第16回MF文庫J新人賞受賞作が刊行スタート! 大人気シリーズ『探偵はもう、死んでいる。』『ぼくたちのリメイク』最新巻も見逃せない! MF文庫J、11月新刊は11月25日(水)発売!

色々ありすぎた2020年も気づけば残り一ヶ月と少しばかりとなって参りました。そろそろ2021年に思いを馳せつつ、25日に発売となった11月新刊のご紹介を!
まずは、いよいよ刊行が開始される〈第16回MF文庫Jライトノベル新人賞〉の受賞作2タイトルから。
〈優秀賞〉受賞作の『殺したガールと他殺志願者』は、「最愛の人に殺されたい」少年淀川水面と、「最愛の人を殺したい」少女浦見みぎりの歪な関係を描くラブコメでございます。「ラブ……コメ?」となる向きもおられましょうが、互いを深く愛するために始まる、甘くて歪んだ二人の恋の行く末をぜひ見守っていただきたい!
そして〈佳作〉受賞作『同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています』は、高校浪人をしてしまった結果、憧れの同級生倉咲千春が〈先輩〉になってしまった主人公高村颯太と、彼にグイグイ懐いてくる〈元〉後輩、藤本青海のちょっとズレてる三角関係を描いた学園ラブコメ。若干複雑になってしまった人間関係が生み出すもどかしさは、ラブコメを愛する皆様にも新鮮な物語となるはず! 新人賞受賞作2タイトル、ぜひぜひご堪能ください!
そして2021年「このライトノベルがすごい!」ライトノベル新作部門第3位に輝いた『探偵はもう、死んでいる。』は、最新第4巻が登場。名探偵を取り戻す。そのためにロンドンに向かう機上、「俺」は物語の始まりを告げたあの言葉をふたたび耳にする――。いま、もっとも注目される『たんもし』、シリーズ急展開を迎える第4巻をぜひおたのしみに! あ、コミカライズも待望の第1巻が発売されたばかりですので、こちらもよろしくお願いいたします!
その他、人気アニメの劇場版を記念した公式スピンオフノベル『ハイスクール・フリート あらいばるっ』に、いずれも熱い人気を誇るシリーズの最新巻、『ライアー・ライアー6 嘘つき転校生は正義の味方に疑われています。』『ぼくたちのリメイク8 橋場恭也』が発売!
MF文庫J、11月新刊は11月25日発売です!!

■MF文庫J公式サイトはこちら https://mfbunkoj.jp/

■11月新刊ラインナップ
【第16回MF文庫Jライトノベル新人賞〈優秀賞〉受賞!】
  • 殺したガールと他殺志願者
著/森林梢
イラスト/はくり

〈思わず殺されたくなる甘くて歪なラブコメ。第16回新人賞《優秀賞》受賞!〉
『最愛の人に殺されたい』と願う高校生・淀川水面は、死神を名乗る女から一人の少女を紹介される。
「貴方が殺されたい人ですか?」出会い頭にそんなことを尋ねる少女。名前は浦見みぎり。『最愛の人を殺したい』という願望を持つ少女だった。
互いの望みを叶えるために、二人は協力関係を結ぶ。水面はみぎりに愛されるため。みぎりは水面を愛するため。
「貴方には、私の理想の男性になってもらいます」「……分かった」「殺したくなるくらい魅力的な男性にしてあげますから、覚悟して下さい」
こうして始まった、歪な二人の歪な恋路。病的で猟奇的で不器用な少年少女が最高のデッドエンドを手に入れる物語、開幕。

定価 本体640円+税

作品特設サイト https://mfbunkoj.jp/rookie/16th-project/koroshita_girl/
KADOKAWA公式サイト書誌ページ https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000666/


【第16回MF文庫Jライトノベル新人賞〈佳作〉受賞!】
  • 同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています
著/凪乃彼方
イラスト/葛坊煽

〈同学年の“後輩”にぐいぐい懐かれるラブコメ! 第16回新人賞佳作受賞作〉
とある事情のせいで高校浪人を余儀なくされた俺、高村颯太。一年遅れで高校に入学するも、かつての同級生、憧れだった倉咲千春さんは一学年上の先輩になってしまった……。さらに中学でいつも距離感が近く懐いてきた陸上部の後輩、藤本青海が同学年に! 「先輩っ、今日も一日頑張りましょうね!」「おい、青海。同学年なのに俺を先輩と呼ぶな! 浪人してることがバレるだろ!」「だって~、颯太先輩は颯太先輩ですし」どうにか倉咲さんに一年生であることがバレずに過ごしながらも告白しなければ! 距離の遠い元同級生な先輩と、距離の近いグイグイ元後輩な同級生、そして浪人した俺、のなんとももどかしい三角関係ラブコメ!

定価 本体640円+税

作品特設サイト https://mfbunkoj.jp/rookie/16th-project/onaidosi/
KADOKAWA公式サイト書誌ページ https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000664/


【コミカライズ第1巻発売中!】
  • 探偵はもう、死んでいる。4
著/二語十
イラスト/うみぼうず

〈これは地上一万メートルの上空で始まる新たな冒険劇。〉
かつて名探偵の助手だった俺・君塚君彦は、今は亡きシエスタが残した課題に挑み、その思惑を超える答えに辿り着いた。名探偵を取り戻す――そんなあり得ぬ奇跡を起こすため、シード討伐の手がかりを得るために、俺と夏凪は再びロンドンへと飛ぶ。だが、その道中の飛行機で四年前と同じ

「お客様の中に探偵の方はいらっしゃいませんか?」

という言葉を聞いてしまい……? 敵と味方、過去と未来、出会いと別れ。遺志と意志が交錯し、物語は急転を始める。探偵はもう、死んでいる。ままでは決して終わらせない。たとえそれが世界の理に反する願いでも、この結末は認めない。これは地上一万メートルの上空で始まる新たな冒険劇。

定価 本体640円+税

作品特設サイト https://mfbunkoj.jp/rookie/15th-project/tantei/
KADOKAWA公式サイト書誌ページ https://www.kadokawa.co.jp/product/322007000690/

 
  • ハイスクール・フリート あらいばるっ
著/姫ノ木あく
イラスト/桝石きのと
原作/AAS

〈大人気アニメ『劇場版 ハイスクール・フリート』の公式スピンオフノベル!〉
──第一話『マヨネーズになりたい』
RATt事件終了直後。晴風クラスの面々は一時帰宅していく中、ましろは明乃を自宅でお泊まりに誘ってしまい──!?
──第二話『鈴の思いとまゆみのデート』
ある日の授業のあと、可愛い私服で出かけていくまゆみを見た鈴と幸子。気になった二人は、思わず後をつけることに!?
TVシリーズから劇場版の間を描いた四つの日常ストーリー。原案・鈴木貴昭による大人気アニメ『ハイスクール・フリート』の劇場版を記念した公式スピンオフノベル、出航!

定価 本体620円+税

『ハイスクール・フリート』公式サイト https://www.hai-furi.com/
KADOKAWA公式サイト書誌ページ https://www.kadokawa.co.jp/product/322006000797/

 
  • ライアー・ライアー6 嘘つき転校生は正義の味方に疑われています。
著/久追遥希
イラスト/konomi(きのこのみ)

〈学園島最大の夏が始まる――絶対に負けられない学園頭脳ゲーム第6弾!〉
「彼女」に振り回された挙げ句、その謎が深まった中で迎えることになった夏の学校対抗戦。学園島中の高校生が参加するお祭りムードの中、俺・篠原緋呂斗を待っていたのは「七ツ星は不正をしている」という“正義の組織”の告発だった。ヘキサグラムを名乗るそいつらに目をつけられた俺は周囲から疑いの目で見られ、さらに正義の味方を信じ切った後輩やら覚醒した皆実雫にも絡まれてうかつにイカサマもできない。絶体絶命の状況だけど、どうも奴らも本物の「正義」ってわけでもなさそうだ。ならこの状況を打破するために、偽物の底力ってやつを見せてやる頃合いかもな――

定価 本体640円+税

作品特設サイト https://mfbunkoj.jp/product/liar-liar/322007000688.html
KADOKAWA公式サイト書誌ページ https://www.kadokawa.co.jp/product/322007000688/

 
  • ぼくたちのリメイク8 橋場恭也
著/木緒なち
イラスト/えれっと

〈僕には、何ができるんだろう―――〉
僕、橋場恭也。大中芸術大学、映像学科の2回生。かつては十年後の世界でゲームディレクターをしていたが、もう一度、人生を作り直すチャンスをもらい、憧れの芸大に進学。課題制作に追われながらも日々が楽しかった。そして二年が経ち、いずれプラチナ世代と呼ばれるであろう皆が頭角を現し始め、僕は立ち止まる。どうやら、改めて自分自身を、これからのことを考える時が来たみたいだ。加納先生の提案を受けて、僕はとあるゲーム会社でバイトを始めることに。自分にしかできない“何か”を見つけるための第一歩を踏み出した――。いま何かを頑張っているあなたの為にある青春作り直しストーリー、それぞれの岐路に立つ第8巻。

定価 本体660円+税

作品特設サイト https://mfbunkoj.jp/special/remake/
KADOKAWA公式サイト書誌ページ https://www.kadokawa.co.jp/product/322007000687/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 第16回MF文庫J新人賞受賞作が刊行スタート! 大人気シリーズ『探偵はもう、死んでいる。』『ぼくたちのリメイク』最新巻も見逃せない! MF文庫J、11月新刊は11月25日(水)発売!