インスタグラム対応・多機能ウィジェットサービス「タグライブ - TagLive」がInstagram API審査を通過。アーガイル社が法人向けに販売開始。

インスタグラムやツイッターの投稿をハッシュタグで自動抽出し、不適切な投稿を除いて、自由なデザインでサイトに掲載。 http://taglive.jp/pr/

アーガイル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡安淳司、 http://argyle.jp/ 以下、アーガイル社)のインスタグラム対応・多機能ウィジェットサービス「タグライブ - TagLive」 が、2016年5月13日にInstagram APIのアプリ審査を通過しました。本日(5月27日)より、InstagramやTwitterのキャンペーンサイト構築、サイトへのクチコミコンテンツ掲載、放送やデジタルサイネージ表示などのニーズに向けて、正式に販売を開始します。
 ▼タグライブは、ソーシャルメディア活用支援を手がけるアーガイル社が開発した、法人向けのウィジェット(SNS投稿を抽出してサイトに埋め込む)サービスです。指定したハッシュタグつきの写真・動画・クチコミ投稿を抽出し、サイトに掲載できます。管理画面で投稿ごとに掲載/非掲載を指定することも可能。
 ▼ タグライブの利用費は、初期15万円、月額5万円から。2016年5月現在、常盤薬品工業株式会社、富士急行株式会社ほかの導入実績があります。販売代理店、OEM提供、各種サービスへの組み込みの相談も受け付けています。
【Instagram API申請について】
2016年6月以降、Instagram API(public_content)の審査を通過していないアプリは全て、一般ユーザーの投稿をハッシュタグで抽出することが不可能になります。また、InstagramはAPI利用規約で、個別案件(one-off projects)のアプリ申請には応じないと定めているため、代理店や制作会社がクライアントの案件ごとに個別のアプリ申請を通すことは実質不可能になり、タグライブのような審査通過済みツールの利用が必須となります。

【タグライブの概要】
「タグライブ」( http://taglive.jp/pr/ )は、InstagramやTwitterから、ハッシュタグがついた写真・動画などの投稿や、企業ブランド・製品・店舗施設に関するクチコミ投稿を自動抽出し、不要な投稿を除外した上で、自由なデザインでサイトに掲載できる、多機能ウィジェットサービスです。ハッシュタグ投稿型キャンペーンの運営用にも最適で、投稿者一覧データの集計も可能です(オプション)。ハッシュタグの複数指定や、Instagram動画のサムネイル表示にも対応しています。本ツールはインスタグラムAPIの審査を通過しており、2016年6月以降も安心してお使いいただけます。

 

InstagramとTwitterから投稿を取得し、管理画面で不適切な投稿を排除した上で、サイトに掲載します。

 

【タグライブの主な用途や、導入が想定される業界】
  • 【企業の広報・宣伝部、広告代理店、Web制作会社】 InstagramやTwitterのキャンペーン。
  • 【消費者向けブランド】 消費者のブランドに関するクチコミや写真投稿を、公式サイトで紹介。
  • 【飲食・美容系の店舗】 店頭のデジタルサイネージに、お店に関するクチコミや写真投稿を掲載。
  • 【観光業界】 旅行者や宿泊客がSNSに投稿した写真を紹介し、世界に対し言葉を超えた魅力をPR。
  • 【放送・イベント】 ハッシュタグでSNSから意見や写真を収集し、事前に検閲した上で放映。
  • 【芸能事務所など】 所属タレント達のSNS投稿を集約し、チェックした上でサイトに掲載。
  • 【その他の協業・OEM先】 広告代理店、Web制作会社、アドテク企業など。


【タグライブの5つの特徴】
1.    ハッシュタグだけでなく、場所IDなど多彩な抽出条件に柔軟に対応
InstagramとTwitterの「ハッシュタグ」だけでなく、店舗などの「場所ID」、Twitterの投稿文に含まれるブランド名などの「キーワード」、「特定のユーザー」からの投稿など、多彩な抽出条件やフィルターに対応できます。複数のハッシュタグのAND、ORの組み合わせや、Instagram動画のサムネイル取得、Twitterから画像付きの投稿のみを抽出表示することも可能です。

2.    リスク管理を考えた、掲載オン・オフ機能つき管理画面
スパム的な投稿、企画趣旨に反する投稿、誹謗中傷や公序良俗に反する投稿、他社の商標や著作権に抵触する投稿などを、管理画面上で簡単に非掲載にすることができます。キーワードなどで取得ログ内を検索して、一括操作することも可能。また、ユーザーからの写真掲載の削除依頼にも迅速に応えることが可能です。

3.    テンプレートに縛られず、自由自在にデザイン可能
表示デザインの形式が定められたテンプレート型のウィジェットツールが多い中、タグライブは導入後も、自由に、アイコン・本文・日付などの表示項目、動きのUIや全体デザインを変更できます(※引用元メディアのロゴや投稿者の名前を隠すなど、Instagram・Twitterの利用規約に反する表示方法は禁止されています)。HTML、CSS、Javascript、Jqueryなどを自由に使用できるため、Web制作担当者が簡単にカスタマイズ可能です(弊社にてデザイン制作代行もできます)。

4.    既存のWebサイトへの導入が非常に簡単
タイムライン型、写真を並べたタイル型、横にスライドするカルーセル型など、美しいデザインを短納期で簡単に導入できる、デザインテンプレートも各種ご用意しています。実際の​導入は、埋め込み用のソースタグ数行を、サイトのHTMLに挿入するだけで完了します。PC、スマホ両用のレスポンシブデザインにも対応しています。

5.    デジタルサイネージや放送など、幅広い用途にデータ連携も可能
収集した写真のデジタルサイネージへの掲載や、イベントや展示会のスクリーンへの反映、放送番組のテロップへの反映など、データ連携が容易で、幅広い活用ができる汎用型のツールとなっています。


【タグライブ導入事例(一部)】
■常盤薬品工業株式会社 ノエビア化粧品
同社化粧品ブランドのエクセルメイク公式サイトに、タグライブを活用した常設のクチコミ掲載ページ「EXCEL TALKING ROOM」を設置。
http://excelmake.com/campaign/exceltalkingroom/index.htm

常盤薬品工業株式会社 ノエビア化粧品 エクセルメイク 公式サイト

 

■富士急行株式会社
富士芝桜まつりのフォトコンテストキャンペーンを、タグライブを活用して開催中です。InstagramやTwitterにハッシュタグつきで投稿された写真を抽出してサイトに掲載しており、会期後には優秀賞を選んで表彰します。
http://www.shibazakura.jp/contest/photo/

富士急行株式会社 富士芝桜まつりフォトコンテスト キャンペーンサイト

 

 

【タグライブ導入企業にとっての主なメリット】
1.    困難なAPI申請やシステム開発を行うことなく、キャンペーンサイトが構築できる。
2.    生のクチコミを公式サイトに掲載することで、ブランドの信頼性を向上できる。
3.    非掲載のコントロールができるため、リスクが最小限に抑えられる。
 

【基本料金と納期目安】
初期導入費 月額利用費
15万円 5万円/月

1ハッシュタグ取得を含む、初期費用 15万円、月額費用 5万円/月。ハッシュタグの追加はオプション料金。
テンプレートそのままのデザイン変更なしでご導入の場合、納期の目安は3〜5営業日。
※長期導入割引や、中小規模の店舗向け割引もございます。販売代理店、OEM提供、データ連動サービス展開、協業などのご相談も受け付けています。


【オプション料金】

 

オプション項目 初期費 月額費
取得条件(ハッシュタグ等)1件追加あたり
 対象メディア: Instagram/Twitter
 取得可能条件: ハッシュタグ/キーワード/場所ID/ユーザー
 ※ハッシュタグは、AND検索、OR検索での指定も可能
+3万円 +2万円
/月
投稿者一覧リストのデータ提供(キャンペーン集計用)
 ※Instagram/Twitterいずれか1回の集計につき
+5万円  
埋め込みウィジェット部分デザイン代行 5万円〜  
ページ全体デザイン代行、キャンペーン企画・運用代行 お見積り お見積り

基本料金内の1ハッシュタグに加えて、Twitterハッシュタグ対応や、Instagramハッシュタグ追加など、計測対象の追加1件ごとに初期3万円、月額2万円。ハッシュタグはAND検索、OR検索での指定も可能です。

キャンペーン後の応募者集計・抽選などに必要な、投稿者一覧リストのデータ提供オプションは、Instagram・Twitterそれぞれ1回集計につき5万円。
埋め込みウィジェット部分のデザイン代行は5万円〜。テンプレートのデザインを、お客様側でカスタマイズする場合には費用はかかりません。その他、ページやサイト全体のデザイン代行、キャンペーンの企画から運用までの代行もいたします(別途お見積り)。
 

【用語の説明】
■『ハッシュタグ』・・・「#キャンペーン」など、冒頭に「#」のついたキーワードを投稿文に含めることで、同じハッシュタグのついた投稿を一覧できる機能。特にInstagramでは、画像に関連するキーワードを中心に、ハッシュタグを複数個つけることが一般ユーザーの習慣になっている。タグライブのようなツールを使うことで、抽出した写真をサイトに掲載したり、キャンペーン用のハッシュタグ付きの投稿のみを集計することが可能。


【アーガイル株式会社について】  http://argyle.jp/
2009年12月創業。本社、東京都新宿区。代表取締役、岡安淳司。
企業理念は「よりよく、つなげる」。事業ポリシーは「おもしろ×アルゴリズム」。創業より「ソーシャルメディア活用支援」を主事業とし、ブランド・コミュニケーション戦略コンサルティング、SNS公式アカウント運用支援、キャンペーン企画・制作、SNS連動システム構築、広告代理などをワンストップで提供する。
2010年4月、日本で最初に開発・販売されたTwitterクチコミ分析ツールの「Arc」 http://arc.argyle.jp/ や、本記事で紹介した「タグライブ」など、自社開発のソーシャルメディア支援ツールも多数。OEM提供も行っている。得意分野であるTwitterとInstagramを中心に、7年で150社以上の企業を支援。
「マイベストでつながる、趣味が同じひと限定SNS Graphy(グラフィー)」  http://graphy.me/ など、自社開発のソーシャルメディアの運営も行う。

【本リリースの内容、サービス導入についてのお問い合わせ先】
アーガイル株式会社  セールス担当:美川  広報担当:岡安
Tel: 03-6457-5789 mail: info@argyle.jp
URL: http://argyle.jp/
〒162-0834 東京都新宿区新小川町9番7号第三服部ビル3F

※文中の社名・サービス名・商品名等は、各社の登録商標または商標です。
※文中の「日本初」はアーガイル社調べによります。
※タグライブの仕様や料金プランは2016年5月時点のものであり、今後変更される場合もございます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アーガイル株式会社
  4. >
  5. インスタグラム対応・多機能ウィジェットサービス「タグライブ - TagLive」がInstagram API審査を通過。アーガイル社が法人向けに販売開始。