無茶振り、暴走は当たり前の“迷”プロデューサー登場!? お仕事マンガ『チェイサーゲーム』最新5巻 本日発売! 単行本でしか読めない、“ゲーム業界あるある”や原作者コラムも必読!

株式会社KADOKAWA Game Linkage(本社:東京都文京区、代表取締役社長:豊島 秀介)は、ゲーム情報総合サイト「ファミ通.com」で連載中の、松山洋氏(株式会社サイバーコネクトツー代表)が原作を務めるゲーム業界を舞台にくり広げられるお仕事マンガ『チェイサーゲーム』第5巻を、本日2020年11月30日(月)に株式会社KADOKAWAより発売いたしました。

  • 時に味方は敵のような姿をしている。
 ゲーム開発会社サイバーコネクトツーでチームのメンバーをまとめながら働く龍也は、開発中の新規タイトルのボスバトルを制作するプロジェクトを引き継ぐことに。しかし、そのプロジェクト、異例といえるほどに制作が長期化していた。そのすべての原因はある男のせいだった。

 各業界のクリエイターから、「リアルすぎて胃が痛くなる!」と評されるほど波紋を呼ぶ本作。単行本第5巻では、ゲームを開発する“デベロッパー”でクリエイターとして活動している主人公たちが、ゲームの販売元である“パブリッシャー”からやってきた外部のプロデューサーに振り回される『プロデューサー編』に加え、魚川の葛藤を描いた外伝も収録。そのほか、“ゲーム業界あるある”や原作者コラムなど、単行本でしか読めない要素も!

◆詳細・購入はこちら(KADOKAWAオフィシャルサイト)
https://www.kadokawa.co.jp/product/322009000718/

※ページサンプル


<最新刊情報>

 

タイトル チェイサーゲーム (5)
定価 本体720円+税
発売日 2020年11月30日(月)
仕様 B6サイズ
発行 株式会社KADOKAWA Game Linkage
発売 株式会社KADOKAWA

 

  • 『チェイサーゲーム』について
ゲーム開発会社の3Dアニメーター新堂龍也はチームのマネジメントを任される。癖のあるチームのメンバーたちに苦労しながらも、さまざまな人との出会いを通じて一人前のゲームクリエイターとして成長していく物語。原作は本作の舞台サイバーコネクトツーの代表取締役・松山洋氏、作画は「ショー☆バン」の作画担当を務めたサイバーコネクトツー所属の漫画家・松島幸太朗氏。

<著者プロフィール>


原作/松山 洋(株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・ゲームクリエイター)
【代表作】ゲーム「.hack」シリーズ、「NARUTO−ナルト− ナルティメット」シリーズ、「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」/著書「エンターテインメントという薬」、「熱狂する現場の作り方」


 


作画/松島 幸太朗(株式会社サイバーコネクトツー・漫画家)【代表作】「ショー☆バン(森高夕次 原作)」、「ストライプブルー(森高夕次 原作)」、「永遠の一手(伊藤智義 原作)」など。



 
  • KADOKAWA Game Linkage(カドカワゲームリンケージ)について

株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほかイベント企画やeスポーツマネジメント、ゲームマーケティングなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。
公式サイトURL: https://kadokawagamelinkage.jp

<読者の方からのお問い合わせ先>
KADOKAWA Game Linkage カスタマーサポートお問合わせフォーム
https://ebssl.jp/mail_form/kgl/personal/q.php
※内容によっては、お答えできない場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 無茶振り、暴走は当たり前の“迷”プロデューサー登場!? お仕事マンガ『チェイサーゲーム』最新5巻 本日発売! 単行本でしか読めない、“ゲーム業界あるある”や原作者コラムも必読!