【東宝総合警備保障】シニア人材に特化したの就職支援サービス「お仕事カエル」を開始

超高齢化社会、人口減少、労働力不足…シニアの働き方、シニア労働力の活用方法について真剣に考える時代になりました。

東宝総合警備保障株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼CEO 龍原 正)は、シニア人材に特化した就職支援サービス『お仕事カエル』のサービスを開始いたしました。【 https://oshigoto-kaeru.com/

 

 

 
  • お仕事カエルのサービス
お仕事カエルはシニア世代に特化した就職支援サービスです。

警備会社が運営しているサービスなので、警備業の紹介はもちろんですが、お取り引き先企業などでシニア人材を募集している企業とシニア求職者をマッチングさせるサービスを展開しています。

シニアの方でなかなか仕事が見つからない方のご相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

もちろん無料サービスです。

《お仕事カエル》 https://oshigoto-kaeru.com/

 
  • シニアの労働力と就職活動

活用できていないシニアの労働力

年金の受給年齢が引き上げられ、65歳定年制が実施されるようになり、60歳で引退するという認識は年々薄れているかと思います。実際に内閣府の調査では、仕事をしている60歳以上の方で65歳以上でも働きたいと思う人の割合は約8割となっています。

出典:平成29年版高齢社会白書[1-2-4高齢者の就業-図1-2-4-3](内閣府)出典:平成29年版高齢社会白書[1-2-4高齢者の就業-図1-2-4-3](内閣府)


ところが、同じく平成29年度の65~69歳の就業率を見ると、実際には44.3%と半分以下の方しか働いていないことがわかります。働く意思があるにもかかわらず働けていないシニアの労働力が、まだ潜在的に多くあることが言えます。

出典:統計からみた我が国の高齢者[2.高齢者の就業-図7](総務省統計局)出典:統計からみた我が国の高齢者[2.高齢者の就業-図7](総務省統計局)


現実的には難しいシニアの就職活動

実際にシニアの方が求人に応募すると、体よく断られる話を耳にします。


様々な理由があるとは思いますが、もともとシニアの方を募集していない
求人に応募している可能性もあります。現在は、雇用対策法により求人を
行う際に原則的に年齢制限を設けてはいけないため、募集要項に実際に
求めている年齢層が記載されていないことが原因の一つにあるかと思います。

 


当サービスでは、求職者と企業の双方で条件に合った際にのみマッチングを
行うので、無駄な就職活動を行うことがありません。
まずはお気軽にご相談ください。

 
  • 会社案内
【会社概要】
・名称

 東宝総合警備保障株式会社
 (Toho Sogo Security Guard Inc.)
・代表者
 代表取締役会長 兼 CEO 龍原 正
・設立
 1978(昭和53)年5月
・所在地
 東京都渋谷区渋谷2-15-1
 渋谷クロスタワー30階
・TEL
 03-3499-6481(代表)
・FAX
 03-3499-6510
・URL
 https://toho-sec.com/

【東宝警備その他の提供サービス】
・あんしん顔認証
 https://toho-sec.com/faceauth/
・盗聴・盗撮調査サービス(あんしん.com)
 https://anshin.com/tocho/
SAFETY HOSPITALITY ATTENDANT
 https://toho-sec.com/attendant/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東宝総合警備保障 >
  3. 【東宝総合警備保障】シニア人材に特化したの就職支援サービス「お仕事カエル」を開始