史上初!〜日本から世界へ KakiOycy は世界共通の言葉〜『日米牡蠣決戦 in New York』2016年2月27日(土)開催決定!クラウドファンディング絶賛実施中!抽選でニューヨークへご招待!

牡蠣を愛してやまない皆様のご支援にて『日本の食』史上初の世界への戦いが実現します!

スミノエウス・オストレアス・カキウミウス株式会社(本社:東京都品川区、ファウンダー:佐藤言也 代表取締役:ブラガンザ知子)はアメリカ ニューヨーク州ニューヨーク市において、日米交流イベント『日米牡蠣決戦 in New York』を2016年2月27日(土)※現地時間に開催いたします。

日米牡蠣対決のロゴ 竹内光司氏デザイン日米牡蠣対決のロゴ 竹内光司氏デザイン

 

▼イベント名:『日米牡蠣決戦 in New York』
■イベントの主旨
日本の食を取り巻く問題は、今注目されているTPP交渉においても解るようにグローバリゼーションの波に当然のごとく飲み込まれています。
日本独特の立地条件を活かした固有の食材や、日本の生産者はどうなっていくのでしょうか?

有明海に生息する多種多様な牡蠣たち有明海に生息する多種多様な牡蠣たち

 

みなさんはご存知でしょうか?

奇跡の食材、万能栄養食とされ、『海のミルク』と呼ばれる『牡蠣』の神秘を。

ひとつの『牡蠣』が一日に400Lもの海水を浄化することを。(農林水産省HPより)

世界で食されている『Oyster オイスター 牡蠣』の8割以上が、この豊かな海に囲まれた日本で生まれ育った『日本の牡蠣』の子供達であり、孫達であることを。

そしてアメリカで今一番愛されているオイスターが、熊本の有明海で生まれた育った『シカメ牡蠣』が約100年前に遠く海を渡り、そしてアメリカで養殖された『クマモトオイスター』であることを。

(明治45年)1912年4月13日に日本からアメリカに養殖用の親貝を贈ったときの領収証(明治45年)1912年4月13日に日本からアメリカに養殖用の親貝を贈ったときの領収証

 

私たちスミノエウス・オストレアス・カキウミウス株式会社は、この忘れ去られた『牡蠣100年の歴史』を日本のみなさまにも知っていただき、今一度このイベントをきっかけにして、日米交流、世界牡蠣交流を実現し、日本から世界へ KakiOycy (牡蠣 美味しい)を世界共通の言葉にし、牡蠣で日本を、そして世界をもっと面白いくしたいと考えております。

アメリカ最大のオイスターカンパニーの代表とその社屋前の牡蠣像の前にてアメリカ最大のオイスターカンパニーの代表とその社屋前の牡蠣像の前にて

 

■『日米牡蠣決戦 in New York』をクラウドファンディングで支援していただくプロジェクト実施中!

今回の『日米牡蠣決戦 in New York』に日本から決戦に挑むために持ち込む日本産の牡蠣は、ゲームクリエイターであり、世界30カ国以上を旅して『世界の牡蠣を食べ尽くした男』、自他共に認める『牡蠣バカ』サトウゲンが、有明海の生産者と共に10年の歳月をかけて創り上げた、『世界一美味しい牡蠣=セカウマ』です。

その『セカウマ』完成のきっかけとなったのは、2015年3月に放送されたテレビ番組、サンテレビ『堀江貴文の世界を変えてしまおう会』から派生したクラウドファンディング『世界一うまい牡蠣=セカウマ』プロジェクト(2015年5月末終了)でした。
※サンテレビ『堀江貴文の世界を変えてしまおう会』映像 
https://youtu.be/ClDJ5e76iS4

 

テレビ番組「堀江貴文の世界を変えてしまおう会」に出演した際の一コマテレビ番組「堀江貴文の世界を変えてしまおう会」に出演した際の一コマ

 

クラウドファンディングCampFireでのセカウマプロジェクト第1弾のキャプチャークラウドファンディングCampFireでのセカウマプロジェクト第1弾のキャプチャー

 

今回は『セカウマプロジェクト第2弾』として、アメリカ ニューヨーク市でのイベント開催資金とドキュメンタリ映像の制作費を日本の皆様の支援により実現する為に、株式会社サイバーエージェントクラウドファンディング社が提供する、クラウドファンディングプラットフォーム『makuake』を利用しています。

支援していただいた皆様へのお返し(リターン)のメインは『セカウマ牡蠣』!

プロジェクト掲載ページ
https://www.makuake.com/project/samuraioyster/

セカウマ級オトフセセカウマ級オトフセ

 

■イベントの見所
ゲームクリエイターである、スミノエウス・オストレアス・カキウミウス株式会社ファウンダーのサトウゲンが
10年の時をかけて、日本の生産者とともにデザインし、プロデュースした『セカウマ級シカメ』と、100年前に、日本からはるばるアメリカへと渡り、アメリカの地で育った『クマモトオイスター』との試食決戦『日米牡蠣決戦 in New York』は国境を超えた世紀の『食』の歴史的な決戦となります。

三陸かき支援のひとつ「フランスお返しプロジェクト」で渡仏した際に行われた記者会見三陸かき支援のひとつ「フランスお返しプロジェクト」で渡仏した際に行われた記者会見

 

どちらが勝っても、日本の勝ちとも言えますし、またアメリカが勝っても、日本への輸出増を促すきっかけとなる、『両国にとって平和をもたらす対決』イベントとなります。

私たちは一人でも多くの日本の方に、このイベントを通じて『日本の牡蠣って凄いんだ!』『世界で食されているのは日本の牡蠣なんだ』また『有明海は世界で一番牡蠣生産の好条件が揃った海なんだ』という事を知っていただきたいと考えています。

■今回のクラウドファンディングで支援していただいた方から抽選にて『日米牡蠣決戦 in New York』会場にご招待します!

※ご招待人数は支援金の到達金額によって変化します。

イベントプロジェクト掲載ページ
https://www.makuake.com/project/samuraioyster/

※『セカウマ』とはサトウゲン個人が提唱する、世界一うまい牡蠣の概念です。
『セカウマ』の概念は、最新のサトウゲンのメディア出演映像にてご確認いただけます。
堀江貴文も唸った!”世界一うまい牡蠣で世界を変える!”
サンテレビ『堀江貴文の世界を変えてしまおう会』
https://youtu.be/ClDJ5e76iS4

 

フジテレビ my Value my Way ”世界一の牡蠣には『つくる人』『提供する人』『食べる人』とプレイヤーが必要”
https://youtu.be/hdwLJcHEgIE

テレビ番組フジテレビ「my Value my Way」に出演した際の撮影風景テレビ番組フジテレビ「my Value my Way」に出演した際の撮影風景

 

■本イベント プロデューサー サトウゲン プロフィール

サトウ ゲン 本名:佐藤言也
1976年 京都市右京区鳴滝生まれ

ニューヨークで有名な「グランドセントラルオイスターバー」の支配人の方とニューヨークで有名な「グランドセントラルオイスターバー」の支配人の方と

 

<肩書>
スミノエウス・オストレアス・カキウミウス株式会社 ファウンダー

ゲーム&牡蠣クリエイター

日本オイスター協会 ファウンダー
カキペディア ファウンダー&編集長
牡蠣日本一決定戦 実行委員長
牡蠣早開け日本代表選考委員会 委員長
別次元かきうみ塾 塾長 

<実績>
2003年  世界初となる脳トレゲーム(有限会社 げん 携帯電話アプリ)を開発リリース。トータル120本以上リリース。累計数約500万DL。
2004年  ゲームで得た資金で世界周遊開始。これまでの渡航国は30カ国以上に上る。
周遊各地を食べ歩いた結果、世界で消費されている牡蠣の8割が日本の種を元に現地で生産されている事実を目の当たりにし、日本で「世界一うまい牡蠣」を創るプロジェクトを開始する。
2005年  日本オイスター協会設立。初代会長を努める(2015年まで)現在会員数約8,000人。カキペディア配信開始(amebaブログ)※現在月間 30PVオンライン牡蠣検定開始
オイスターマイスター(資格制度)開始 検定85回開催 123名育成
2008年  ゲームでいかに権利収入を生み出すか?を記した初の著書『愛暇金』上梓。
2009年  2月 ソムリエ田崎真也氏をゲストに迎え、『牡蠣に一番合うワイン!』イベントを銀座にて開催。
2011年  3月 『復興かきオーナー制度』を企画し、お申込者数:23,933名様
お申込口数:31,518口、トータル3億1千518万円を集め、三陸牡蠣生産者の支援を行う。
2011年  6月 『フランスお返しプロジェクト』総合プロデューサーとして、三陸の牡蠣産地を復興支援
2012年  牡蠣日本一決定選 東京で開催 参加生産者 80社。
牡蠣早開け世界大会 日本代表選考委員会 創設
2013年  6月 『世界一うまい牡蠣』発のパートナー生産者 誕生。
2013年 8月  8月8日を『岩牡蠣の日』として制定
2014年 9月 『世界一うまい牡蠣』プロトタイプ完成。
2015年 3月 『世界一うまい牡蠣』プロトタイプ完成後、サンテレビ『堀江貴文の世界を変えてしまおう会』にエントリーし、番組出演。出演者の堀江貴文、倉本美津留、家入一真が『プロトタイプ』を食し、唸る。
2015年 5月 クラウドファンディングプラットフォームCampfireにて『世界一うまい牡蠣』プロジェクトで500万円を超える資金調達に成功、330名を超える支援者を募る。
2015年 7月 世界一のオイスターカンパニーを目指すため、スミノエウス・オストレアス・カキウミウス株式会社 通称かきうみ株式会社を設立。

<メディア出演 テレビ・ラジオ・雑誌>
2012年 4月 フジテレビ『スーパーニュース』 “牡蠣日本一決定戦 (取材)“
2012年 11月 TBS『ガチャガチャV6』”牡蠣の日(11月23日)特集” 生産地ロケ取材
2012年 12月 幻冬社『Gainer』”牡蠣がある幸せ” 牡蠣特集
2014年 1月 日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』牡蠣提供 撮影協力
2014年 8月 MX-TV『バラ色ダンディ』”牡蠣で女子力アップ”
2015年 1月 J-WAVE『ハローワールド』”牡蠣 特集”
2015年 2月 テレビ朝日『中居正広のミになる図書館』”牡蠣の不都合な真実”
2015年 3月 サンテレビ『堀江貴文の世界を変えてしまおう会』”世界一うまい牡蠣で世界を変える!”
2015年 9月 フジテレビ/BSフジ『my Value my Way』有明海ロケ
”世界一の牡蠣には『つくる人』『提供する人』『食べる人』とプレイヤーが必要”

<運営>
カキペディア オンライン牡蠣百科事典
牡蠣日本一決定戦 2012年開催
次回はオイスターワールドカップ2018年開催予定
牡蠣早開け日本代表選考委員会 6月7月に選考会 9月世界大会 毎年開催
別次元かきうみ塾 生産者および提供者の育成
オンライン牡蠣検定 24時間 開催中(カキペディア内コンテンツとして)
東京オイスターショー主催 

<講師 講演実績>
東京家政大学 ゲスト講師「牡蠣を通して日本の食を考える」3ヶ月に1回実施中
2011年 7月 福岡女子大学 ゲスト講師「フランスの牡蠣文化および最新の牡蠣養殖勉強会」
2014年 2月〜2015年 4月 熊本県からの委託で、『熊本オイスター復活プエロジェクト』アドバイザーとして活動
2014年 6月 宮城県からの依頼で、シンポジウム『宮城の牡蠣養殖の今後を考える』にて講演

■イベント開催概要
主催: スミノエウス・オストレアス・カキウミウス株式会社
協力:海男株式会社
日本オイスター協会
かき早あけ日本代表選考委員会
別次元かきうみ塾

日時:2016年2月27日(土)※現地時間
会場: アメリカ ニューヨーク州 ニューヨーク市 某所
参加費:※関係者のみ招待
参加申込: ※一般観覧検討中
締切り: 関係者へのみ告知
参加資格: マスコミ関係者のみ招待
参加人数: マスコミ関係者のみ招待

■主催会社概要
商号:スミノエウス・オストレアス・カキウミウス株式会社
代表者:ファウンダー:佐藤言也 / 代表取締役:ブラガンザ知子
所在地: 〒140-0001 東京都品川区北品川1-9-7-1015
設立: 2015年7月
事業内容: 食用牡蠣プロデュース  販売 牡蠣PR 日本産牡蠣の啓蒙イベントの企画立案
WEBサイトURL: http://KakiUmi.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スミノエウス・オストレアス・カキウミウス株式会社 >
  3. 史上初!〜日本から世界へ KakiOycy は世界共通の言葉〜『日米牡蠣決戦 in New York』2016年2月27日(土)開催決定!クラウドファンディング絶賛実施中!抽選でニューヨークへご招待!