人気声優が受賞作品を朗読!「魔法のiらんど」が短編小説コンテストを開催



株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、自社で運営する小説投稿サイト「魔法のiらんど」において、『「さっきはごめん」からはじまる小説』をテーマとした短編小説コンテストを11月27日より開催します。

本コンテストは、『「さっきはごめん」からはじまる小説』をテーマに、メインキャラや相手役として男性キャラクターが登場する作品を、2020年11月27日(金)から2021年1月8日(金)まで小説投稿サイト「魔法のiらんど」にて募集します。受賞者の作品は、内容の一部を堀江瞬さんが朗読、「魔法のiらんど」等で2021年3月頃発表します。

さらに、本コンテストのために、堀江瞬さんにも同テーマで短編作品を書き下ろしいただきました。堀江瞬さんの書かれた作品は特設サイトでお読みいただけます。

共通の書き出しでいかに物語を展開していくか、自由な世界観で創造された作品をお待ちしております。ぜひふるってご応募ください。

『「さっきはごめん」からはじまる小説』コンテスト特設サイト:
https://maho.jp/special/entry/sakkihagomen
 
  • 『「さっきはごめん」からはじまる小説』コンテスト
〇募集テーマ
「さっきはごめん」から始まる小説
 *メインキャラや相手役として、男性キャラクターが登場するようにしてください
 *物語としての面白さを意識するようにしてください(例えば、セリフだけや設定だけなどの作品は×)
 *キュンとしたり、ドキドキするようなシーンや見せ場が描かれている作品が望ましいです

〇賞・賞品
・優秀賞(3作品)
 声優の堀江瞬さんが受賞作品の一部を朗読 ※
 Amazonギフト券3万円分(Eメールタイプ)

※「朗読」にあたっては、受賞作品の内容の一部を抜粋して朗読するほか、朗読に適するよう、加工、編集等したりすることがあります。これらは魔法のiらんど編集部の裁量により行いますので、あらかじめご了承のうえご応募ください。

〇応募規定
・文字数 下限なし~10,000字程度を上限とする 完結作品であること
・メインキャラや相手役として、男性キャラクターが登場するようにすること
・本コンテストの募集受付期間内に新規で投稿された作品であること

〇スケジュール
募集受付期間
2020年11月27日(金)13:00 ~ 2021年1月8日(金)13:00投稿分まで
結果発表
2021年3月頃予定  魔法のiらんどにて発表予定
※スケジュールは変更になる可能性があります

〇応募方法
「魔法のiらんど」のBOOK機能から、上記の募集受付期間中、応募作品に本コンテスト専用タグ「さっきはごめん」を付けて投稿してください。

※その他の詳しい応募方法、注意事項、受賞作品の取り扱い等については、特設サイトをご確認ください。
 
  • 堀江瞬さんプロフィール


堀江瞬

1993年5月25日大阪府生まれ。
代表作にTVA「彼女、お借りします」木ノ下和也役、
TVA「アイドルマスター SideM」ピエール役、
TVA「アクダマドライブ」ハッカー役等がある。






 
  • 「魔法のiらんど」について

1999年より無料ホームページ作成サイトとしてサービスを開始。数々の人気作品が生まれ、「Web小説」を代表するブランドとして人気を博してきました。今の時代に合った、よりシンプルで使いやすいサイトを目指し、2020年4月1日に「あなたの妄想かなえます!女の子のための小説サイト」をキャッチコピーとする、小説投稿に特化したサイトに生まれ変わりました。月間ページビュー数3億PV、月間ユニークユーザー数160万を数えます。「魔法のiらんど」は女の子たちの創作活動を応援し続けています。
「魔法のiらんど」公式サイト: https://maho.jp/
 
  • 関連情報

■『「さっきはごめん」からはじまる小説』コンテスト特設サイト:https://maho.jp/special/entry/sakkihagomen

■堀江瞬さん公式プロフィール:http://www.pro-fit.co.jp/talent_horie.html

■魔法のiらんど公式サイト:https://maho.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 人気声優が受賞作品を朗読!「魔法のiらんど」が短編小説コンテストを開催