シリア難民シェフに厨房を!IT企業のテック・メス・ライフ(株)がシリア料理レストランオープンのためのクラウドファンディングを開始

シリア人の強みを活かした就労支援の新しい形の模索第1弾!

テック・メス・ライフ株式会社(代表取締役:森川智貴)は、「シリア人の強みを活かしたシリア難民のため
の就労支援プロジェクト」の第1弾として、シリア難民シェフによるシリア料理レストラン「Nazem(ナーゼ
ム)」をオープンさせるためのクラウドファンディングを、クラウドファンディングサービスのCAMPFIRE
にて8月27日より開始します。

 


【背景】
内戦によって、住居も職も普通の日常生活も奪われ、世界中で居場所を探し求めているシリア難民は510万人に も及びます。やむなく故郷を去った彼らに、居場所と、シリアで平和に暮らしていた頃のような活躍できる場を作り たい、という想いがこのプロジェクトの原点です。 単なる就労支援ではなく、シリア人であることとシリア文化を最大限に活かせる就労支援の第1弾として、日本で は認知度が低い「シリア料理」に着目。シリア料理レストランのプレオープンに必要な資金を、クラウドファンディン グで募ります。

【シェフの紹介】

シリア人シェフのNazem(ナーゼム)さん(55歳)は、シリアの一流ホテル で長年シェフとして活躍していましたが、戦争の影響を受けてシリア難 民となりました。故郷を追われた後は、ドバイのレストランで働いていま したが、ドバイは物価水準が高いため住み続けることが難しくなり、家族 と一緒に日本へやってきました。

【シリア料理レストラン「Nazem(ナーゼム)」プレオープン概要】
・プレオープン日時:2018年9月4日(火) ~9月8日(土) 11:30~14:00

・場所:AOYAMA TERRACE (東京都港区北青山2-3-1 ITOCHU GARDEN 2F-B号)

※まずは5日間限定・ランチのみでスタートし、徐々に開催期間 を延ばしていく予定です。
 

【場所】
AOYAMA TERRACE
住所:〒107-0061 東京都港区北青山2-3-1 ITOCHU GARDEN 2F‐B号 AOYAMA TERRACE

 

【今後の展望】

日本へやってきたシリア難民は「言葉の壁」がその他の国と比べて大きいと言います。 そのハードルをなくすために、店舗などのビジネスの立ち上げに日本人が関わっていく仕組みを作っていきます。

*シリア料理一例*
 

 

 


【クラウドファンディングについて】
●クラウドファンディングサービスCAMPFIRE(https://camp-fire.jp
●本プロジェクトURL(https://camp-fire.jp/projects/view/93290
●目標金額:300,000円

【SNS媒体】
・twitter:https://twitter.com/Nazem35331417

・Facebook:https://www.facebook.com/syriarestaurant

【テック・メス・ライフ代表 森川智貴の想い】

「シリア人の就労支援」と書きましたが、私は、純粋に、たくさんの人にシリア料理を食べてもらいたい、その先に、継続的なシリアへの関心、ひいては支援につながることを願っています。日常に戻ると忘れてしまいがちな遠くの国のことではありますが、料理や食事の時間を楽しみながら、異文化への理解や興味を深められたら、豊かな時間になると信じています。このプロジェクトにスタッフとして関わりたい方も随時募集しております。

是非、このシリア料理レストランのオープンに向けて、ご支援のほど何卒よろしくお願いします。
【テック・メス・ライフ株式会社について】

代表者:代表取締役 森川智貴

設立:2017年3月1日

Tel:080-3082-0146

URL:https://techml.co.jp/
事業内容:デジタルマーケティング・経営コンサルティング・街づくりプロデュース

お問い合わせ先(担当者:森川智貴):info@techml.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テック・メス・ライフ株式会社 >
  3. シリア難民シェフに厨房を!IT企業のテック・メス・ライフ(株)がシリア料理レストランオープンのためのクラウドファンディングを開始