きりん、りそな銀行ら30 億円の資金枠設定により、医療業界初の診療報酬債権予定額の当月支払いを実現するクリニック経営支援サービス「きりん FRM」を開始

~キャッシュフロー、現場負荷を劇的に改善し、診療に集中する環境構築をサポート~

完全無料電子カルテシステム「きりん ZERO」を 12 月 1 日より展開するきりん株式会社 (本社:東京都港区、社長:永用万人、以下きりん)は、同日より経営支援プログラム「きりん FRM」を開始します。
《「きりん FRM」 は、以下の 2 つのサービス》
①診療報酬債権の流動化(以下、ファクタリング)によるキャッシュフロー改善サービス
②レセプトチェックコスト削減サービスからスタートし、今後もクリニックの経営支援のためのサービスを随時追加していく予定です。 

■サービス概要
①キャッシュフロー改善サービス
医療機関が診療報酬明細書(以下、レセプト)を支払基金に請求して入金されるまで通常45 日ほどかかりますが、当社は「きりん ZERO」の診療データを活用することにより、当月中に立替払いを行うことでキャッシュフローを劇的に改善させることを、※業界で初めて可能としました。

②レセプトチェックコスト削減サービス
①によりキャッシュフローを改善するだけでなく、地域の複数のレセプト請求データを解析することで査定・返戻をできるだけ少なくし、かつ算定漏れを防止する等のレセプトチェックサービスを行うことで、収益性の向上と医療事務の方々の負担を大幅に削減するサービスを併せて提供します。 

■サービス開始の背景
従来、ファクタリングは資金繰りが厳しい場合や間接金融による資金調達ができない場合に行うもの、というようにネガティブにとられる側面もありました。当社は、患者さんのために新しい医療を提供したいという先生方に、当月の診療報酬予定額の当月支払いを行うことで、開業当初から診療に集中し、よい医療を提供いただくことに貢献したいと考えています。当社のこうした考えにご賛同いただき、株式会社りそな銀行(以下、りそな銀行)と※ 株式会社マーチ・アセット・マネジメント(以下、マーチ・アセット・マネジメント)からの資金調達により、医療機関が安心して当社のファクタリングを利用できる環境を整えました。今後「きりん FRM」として経営支援のためのサービスを随時追加していきます。

■サービスの特徴
・きりん ZERO を活用し、当月20日締め、25日払いによるキャッシュフローの改善
・レセプトチェックを当社が一括して行うことで、集合知により査定・返戻をできるだけ少なくし、かつ算定漏れを防ぐ等で収益性を向上させる仕組みを構築
・レセプトチェックサービスにより、医療事務の方々の負担を軽減

■サービスにおける協業体制
 本サービスにおいて、当社は医療機関から診療報酬債権を譲り受け、当月分の診療報酬予定額を前払譲渡金額として医療機関に当月支払いを行います。当社は診療報酬債権が確定する前に医療機関に対して支払いを行うため、一定のリスクを負うこととなります。そうしたリスクを負いながら経営支援としてサービスを行う当社の考えにご賛同いただき、りそな銀行およびマーチ・アセット・マネジメントに資金面でのサポートをいただくことで、医療 機関が安心して本サービスを利用できる環境を整えました。本サービスにおいて、当社はマーチ・アセット・マネジメントに対して診療報酬債権を再譲渡し、その譲渡金額の枠として最大 30 億円の設定がなされております。りそな銀行およびマーチ・アセット・マネジメントにとっても診療報酬を再譲渡するスキームは初めての取り組みとなります。

※弊社調べによります。キャッシュフロー改善サービスはビジネスモデル特許を出願中です。 ※株式会社マーチ・アセット・マネジメントは売掛債権等の流動化のために設立された特別目的会社になります。

会社概要
商号 :きりん株式会社
代表者 :代表取締役 永用 万人
所在地 :〒107-0062 東京都港区南青山 3-1-31 NBF 南青山ビル 9F
設立 :2013 年 12 月
事業内容 :電子カルテ開発・運用保守事業
スマホアプリ・Web システム開発事業 資本金 :149,480,000 円
URL :http://xirapha.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. きりん株式会社
  3. きりん、りそな銀行ら30 億円の資金枠設定により、医療業界初の診療報酬債権予定額の当月支払いを実現するクリニック経営支援サービス「きりん FRM」を開始