JAPANを代表するオンリーワン企業になるために。

マテリアルグループ2.0始動、更なる成長へ。

2016年2月、マテリアルグループ株式会社(東京都港区、代表取締役社長 東 義和)は、ホールディングスである株式会社LENSを「マテリアルグループ株式会社」に社名を変更し、戦略的な企業変革を行いました。
主幹会社のPRカンパニー「株式会社マテリアル」は、PRを超えるPRを追求すべく、
新たなブランディングメソッドの開発(※2016年7月ローンチ予定)や、
新規事業としてPRプラットフォーム事業や動画関連事業(2016年内ローンチ予定)の
ローンチに向けて開発を進めております。

尚、トータル睡眠ソリューションカンパニー「株式会社TWO」を新たに傘下に置きました。
【SLEEP INNOVATION】をミッションに、近年のテクノロジーの進化とトレードオフで
社会問題にまで発展している注目分野である睡眠分野に大きなインパクトを与えていきます。

マテリアルグループはこれからの子会社の経営戦略の検討・立案・推進、
内部管理体制の整備・強化、グループシナジーの創出などの経営支援を行うホールディングス会社です。
グループのイズムとプライドをもとに、マーケティングコミュニケーション・コンテンツ業界において、
グループ各社は唯一無二の存在を目指し、新たな飛躍に向けて挑戦を始めます。


▶ マテリアルグループ組織図
 

 

▶ マテリアルグループ株式会社 会社概要
商号      :マテリアルグループ株式会社
事業内容    :経営戦略の検討・立案・推進、グループ経営基盤強化、シナジー効果の創出、投資、資産運用
設立年月日   :2014年8月
本社所在地   :東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー9F
代表者     :代表取締役社長 東 義和
グループ従業員 :60人(2016年1月末現在)
URL      :http://materialgroup.jp


▶ 代表メッセージ
あらゆる領域でコモディティ化された現代において、マーケティングコミュニケーションは
各企業の一部署の機能から、各セクションが生活者と企業を結びつけるための
必要不可欠な要素として重要視される時代になりました。
また、テクノロジーの進化により、顧客接点の多様化、行動パターンの複雑化、
それらに伴う情報過多が起こり、情報を「誰に」「何を」「どう伝えるか」の重要性が増しました。
こういった社会の流れに伴い、我々のようなコミュニケーションカンパニーの社会的意義も
同様に高まってきたと感じております。
「正しい情報を正しいやり方で正しく伝える」をプリンシプルにコミュニケーションを追求し、
社会にとってなくてはならない存在になれるよう邁進してまいります。
またコミュニケーションリソースの強化によるグループ各社の事業がより強固になっていけるよう
各社の連携、組織体制のさらなる強化に努めていく所存でございます。
これからも既成概念に縛られる事なく、世界経済、トレンドをしっかりと捉え、
事業を通して世の中にビッグウェーブと社会貢献を提供してまいります。
今後とも皆様方のより一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
東 義和


▶ 新会社設立・組織変更
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マテリアルグループ株式会社 >
  3. JAPANを代表するオンリーワン企業になるために。