【営業マーケティング支援型VC】業務効率化/効果改善SaaS領域のスタートアップに投資するベンチャーキャピタル「REALITY ACCELERATOR」が誕生、1号ファンドでの投資活動を開始。

B2Bの業務改善/効果改善SaaSサービスのスタートアップに特化し投資を行う。営業マーケティングを強力支援し短期間での単月黒字化/利益極大化を目指す。当ファンドには上場企業中心に事業会社が出資する。

業務効率化/効果改善SaaS領域のスタートアップに投資するベンチャーキャピタル「REALITY ACCELERATOR」を設立。13億円の資金規模を目標とするファンド「Reality Accelerator 1号投資事業有限責任組合」を組成し、投資活動をスタートした。

代表を務めるのは郡 裕一。これまでも50社以上のスタートアップに週次メンタリングを行い、創業以前からの起業家の支援に加え、営業マーケティングに力を入れる。テレマーケティングやWEBマーケティングを支援し、中小企業から大企業向けまで幅広く営業活動により顧客獲得を進め、出資先各社の出資後半年〜1年以内での単月黒字化・利益化を目指して現場支援する。

ファンドに現時点で出資しているのは株式会社エルテス、朝日メディアラボベンチャーズ株式会社、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社。上場企業中心に出資パートナーを今後追加予定。

業務効率化/効果改善SaaS領域のスタートアップに投資するベンチャーキャピタル「REALITY ACCELERATOR」を設立。約13億円の資金規模を目標とするファンド「Reality Accelerator 1号投資事業有限責任組合」を組成し、投資活動をスタートした。

  (写真左:郡 裕一、 写真右:竹内 壮輔)

代表を務めるのは 郡 裕一(こおり ゆういち)。一橋大学卒業後、株式会社エフ・コード、人人網(RenRen)の日本法人であるグミィ株式会社を経てOtsumu株式会社を創業、新規事業開発やKPI改善コンサルティング事業の傍らスタートアップ支援も行い、すでに50社以上のスタートアップに週次メンタリングを行ってきた。エンジェル投資での出資先は全て50倍以上のバリューアップを既に果たしている。また朝日メディアアクセラレータープログラム(朝日メディアラボベンチャーズ株式会社)、AI.Accelerator(ディップ株式会社)、ReTech Accelerator Program(株式会社インベスターズクラウド)とのアクセラレータプログラムなどでもメンターを手がける。
共同でパートナーを務めるのは 竹内 壮輔(たけうち そうすけ)。VOYAGE VENTURESを経てREALITY ACCELERATORを共同で立ち上げた。 

【目標達成志向の現場支援】HOWに特化した現場支援が特徴、シードから一気にシリーズAを目指す
よくありがちな「目標だけを設定する」ハンズオンではなく、目標を達成するための現場支援(戦略/作戦/戦術策定支援、営業マーケティング施策立案〜実行、営業同行、外注先の推薦やCPA調整)を行い、実績数値の積み上げによりトップスピードでシリーズAへの橋渡しを行う。

 

 

 

 

【ファイナンス支援】SaaS領域に特化したファンドでのファイナンス支援、次期調達先も紹介
「月額課金による安定的な収益基盤」、「Jカーブを掘らない成長曲線」「スケーラビリティ」を兼ね備えたSaaSサービスを展開するシード〜アーリーのフェーズのスタートアップに出資を行う。また、パートナーVC、パートナー事業会社/CVCへの紹介により次フェーズの資金調達も確実に行える体制を作る。



【営業マーケティング支援】パートナー企業群と行う営業マーケティング支援によりスタートアップに投資後、半年以内の単月黒字化を目指す
テレマーケティングやクロージング営業の外注先の選定、スタートアップとのセミナー共催など再現性の高いベストプラクティスを全投資先に展開することで、リソースの少ないスタートアップでも安定して確実に実績数値を上げていくことを可能にする。



【アライアンス支援】大企業とスタートアップとのコラボレーションのサポート
大企業とスタートアップとの連携におけるアライアンス先開拓、資料作成、プロジェクトの土台作り、初期PMまでを担当。大企業に積極的にスタートアップサービスを紹介しながらプロジェクト組成を図る。

朝日メディアアクセラレータープログラム(朝日メディアラボベンチャーズ株式会社)、AI.Accelerator(ディップ株式会社)、ReTech Accelerator Program(株式会社インベスターズクラウド)とのアクセラレータプログラムなどでもメンターを手がける。

【13億円規模のファンドを目指す】大企業とのアライアンスを加速
ファンドに現時点で出資しているのは株式会社エルテス、朝日メディアラボベンチャーズ株式会社、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社。上場企業中心に出資パートナーを今後追加予定。

◼︎ファンド概要
ファンド名称:Reality Accelerator 1号投資事業有限責任組合
ファンド規模:13億円(目標)
投資対象:SaaSスタートアップ
投資地域:国内、ヨーロッパ

◼︎今後について
①SaaSスタートアップへの投資と並行して営業マーケティング支援を行なう。以下のようなスタートアップを募集している。
・プロダクトは開発しているが営業マーケティングに不安のあるスタートアップ
・販売は開始しているものの、価格設定や営業パイプライン構築などに不安のあるスタートアップ
・その他、事業検証をサポートしてほしいスタートアップ

②事業会社・大企業とのアライアンスを拡大する。以下のような事業会社と連携を強化予定。
・現状のオープンイノベーション施策をさらに具体的なものにしたい事業会社
・オープンイノベーションにこれから取り組みたい事業会社
・スタートアップへの投資を行なっていきたい事業会社/CVC

公式情報




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Reality Accelerator有限責任事業組合 >
  3. 【営業マーケティング支援型VC】業務効率化/効果改善SaaS領域のスタートアップに投資するベンチャーキャピタル「REALITY ACCELERATOR」が誕生、1号ファンドでの投資活動を開始。