外国人向け日本の和食・家庭料理教室 下丸子駅前に9月オープン!四季の食材を使い、だれもが20分で出来る家庭料理を英語で教えます。日本文化・和の心を伝え世界をと日本をつなぐ料理教室です。

外国人に人気の定番家庭料理を中心に、 ちょっとしたおもてなし料理や“ダシのとり方“ ”お米の洗い方“など基本的なことについても教えています。

外国人向け料理教室「わしょクック」は相模大野校・吉祥寺校と2つのスタジオで開催してきましたが、この度3校目が下丸子駅前に9月オープンします。わしょクック株式会社は2016年1月に創業し、「外国人に一般の家庭で食される和食を英語でお教えしえる」料理教室事業を展開しています。http://washocook.com/
レッスン内容
※季節・季節の行事に合わせた、素材とレシピを使い4~5品をご紹介しています。和食の基礎 “ダシのとりかた”は必ず毎回実施。ダシを使って色々な和食が美味しくできる事を覚えて頂きます。
※レッスンの中では食材・行事食の所以やマナー等もお教えします。
※デモストレーションをしながら、材料や調味料等の説明をします。また、日本の調理器具も使いながら、料理をします。
※14名の講師が初めて和食を作る方にも、丁寧にお教えします。
<こんな方に>
日本食が好き/日本の家庭料理に興味がある/日本人とのコミュニケーションをしたい/日本でのリアルな体験をしたい。
いままで料理を全くしたことが無かった方も大歓迎です

和の心を世界に
訪日観光客は1973万人にのぼり(2015年)45年ぶりに訪日外国人が出国日本人を超えました。その数は日本国の人気と共に年々増加し、東京オリンピックを迎える2020年には4000万人を超えると言われています。 また「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことを受けて、日本料理への注目も高まっています。ヘルシーで自然の美しさや季節の移ろいの表現できる“和食”はまさに日本の文化です。
訪日外国人の滞在時の行動は、「もっとDeepな日本を知りたい」という思いから「See(観光)」から「Do(体験)」に移ってきており、「和食料理体験」は、まさにそのニーズに応えた日本の伝統を体験してもらう中核事業です。
わしょクック(株)は訪日外国人に、思い出に残る和食料理体験を通して、日本の文化・和の心を伝えていきたいと考えこの事業を立ち上げました。現在では​外国人に英語で和食を教え事のできる認定講師育成スクールも開校しています。今後は日本全国で外国人が和食を学べ、お互いの文化・言語交流を図り、世界と日本が繋がるお手伝いをしたいと考えています。
<メニュー・コース>http://washocook.com/coursemenu
<下丸子スタジオの場所>http://washocook.com/reservation/reservation-cooking-class

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. わしょクック株式会社 >
  3. 外国人向け日本の和食・家庭料理教室 下丸子駅前に9月オープン!四季の食材を使い、だれもが20分で出来る家庭料理を英語で教えます。日本文化・和の心を伝え世界をと日本をつなぐ料理教室です。