プレイステーション5 、国内累計100万台を突破! ~「ファミ通」マーケティング速報~

ファミ通(KADOKAWAグループ)

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2020年11月12日に発売した「プレイステーション5」の国内推定累計販売台数を以下の通りまとめました。


■「プレイステーション5」 国内推定累計販売台数
(集計期間:2020年11月12日~2021年9月5日/販売週数:43週)
国内推定累計販売台数: 1,012,656台

<内訳>
プレイステーション5: 847,421台
プレイステーション5 デジタル・エディション: 165,235台


今回の速報について
ソニー・インタラクティブエンタテインメントのゲーム機「プレイステーション5」(2020年11月12日発売)は、発売から43週(約10ヵ月)で国内累計販売台数100万台を突破しました。
また、プレイステーション5向けのパッケージソフトでは、「バイオハザード ヴィレッジ」(カプコン/2021年5月8日発売)が6.7万本※を売り上げ、累計販売本数トップとなっています。
同ハードは、発売から現在にかけて抽選販売が実施されるなど、入手困難な状況が続いています。
「FINAL FANTASY XVI」(スクウェア・エニックス/発売日未定)といった人気タイトルの発売も発表されており、今後の供給増加と販売台数の伸びが期待されます。

※ソフトの累計販売本数は2021年8月29日まで、パッケージ版のみの集計となっております。(プレイステーション5の累計販売台数は2021年9月5日までの集計。)
※本データを記事などに使用する場合は、出典が「ファミ通」である事の明記をお願いします。
※本調査データは、 KADOKAWAグループのシンクタンクである角川アスキー総合研究所が調査し、KADOKAWA Game Linkage に提供しています。


◆ファミ通について
ファミ通グループでは、ゲーム総合誌「週刊ファミ通」(毎週木曜日発売)をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイトなど、様々なサービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。
https://www.famitsu.com/


◆株式会社KADOKAWA Game Linkageについて

株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほかイベント企画やeスポーツマネジメントなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。

公式サイトURL: https://kadokawagamelinkage.jp


◆株式会社角川アスキー総合研究所について

角川アスキー総合研究所は、KADOKAWA グループに属する法人向けのシンクタンク、リサーチ・メディア企業です。KADOKAWA グループの持つコンテンツ力、メディア力、リサーチ力に関する技術力を活かし、日本のメディア・コンテンツ産業に貢献すべく、課題となる重要テーマに日々取り組んでいます。

公式サイトURL:http://www.lab-kadokawa.com



プレスリリースのダウンロード:https://prtimes.jp/a/?f=d7006-20210909-9074ace7bc287d86eeb930bca83af38b.pdf
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. プレイステーション5 、国内累計100万台を突破! ~「ファミ通」マーケティング速報~