健康経営により、従業員のモチベーションが高まることを実証

従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラムにて成果を発表

一般社団法人 人と組織の活性化研究会(大阪市、代表理事:石見一女)は、当会が主催する「HHH(スリーエイチ)の会」で行った参画企業による実証実験にて、健康経営の実践により従業員のモチベーションおよび組織へのコミットメント等が高まることを明らかにしました。この成果について、2017年5月28日(日)に開催する『従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラム』で発表します。当フォーラムでは、当成果のみならず、健康経営を含めた「働き方改革」のあり方について実践事例を交えて発信を行います。
「HHHの会」は、昨年3月に企業経営者と経営学者とが協働して健康経営®の経営的意義について実証的に取り組む単年度の勉強会として発足し、今年3月に活動を終了しました。(※詳細は後述。健康経営®は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。)

HHHの会は、神戸大学大学院経営学研究科(国立大学法人 神戸大学:兵庫県神戸市、学長:武田廣)の金井壽宏教授を座長、武蔵大学経済学部(学校法人根津育英会武蔵学園:東京都練馬区、学長:山㟢哲哉)の森永雄太准教授を副座長とし、アドバイザーとしてNPO法人健康経営研究会理事長の岡田邦夫氏、神戸大学名誉教授の加護野忠男氏を迎えて、経営的アプローチを伴った日本初の実践的な取組みとして活動しました。
本取組みでは、当会の事務局である株式会社Be&Do(本社:大阪市、社長:石見一女)が提供するエンゲージメントツールHabi*doを用いた「健康100日プロジェクト」を、共通の健康経営施策として参画企業各社の従業員を対象に実施し、その事前および事後に、当会副座長である森永准教授が作成した質問紙調査を実施しました。調査項目は、従業員の健康増進活動が経営に与える影響について明らかにすることを目的に、企業活動における生産性と関連の深いモチベーションやコミットメント、職務・職場への取組み姿勢などの測定項目を用いました。

事前事後のマッチングデータが得られた計13社715名のデータ分析の結果、企業の生産性に結びつく複数の項目で有意な効果があったことが明らかになりました。

 

 

この成果は、「働き方改革」が叫ばれ、従業員の自律と主体性を引き出し生産性を高めることが企業における喫緊の課題となっている今日において、大きな示唆となり得ることを確信し、広く社会に発信することを目的にフォーラムを開催いたします。当フォーラムでは、HHHの会で主要テーマとした健康経営のみならず、従業員のイキイキとした自発的な行動を生み出すための「働き方改革」に焦点を当て、企業経営者や働き方改革推進担当者はもちろんのこと、イキイキと働き続けたいと考える個人にとっても有用な発信を行います。

従業員の自律と主体性を引き出す「働き方改革」フォーラム 開催要項(予定)
・日時:2017年5月28日(日)13:00~17:30
・場所:神戸大学 六甲台第1キャンパス 六甲台本館Ⅰ-102(神戸市灘区六甲台町2-1)
・主催:一般社団法人 人と組織の活性化研究会
・共催:神戸大学大学院経営学研究科 /後援:(予定)経済産業省
・参加費:4,000円(懇親会は別途実費/希望者のみ)
・内容(予定):    

1.HHHの会 「健康経営」実証研究の成果報告
武蔵大学 経済学部 森永雄太准教授

2.従業員の自律と主体性を引き出す「健康経営」・「働き方改革」の実践例紹介
ロート製薬株式会社(取締役副社長兼チーフヘルスオフィサー ジュネジャレカ様他)
カルビー株式会社 執行役員人事総務本部長 江木忍様  他数社 登壇者調整中

3.応援講演「成長戦略としての働き方改革 ~Workstyle Innovation and Growth~」
経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室 藤岡雅美様

4.パネルディスカッション
<ファリシテーター>
神戸大学大学院経営学研究科 金井壽宏教授
<パネラー>
経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室 藤岡雅美様
武蔵大学 経済学部 森永雄太准教授
ロート製薬株式会社 取締役副社長兼CHO ジュネジャレカ様
カルビー株式会社 執行役員人事総務本部長 江木忍様 他登壇者調整中


※フォーラム詳細・参加申込は下記より

https://apoken.com/workstyle-innovation-forumn-20170528

※HHHの会について(https://hhh.apoken.com/
2016年3月に、企業が健康経営の実践を行うことで、従業員のイキイキとした自発的な行動を生み出し、双方にとっての幸福を目指すことを目的に掲げ、Health(健康施策)×Human(従業員)=Happiness(企業と従業員の幸福)の頭文字を冠した「HHHの会」として発足しました(2016年度の単年度の実践勉強会)。

参画企業は、発起企業であるカルビー株式会社(本社:東京都千代田区、社長:伊藤秀二)、株式会社ルネサンス(本社:東京都墨田区、社長:吉田正昭)、ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)の3社を含め、株式会社イーウェル(本社:東京都千代田区、社長:藤田玲)、エア・ウォーター株式会社(本社:大阪市、会長:豊田昌洋)、エア・ウォーター防災株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:青田良一)、株式会社エネゲート(本社:大@阪市、社長:岡田雅彦)、鎌倉市役所(神奈川県鎌倉市、市長:松尾崇)、株式会社JTBベネフィット(本社:東京都江東区、社長:重田毅)、白石工業株式会社(本社:大阪市、社長:白石恒裕)、新日本無線株式会社(本社:東京都中央区、社長:小倉良)、生活協同組合コープこうべ(本社:兵庫県神戸市、組合長:本田英一)、積水化学工業株式会社(本社:大阪市、社長:髙下貞二)、トヨタカローラ南海株式会社(本社:大阪府堺市、社長:久保尚平)、ミズノ株式会社(本社:大阪市、社長:水野明人)、株式会社吉野家ホールディングス(本社:東京都中央区、社長:河村泰貴)他 計17社。(50音順)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 人と組織の活性化研究会 >
  3. 健康経営により、従業員のモチベーションが高まることを実証