プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社KADOKAWA
会社概要

『戦争は女の顔をしていない』がJR京浜東北線・根岸線2編成の中吊りを貸し切り!

株式会社KADOKAWA

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野剛)は、累計70万部を突破(紙+電子)
した『戦争は女の顔をしていない』の4巻を発売中です。刊行を記念して、本日から5/7(日)までの1週間【JR
京浜東北線・根岸線】2編成の中吊り広告を貸し切り致します。
  • 様々なメディアで取り上げられた話題作 

コミカライズ『戦争は女の顔をしていない』の第4巻が4月27日(木)に発売されました。

第二次世界大戦従軍女性500人以上を取材。

狙撃兵、軍医、書記、斥候、飛行士…さまざまな立場の女性たちがとらえた「戦争」の証言集——

その内容から出版を拒否され続けた、ノーベル文学賞受賞作家の主著のコミカライズ作品。


”ノーベル文学賞作家のノンフィクションを漫画化”

という業界でも異例の取り組みは、すぐに大きな反響を呼びました。

待望の4巻発売を記念して、本日から5/7(日)までの間、【JR京浜東北線・根岸線】2編成の中吊り広告を貸し切りいたします。

JR京浜東北線・根岸線の全編成のうち2編成のみでの掲出となりますので、乗り合わせた際には是非ご覧ください。


【掲出期間】2023年5月1日(月)〜5月7日(日)

【掲出場所】JR京浜東北線・根岸線の中吊り(2編成)

【問い合わせ】https://www.kadokawa.co.jp/support/

※編成や運行情報について、鉄道会社や駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

※運行期間は予定であり、予告なく変更・中止となる場合がございます。

※運行期間中であっても運休となる場合がございます。

※最終日は撤去作業を行うため、運行を行わない場合がございます。


  • 中吊り広告紹介

この中吊りは「戦争の二面性」を表すような、黒と白のデザインで構成されております。

黒は戦争の【生々しさ・恐怖・悲しみ】、白は戦争の中を生きた【人々の繋がり・愛情・儚さ】という

それぞれの観点から選ばれたコマ・言葉を使用したデザインとなっております。

車両ごとに1色ずつ分かれて掲載されておりますので、乗り合わせた際はどちらもご覧いただけますと幸いです。


“戦争は人が持っている時間を潰してしまう 貴重な時間を…“


“あの人がそこに腰掛けているような気がして窓の向こうを覗いてみる

あたしはもう年取ってしまったけどあの人は送り出した時のまま“


“私たちは確かに勝利しただけど

どれだけの犠牲がありなんという恐ろしい代価を払ったことか“


“生きているかぎり何にだって望みをかけていいのよ”


“夜 土壕の中に横たわっていてどこかで砲声が聞こえる

どうしても死にたくなかった“


“みな身内のようだった 一つの家族だった”


“私は撃つことに決めたの、そう決心した時一瞬ひらめいた

「敵と言ったって人間だわ」と“


“母は厳しかった それが突然あたしにかじりついてキスをするの

お母さんにもう二度と会えないんだと悟った“


“いけない伝えなければ

世界のどこかにあたしたちの悲鳴が残されなければ あたしたちの泣き叫ぶ声が“


“生きてる時の写真を探しました その子が微笑んでいるのを…”


“恥ずかしいって気持ちは死ぬことより強かった”


“トー二ャは身を挺して爆弾の破片から救ったの トー二ャはその人が好きだった“


“死んだら両手は休めるんだろうね“


“前線で赤ちゃんが生まれたんです

兵士たちはささやき声で「万歳!万歳!」と喜びました“


  • 書誌紹介

【書名】戦争は女の顔をしていない4

【著者】作画:小梅けいと

原作:スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

監修:速水螺旋人

【定価】1100円(本体1000円+税) 

【発行】株式会社KADOKAWA 


▼試し読みはこちら

https://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_AM00000019010001_68


▼作品詳細・購入はこちら

KADOKAWA公式サイト:https://www.kadokawa.co.jp/product/322212000763/

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4049149958?tag=kadoofce-22


▼作品Twitter公式アカウント

https://twitter.com/unwomanlyfofw


▼以下の媒体で本作が紹介されています。

BuzzFeed Japan、読売新聞、毎日新聞、北海道新聞、しんぶん赤旗、週刊東洋経済、朝日新聞、サンデー毎日、朝日中高生新聞、anan、UOMO、婦人公論、週刊朝日、東京新聞、共同通信、日経エンタテインメント!、「このマンガがすごい!2021」、あさイチ、NHK「100分で名著」など 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社KADOKAWA

3,014フォロワー

RSS
URL
https://group.kadokawa.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区富士見二丁目13番3号
電話番号
-
代表者名
夏野剛
上場
東証プライム
資本金
406億円
設立
2014年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード