのチャンス!青少年を対象とした漫画コンテスト「悟空杯」開催中!