2022年の最重要ワード「ウェルビーイング」を日本文化から学ぶ1冊! 予防医学研究者と人気アナウンサーのポッドキャスト番組を書籍化

株式会社KADOKAWA(代表取締役社長:夏野剛、本社:東京都千代田区、以下KADOKAWA)は、2022年1月28(金)に『むかしむかし あるところにウェルビーイングがありました 日本文化から読み解く幸せのカタチ』を発売いたします。

 


ウェルビーイングを第一線で研究する予防医学研究者・石川善樹が3年間没頭して観続けたもの、それは「昔話」のアニメだった―
2022年の最重要ワードのひとつ、「ウェルビーイング」(=心身ともに健康で満たされている状態のこと)。
その本質に迫るカギを、昔話をはじめとした古事記、アイドル、和歌などの日本文化から探っていきます。
予防医学研究者・石川善樹×人気ラジオアナウンサー・吉田尚記が贈る、「いちばんやわらかいウェルビーイング本」。
第3回 JAPAN PODCAST AWARDSウェルビーイング賞にノミネートされた人気ポッドキャスト番組『ウェルビーイング ~旅する博士と落語するアナウンサー』を大幅に加筆・修正して書籍化!

<書籍概要>
『むかしむかし あるところにウェルビーイングがありました 日本文化から読み解く幸せのカタチ』
著者:石川 善樹, 吉田 尚記 (著)
発行:株式会社KADOKAWA
定価:1,430円(本体1,300円+税)
発売日:2022年1月28日
判型:四六判
ページ数:192
ISBN:978-4-04-897164-5

KADOKAWAオフィシャルサイト 書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322109000880/
<著者プロフィール>
●石川 善樹(いしかわ よしき):

予防医学研究者、医学博士。1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。公益財団法人Wellbeing for Planet Earth代表理事。「人がよく生きる(Good Life)とは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学、概念進化論など。近著は、『フルライフ』(NewsPicks Publishing)、『考え続ける力』(ちくま新書)など。


●吉田 尚記(よしだ ひさのり):
1975年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞。「マンガ大賞」発起人。ラジオ『ミューコミVR』(ニッポン放送)、『二次元領域拡大通信』(BSフジ)等のパーソナリティを務める。マンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、常に情報を発信し続けている。主な著書に『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科
書』(アスコム)、『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)がある。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 2022年の最重要ワード「ウェルビーイング」を日本文化から学ぶ1冊! 予防医学研究者と人気アナウンサーのポッドキャスト番組を書籍化