“考える力”を数値化する「国語技能検定」第1回開催 小学4年から大人まで 実施は8月21日 申込受付中

第1回は108名を募集 作問者(福嶋 隆史)による解説講義を検定直後にその場で受けられる「半セミナー形式」の検定試験

株式会社横浜国語研究所(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:福嶋 隆史、屋号:ふくしま国語塾)では、2016年8月21日(日)、第1回「国語技能検定(TM)」を横浜駅からすぐの会場(情報科学専門学校)にて開催します。現在、申込受付中です(7月10日から受付中、定員になり次第締切)。小学4~6年生・中高生やその親、学校や塾の教師・講師、あるいは単に思考力を計測してみたい一般の方までを幅広く対象とします。

国語技能検定ロゴ国語技能検定ロゴ

第1回「国語技能検定(TM)」詳細情報

http://www.yokohama-kokugo.com/160821_kokugo_ginou_kentei.html

第1回「国語技能検定(TM)」開催概要
【日時】
2016年8月21日(日)13時15分~16時45分(受検60分・受講90分)
※申込受付開始は2016年7月10日(日)・定員になり次第締切
【会場】
〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-17 相鉄岩崎学園ビル 情報科学専門学校8階
【費用】標準はタイプBです

  • タイプA:16,500円(税込)(受検料・受講料・懇親会料)
  • タイプB:11,000円(税込)(受検料・受講料)
  • タイプC:5,000円(税込)(受講料)

(タイプCは、子の付き添いで来る親が「受講」のみ参加するパターン)
【対象】
小学4年生以上、誰でも(小中高生・大学生・親・教師・他一般)
【定員】
タイプA・B計108名(タイプCを含めると162名)
【級位等】
問題内容は全受験者同一。200点を13段階に分け級位を付与。
特A級には「免許皆伝」、A級には「師範代」の称号も付与。
【備考】
サイトに例題10問あり
http://www.yokohama-kokugo.com/160821_kokugo_ginou_kentei.html

国語力の実体である「3つの力」
・「ふくしま式」と冠された市販の問題集はこれまでに24万8千部発行されており、中でも『ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版]』(大和出版/福嶋隆史著)は、発売された2010年からこれまでに13万部を発行するベストセラー・ロングセラーとなっています(同著者の全著書累計発行部数は46万部超)。
・これだけのニーズが生じている背景として、現代の国語教育現場の問題点が挙げられます。
・端的に言えば、生徒は「何を学んでいるか分からない」、教師は「何を教えているか分からない」状態にあるということです。
・ベネッセによる「第5回学習基本調査」データブック[2015](P.27)(※)によれば、小中学生の好きな教科ランキングで国語はいずれも9位(10教科中)と、生徒の理解度を反映した順位になってしまっています。
※ http://berd.benesse.jp/up_images/research/5kihonchousa_datebook2015_all.pdf
・こうした現象の最大の要因は、「話す力・書く力・読む力・聞く力」という分類にあります。これは、たとえるなら〈運動能力〉を「野球力・サッカー力・バスケ力」などと種目別に分けているようなもの。分類しているようで実は分類できておらず、総合的で、つかみどころのないものです。
〈運動能力〉の実体とは、「走る力・投げる力・跳ぶ力」などの原初的能力であり、それらを個別的に分けて意識すればこそ、それぞれの能力を高めることができます。
・では〈国語力〉ならばどう分類すべきなのか。当社では下図のような分類を提唱しています。
【国語力の正しい分類法】

国語力の正しい分類法(3つの力)国語力の正しい分類法(3つの力)

画像URL: http://www.yokohama-kokugo.com/kokugo_3tu_big.jpg

・言いかえる力(同等関係※整理力)、くらべる力(対比関係整理力)、たどる力(因果関係整理力)(※同等関係とは、抽象・具体の関係のこと)。これら「3つの力」はすなわち「論理的思考力」(=思考技能)であり、これこそが国語力の実体です。これらはスポーツと同じく年齢差があまり影響しません。そして、こうした明確な定義があればこそ、受検者の“考える力”を数値化できるわけです。

太陽である論理的思考力(3つの力)を意識すれば、どの惑星も一度に輝き出す太陽である論理的思考力(3つの力)を意識すれば、どの惑星も一度に輝き出す

■「アクティブラーニング」へのアンチテーゼ
・2014年11月20日の中央教育審議会・諮問(※)以降、教育界では「アクティブラーニング」という言葉が強調されています。これは、教師が積極的に教育するのではなく、児童・生徒の積極性を重んじその自主的活動を見守るといった姿勢を表す言葉です。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1353440.htm
・一方で、児童・生徒の自主性を過剰に重んじるあまり、教育すべき内容が十分に指導されないままになることが危惧されます。その最たるものが、国語技能です。
・国語技能の習得には、なぜ「積極教育」が必要なのか。母語というものが無意識に身についてしまうものであり、意識的な教育があって初めて系統的に学べるものであるということが、その理由です。国語技能検定は、その意味を具体的に示すものであり、「アクティブラーニング」へのアンチテーゼでもあるわけです。

会社概要

【社名】株式会社横浜国語研究所
【代表者】代表取締役 福嶋隆史
【所在地】〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町541-3 オセアンビル501
【設立】2012年7月
【事業内容】
1. 国語専門学習塾の経営
2. 授業ビデオ・指導法ビデオの販売
3. 国語力向上のための講演及びセミナー
4. 前各号に附帯関連する一切の事業
URL: http://www.yokohama-kokugo.com

国語技能検定の趣旨を解説した約8分のビデオ:


「対比の観点を統一して抽象化する」約5分のビデオ:

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社横浜国語研究所 >
  3. “考える力”を数値化する「国語技能検定」第1回開催 小学4年から大人まで 実施は8月21日 申込受付中