「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」にて上野千蔵によるアートインスタレーション《水面 -minamo-》を水分神社にて展示開始


型にはまらない、唯一無二の価値感や視点を、作品を通じて、日本から世界に発信している、映像会社株式会社NIONの映像作家である上野千蔵が10月3日(土)より奈良県の吉野町、天川村、曽爾村の3か所にて開催される芸術祭「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」にてアーティストとして参加します。奥大和で撮影した浮世絵の様な水の映像作品《水面 -minamo-》を水分神社にて展示されます。
■作品概要
無味無臭、無色透明。形無く流れるからこそ、どんな色や形にも姿を変えることができる水。時間の尺度の違いこそあれ、鉱物や有機物、私達生物も水の様に流転する流れによって、同じ様に形作られているのではないだろうか。その生命の振動の一端を、無色透明な水が色鮮やかに見せてくれます。
創建が不詳な程歴史が古いこの神社は、水の配分を司る天之水分大神を主神とし、吉野の山の最奥部から東西南北に分かれる四つの川の源流に鎮座していたとされる。そこから奥大和中に流れて行った美しい水の映像を集め、本殿を正面に対峙する位置から、奉納するように本作品は展示されています。
奈良という神話、つまりそれは自然に溶け込むほど歴史の深く山深い地で、悠久に流れ続けてきた時間の流れを、水を通して体感して下さい。 

 

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館



MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館 開催概要

会期:2020年10月3日(土)〜11月15日(日)
会場:奈良県 吉野町、天川村、曽爾村
入場料:無料
主催:奥大和地域誘客促進事業実行委員会、奈良県
協力:株式会社ヤマップ
プロデューサー:齋藤精一(ライゾマティクス・アーキテクチャー代表) 
キュレーター:林曉甫(特定非営利活動法人 インビジブル 理事長) 
参加アーティスト:井口皓太、上野千蔵、oblaat、菊池宏子+林敬庸、木村充伯、毛原大樹、齋藤精一、坂本和之、佐野文彦、力石咲、中﨑透、西岡潔、ニシジマ・アツシ、細井美裕、他 
ウェブサイト:https://mindtrail.okuyamato.jp
概要お問合せ:奥大和地域誘客促進事業実行委員会事務局(奈良県総務部知事公室奥大和移住・交流推進室内)0744-48-3016

■アーティストプロフィール
上野千蔵
1982年鹿児島県出身。映画、広告、ミュージックビデオで活動。
2011年撮影監督として独立。近年は映像作家としても活動。広告、MVでキャリアをスタートしCannes Lions, D&AD, New York Festivals Gold, ACC, 文化庁メディア芸術祭などでグランプリ、撮影賞多数受賞。映画作品に「太陽の塔 TOWER OF THE SUN」(2018)、「宇宙でいちばんあかるい屋根」(2020)など。
HP: https://senzoueno.tokyo
SNS
facebook: www.facebook.com/ueno.senzo/
instagram: https://instagram.com/senzo_ueno/
vimeo: https://vimeo.com/senzoueno

 
 

Honda “Go Vantage Point”Honda “Go Vantage Point”

POLAPOLA

Young Juvenile Youth “Her”Young Juvenile Youth “Her”



 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NION >
  3. 「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」にて上野千蔵によるアートインスタレーション《水面 -minamo-》を水分神社にて展示開始