東洋インキグループ、「エコプロ2017」に出展

バイオマスソリューションでサステナブルな社会を

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 山﨑 克己、東京都中央区)は、2017年12月7日(木)~9日(土)に東京ビッグサイトにて開催される環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展」(第19回)にグループとして出展いたします。
今回、東洋インキグループは、「バイオマスソリューションでサステナブルな社会を」をテーマとして、パッケージ印刷と商業印刷におけるバイオマス製品を紹介いたします。地球環境問題への関心が高まる中、地球温暖化とともに人口増加や生活の変化による天然資源の枯渇や、生物多様性への配慮が企業にも求められています。東洋インキは、印刷インキの原材料からの根本的な見直しをはじめ、石油由来原料から植物由来原料への置き換え、CO2の排出量の大幅削減、そして国際的な地球温暖化対策を受けた日本政府の温室効果ガス削減目標への貢献に取り組んでいます。2020 年に向け、環境への関心の高まりがさらに大きくなると見込まれる中、今後も環境に配慮した製品を通じて環境への取り組みを積極的に推進してまいります。
 
  • 会期:2017年12月7日(木)~9日(土) 10:00~17:00
  • 会場:東京ビッグサイト(東京都江東区) 東1~5ホール
  • 主催:(一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社
  • ブース番号:東1ホール 1-051
  • 出展テーマ:「バイオマスソリューションでサステナブルな社会を」
  • 主な出展製品:各種印刷方式に対応したバイオマスインキ・接着剤の紹介(グラビアインキ、フレキソインキ、オフセットインキ、枚葉インキ、ラミネート接着剤、ホットメルト接着剤など)
  • 出展会社:東洋インキ株式会社、東洋モートン株式会社、東洋アドレ株式会社、東洋インキSCホールディングス株式会社

■  エコプロ2017 公式ウェブサイト:http://eco-pro.com/2017/
■  東洋インキウェブサイト エコプロ出展案内ページ:http://www.toyoink.jp/ja/event/eco-pro2017/


東洋インキ株式会社について
東洋インキ株式会社は、東洋インキグループの中核事業会社の一つとして、「パッケージ関連」および「印刷・情報関連」事業を担い、埼玉県川越市に生産拠点を有し、独創的な製品・サービスで市場をリードする企業です。

創業以来培ってきた高い技術力を誇るインキで、生活の中のあらゆる媒体に彩りと機能を付与しています。

また、色の専門企業ならではのユニークなツールとして、カラーコミュニケーションアプリ「TUBUCOLOR®」、カラーユニバーサルデザイン支援ツール「UDing™」および「UDing™ ディザ」を提供しています。

 東洋インキの詳細については、ウェブサイト(www.toyoink.jp;和文・英文)をご覧ください。
※  TOYO INK、TOYO INKロゴ、TUBUCOLORおよびUDingは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東洋インキ株式会社 >
  3. 東洋インキグループ、「エコプロ2017」に出展