プレスリリース配信のPR TIMES

AIで記者のネタ集めが変わる。

メディア記者のもとには
1日に何百もの情報が届きます。
取材対象となるものもあれば、
関係のないものまで。
その取捨選択は長年の課題でした。

いま、テクノロジーの力で
課題は解決へと向かっています。
AI(人工知能)が、本当に必要な情報を見極めて、
記者に届けます。
記者一人ひとりの好みを熟知した
有能なアシスタントのように。

PR TIMES リリースAI受信 β版登場

私たちは、情報ミスマッチを解消したいと
本気で考えています。

そして、情報との出会いにもっとワクワクする世の中へ…!
AIが各記者のプレスリリース閲覧行動を学習し、
本質的な傾向を洞察。
関連性の低い情報は取り除き、
逆に隠れ関心テーマまでを拾い上げて、
記者の情報収集を強力にアシストする、
新しい情報収集の方法です。

PR TIMESは、2万4,000社が導入し上場企業の3割が活用する
プレスリリース配信サービス。
月間1万1,000本の企業リリースを取り扱い、
記者1万人が会員登録しています。

PR TIMESに集まる豊富な情報を、
AIで仕分けてみませんか?
あなたがプレスリリースを見れば見る程、
AI受信はあなたにフィットします。
今日の閲覧行動が、明日届く情報を決めるのです。
私たちはAIを活用して、
企業情報とメディア記者とのマッチング、
メディア記者活動のアシストを追求していく構想を持っています。

今回搭載した「リリースAI受信」β版はその第一歩。

まだまだ至らないところがあり、本当に申し訳ありません。
それでも一歩を踏み出さねばとβ版をローンチいたしました。
十分でないところは順次アップデートしていく考えです。

足りないところ、気付いた点があれば、是非ご意見をお寄せください。記者の皆さまと共に創り上げられたなら本望です。

まずは「リリースAI受信」をご体験いただけますと幸いです。

PR TIMES メディア会員向け機能の特徴

AIが会員ごとに傾向を把握

人工知能が会員のプレスリリース閲覧行動を学習し、本質的な傾向を洞察したうえで、マッチ度の高いプレスリリースを表示します。閲覧すればするほど精度が高まり、情報を的確に取捨選択します!

AIが新しい発見をアシスト

自分でも気づかなかったような好みも人工知能が把握するので、今までは出会うことができなかった新しい発見もアシストします。

最新情報をもれなく取得

プレスリリースのカテゴリや種類を選択することで、受信したい最新の情報をもれなく取得できます。メールでも受信できるので、最新の情報を逃しません。

クリップ機能を搭載

気になったプレスリリースを保存しておいて、後からチェックすることができます。スマートフォンなどでチェックした気になるリリースが、後からPCで探したけど見つからないということがなくなります。