『このライトノベルがすごい!2023』も電撃文庫・電撃の新文芸が上位にランクイン!『竜殺しのブリュンヒルド』『わたし、二番目の彼女でいいから。』『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野 剛)より発売中の電撃文庫と電撃の新文芸は、この度発売された『このライトノベルがすごい!2023』(宝島社刊)にて複数作が上位にランクインしました。
『竜殺しのブリュンヒルド』は総合新作部門2位、『わたし、二番目の彼女でいいから。』は総合新作部門3位、『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』は単行本・ノベルズ部門3位に選出されました。

 

 
  • 『このライトノベルがすごい!』総合新作部門2位!

『竜殺しのブリュンヒルド』
著者:東崎惟子  イラスト:あおあそ
ISBN:9784049142167
発売日:2022年6月10日発売
定価:704円(本体640円+税)
発行:株式会社KADOKAWA(電撃文庫)
特設サイト:https://dengekibunko.jp/special/ryugoroshi_brunhild/

【愛が、二人を引き裂いた。】
竜殺しの英雄、シギベルト率いるノーヴェルラント帝国軍。伝説の島「エデン」の攻略に挑む彼らは、島を護る竜の返り討ちに遭い、幾度も殲滅された。
エデンの海岸に取り残され、偶然か必然か――生きのびたシギベルトの娘ブリュンヒルド。竜は幼い彼女を救い、娘のように育てた。一人と一匹は、愛し、愛された。
しかし十三年後、シギベルトの放つ大砲は遂に竜の命を奪い、英雄の娘ブリュンヒルドをも帝国に「奪還」した。
『神の国で再会したければ、他人を憎んではならないよ。』
復讐に燃えるブリュンヒルドの胸に去来するのは、正しさと赦しを望んだ竜の教え。従うべくは、愛した人の言葉か、滾り続ける愛そのものか――。
第28回電撃小説大賞《銀賞》受賞の本格ファンタジー、ここに開幕!


種﨑敦美×大塚剛央『竜殺しのブリュンヒルド』PV【電撃小説大賞《銀賞》】

 

 
  • 『このライトノベルがすごい!』総合新作部門3位!

『わたし、二番目の彼女でいいから。』
著者:西 条陽  イラスト:Re岳
ISBN:9784049135831
発売日:2021年9月10日発売
定価:737円(本体670円+税)
発行:株式会社KADOKAWA(電撃文庫)
書誌情報:https://dengekibunko.jp/product/nibanmenokanojo/322009000012.html

【俺たちは「二番目」同士で付き合っている――危険な三角関係の行方は?】
「私も桐島くんのこと、二番目に好き」
俺と早坂さんは互いに一番好きな人がいるのに、二番目同士で付き合っている。
それでも、確かに俺と早坂さんは恋人だ。一緒に帰って、こっそり逢って、人には言えないことをする。
だけど二番目はやっぱり二番目だから、もし一番好きな人と両想いになれたときは、この関係は解消する。そんな約束をしていた。
そのはずだったのに――
「ごめんね。私、バカだから、どんどん好きになっちゃうんだ」
お互いに一番好きな人に近づけたのに、それでも俺たちはどんどん深みにはまって、歯止めがきかなくて、どうしても、お互いを手放せなくなって……。
もう取り返しがつかない、100%危険で、不純で、不健全な、こじれた恋の結末は。


高橋李依と上田麗奈が泥沼三角関係を熱演! 電撃文庫『わたし、二番目の彼女でいいから。』PV

 

 
  • 『このライトノベルがすごい!』単行本・ノベルズ部門3位

『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』
著者:ロケット商会  イラスト:めふぃすと
ISBN:9784049139037
発売日:2021年9月17日発売
定価:1,430円(本体1,300円+税)
発行:株式会社KADOKAWA(電撃の新文芸)
特設サイト:https://dengekibunko.jp/special/yushakei/

【世界は、極悪最強の《罪人》勇者たちに託された。絶望に抗うファンタジー!】
勇者刑とは、もっとも重大な刑罰である。
大罪を犯し勇者刑に処された者は、勇者としての罰を与えられる。
罰とは、突如として魔王軍を発生させる魔王現象の最前線で、魔物に殺されようとも蘇生され戦い続けなければならないというもの。
数百年戦いを止めぬ狂戦士、史上最悪のコソ泥、詐欺師の政治犯、自称・国王のテロリスト、成功率ゼロの暗殺者など、全員が性格破綻者で構成される懲罰勇者部隊。
彼らのリーダーであり、《女神殺し》の罪で自身も勇者刑に処された元聖騎士団長のザイロ・フォルバーツは、戦の最中に今まで存在を隠されていた《剣の女神》テオリッタと出会い――。
「力を貸してくれ、これから俺たちは魔王を倒す」
「その意気です。勝利の暁には頭をなでてくださいね」
二人が契約を交わすとき、絶望に覆われた世界を変える儚くも熾烈な英雄の物語が幕を開ける。


中村悠一×楠木ともり『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』PV【電撃の新文芸】


※『このライトノベルがすごい!2023』は宝島社より発売中です

 

  • 関連情報

■電撃文庫 公式サイト: https://dengekibunko.jp/
■電撃の新文芸 公式サイト:https://dengekibunko.jp/special/shinbungei/
■電撃文庫・電撃の新文芸 公式Twitter:https://twitter.com/bunko_dengeki
■電撃文庫・電撃の新文芸 公式YouTube:  https://www.youtube.com/channel/UCoIkccJcBM1MBJEgQ4p5p7Q

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 『このライトノベルがすごい!2023』も電撃文庫・電撃の新文芸が上位にランクイン!『竜殺しのブリュンヒルド』『わたし、二番目の彼女でいいから。』『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』