「発見と連想」をコンセプトにした体験型書店「ダ・ヴィンチストア」11月6日(金)、ところざわサクラタウンにオープン!

~店舗の詳細と、オープン記念イベント・キャンペーンを発表~

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹 以下 KADOKAWA)は、埼玉県所沢市の「ところざわサクラタウン」にて、KADOKAWA初となる直営書店「ダ・ヴィンチストア」(https://davinci-store.jp/)を、2020年11月6日(金)より開業いたします。

 「ところざわサクラタウン」は、日本最大級のポップカルチャー発信拠点として、イベントスペース、ショップ、レストラン、ミュージアムなどを展開する複合施設です。11月6日(金)のグランドオープンにあわせ、「発見と連想」をコンセプトにした体験型書店「ダ・ヴィンチストア」が誕生いたします。

 507㎡の店内には、年間5千点以上刊行されるKADOKAWAの書籍、雑誌はもちろん、コンセプトをもとに独自のテーマで陳列する書棚「発見×連想ギャラリー」や、角川武蔵野ミュージアムの館長・松岡正剛氏プロデュースによる「EDIT TOWN QUBE(エディットタウン・キューブ)」といったコーナーを設け、厳選された書籍約4万冊をご用意しています。「発見×連想ギャラリー」コーナーでは、作家にフォーカスした「作家選書棚」を設置、開業時には24名の人気作家や著名人の棚が並びます。
また「グッズステーション」にて、人気アニメや映画などのグッズを販売いたします。KADOKAWAが運営・プロデュースするエンターテインメント施設「成田アニメデッキ」「九州アニメデッキ」や、「EJアニメホテル」と連動したオリジナルグッズも取り扱います。
さらに、イベントスペースやセミナールームを備え、本に関連したさまざまな催しを行います。編集部のノウハウを活用したワークショップや、KADOKAWAと所縁のある著名人をお招きしたイベントを実施する予定です。

 「ダ・ヴィンチストア」では、オープン記念として、人気作家のサイン本発売や、シンガーソングライター・伊東歌詞太郎さんによる店内からのYouTube Live生配信など、さまざまなイベントやキャンペーンを開催予定です。お越しいただいたお客様に、常に新しい発見や体験をご提供する“体験型書店”を目指してまいります。

■「ダ・ヴィンチストア」店舗詳細

●01 KADOKAWAコーナー
 KADOKAWAが創出する年間約5千点の書籍・雑誌を販売、デジタルプロモーションを展開するコーナー。直営店ならではのキャンペーンやイベントを行い、全国の書店に先駆けた新刊のテストマーケティングなども実施。

●02 発見✕連想ギャラリー
 通常の書籍陳列とは異なる視点から新たな発見をしてほしい。そんな願いから、人が生きる上で欠かせない動作(動詞)をテーマに棚を構成。KADOKAWAを含めた多くの出版社の書籍を備え、より広い間口で読者を迎えるコーナー。また24名の作家や著名人にフォーカスした「作家選書棚」を設置。著書だけでなく、影響を受けた作品や直筆のメッセージなど、作家の世界観に浸ることができる。

●03 EDIT TOWN QUBE(エディットタウン・キューブ)
 角川武蔵野ミュージアムの館長・松岡正剛氏が手がける実験的書店空間。「連想」と「編集」をキーワードに、角川武蔵野ミュージアムの「EDIT TOWN(エディットタウン)」と連携した独自の選書で展開されるコーナー。松岡氏が提唱する読書スタイル「本は3冊の並びで読む」をコンセプトに、3冊ひと組で販売するユニークな「三冊包帯」シリーズも展開。

●04 グッズステーション
 人気アニメや最新ゲーム、昔懐かしい映画などさまざまなジャンルを取り扱うグッズコーナー。「成田アニメデッキ」「九州アニメデッキ」、「EJアニメホテル」と連動した“ここでしか買えないグッズ”も販売。

●05 アートウォール
 アート系作品を展示・販売する壁面コーナー。新鋭のアーティストによる作品を中心に、角川武蔵野ミュージアムのアート企画とも連動し、新しいアートとの出会いを提供。

●06 アニメツーリズム協会コーナー
 全国の「アニメ聖地88」から取り寄せた名産品やアニメカレーをはじめ、協会オリジナルキャラクターの「じゅんれいちゃん」グッズなどを販売。

●07 イベントスペース
 店内中央に位置する公開イベント用スペース。サイン会や講演会、プロジェクターを用いた映像展示など各種イベントに対応。

●08 セミナールーム
 ガラスで囲われたカフェ風のスペース。10人前後のセミナーやワークショップなどが実施可能。
 

EDIT TOWN QUBE
 

セミナールーム

■「ダ・ヴィンチストア」オープニング企画
・コミック、ライトノベル、新文芸など様々なジャンルの人気作家によるサイン本の販売、およびサイン色紙の展示
・シンガーソングライター・伊東歌詞太郎氏による店内からのYouTube Live生配信
・スニーカー文庫「涼宮ハルヒの直観」(11月25日発売)購入者対象、数量限定ノベルティプレゼント
・TVアニメ「おそ松さん」コラボグッズの販売および、「成田アニメデッキ」、「東京ジョイポリス」連動スタンプラリーの開催
・TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」オリジナルグッズ販売
・東所沢のLEDマンホールをモチーフにしたオリジナルグッズ販売
・オープン記念ノベルティエコバッグの配布
※各企画のスケジュールなどについては、ダ・ヴィンチストア公式サイトにて随時発表いたします。
 


■「ダ・ヴィンチストア」概要
開業日:2020年11月6日(金)

 

営業時間:10:00~20:00
定休日:無休
業種:複合型書店
床面積:507㎡(約150坪)
住所:〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン2階
公式サイト:https://davinci-store.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/DAVINCI_STORE/

■新型コロナウイルス感染症対策
 「ダ・ヴィンチストア」では、衛生対策も万全の備えで臨んでおります。スタッフのマスク着用、こまめな手指消毒、毎朝の検温および健康管理を徹底して実施します。
 店舗入り口には体温チェックカメラとアルコール消毒を設置し、レジカウンター前では飛沫防止用パネルや待機列のソーシャルディスタンス表記などの対策を行うほか、入店者の人数制限を行い、三密を避けるオペレーションにて営業いたします。

■「ところざわサクラタウン」について
 KADOKAWAと埼玉県所沢市が共同で進める、みどり・文化・産業が調和した、誰もが「住んでみたい」「訪れてみたい」地域づくりを行う「COOL JAPAN FOREST 構想」の拠点施設。書籍製造・物流工場やKADOKAWAの新オフィス、イベントスペース(ジャパンパビリオン、千人テラス)、体験型ホテル(EJアニメホテル)、ショップ(ダ・ヴィンチストア)、レストラン(角川食堂)、商業施設のほか、角川文化振興財団運営の文化複合施設「角川武蔵野ミュージアム」も建設。2020年11月6日グランドオープンの予定です。
https://tokorozawa-sakuratown.jp/

■株式会社KADOKAWAについて
 出版、映像、版権、デジタルコンテンツ、ネットワーク・エンターテインメント・サービスおよびコンテンツの企画・開発・運営、動画コミュニティサービスの運営などを行う会社の経営管理と、それに関連する事業などを幅広く展開しています。優れたIP(知的財産)の創出とメディア展開による拡充、デジタルトランスフォーメーション戦略の推進によって事業を最大化し、世界に誇る唯一無二のメガ・コンテンツ・パブリッシャーを目指してまいります。
https://group.kadokawa.co.jp/

以上
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 「発見と連想」をコンセプトにした体験型書店「ダ・ヴィンチストア」11月6日(金)、ところざわサクラタウンにオープン!