PEXAの新バージョンでAET(自動残高引当)機能をサポート

main image
~アカウント間の移動を管理するトランザクションテンプレートを追加~

基幹業務システム開発プラットフォームであるPEXAの開発、サポートを行なう株式会社アトリス(東京都世田谷区用賀:代表取締役 安光 正則)は、PEXAの新バージョン4.6をリリースし、新たにAET(Account-Entry-Transaction)機能をロジックテンプレートに追加すると発表しました。

物流管理、生産管理、受発注管理などでは必須の、複数アカウント間での移動と移動量、それに伴う残高の増減などを適切に管理しなければならない。AETはこの基本的な管理プロセスをテンプレートとしてPEXA4.6から組み込が可能となります。これにより開発工数の削減だけでなく、事前に用意、検証された高品質のロジックを使う事ができます。

AETの特徴は大きく3つあり、1)複数アカウント、親・子アカウント、例外処理アカウントによる各種のアカウント管理ができる、2)アカウントの収支バランスを管理するEntryは静的でも、動的でも管理できる、3)生成型、引当型または混在するトランザクションに対応している、などフレキシブルにユーザの業務に対応できる。
また、AETが対応している個別業務項目は幅広く、請求残、在庫、入荷残、出荷残、出荷/入荷の分納、受注残、予実管理、年休残、締め処理、見込み、確定、などに利用できる。

今回提供されるAETはPEXA4.6からモジュールライセンスとしてオプション提供される。
AET:マーチン・ファウラー氏の「アナリシスパターン」で提唱されたビジネスパターン
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アトリス >
  3. PEXAの新バージョンでAET(自動残高引当)機能をサポート