SPOTとナビタイムジャパンがデータ連携を開始

「Smart Park」導入駐車場の空車情報を、ナビタイムジャパンのナビゲーションサービスに配信

IoTを活用した駐車場マーケティング支援サービス「Smart Park」を運営する株式会社SPOT(本社:東京都中央区、代表取締役社長:金子 素久、以下「SPOT」)は、ナビゲーションサイト・アプリの運営・開発等を行う株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 啓介、以下「ナビタイムジャパン」) とデータ連携を開始いたしました。これにより、「Smart Park」導入駐車場の空車情報は、ナビタイムジャパンが提供するナビゲーションサービスに配信されることになり、より多くのドライバーに空車情報を届けることが可能になります。SPOTでは今後のサービスリリースに向け、順次対応を行ってまいります。
空車情報をインターネット上でリアルタイム配信することは、ドライバーの利便性向上、駐車場の稼働率向上の両面から、効果的なマーケティング施策として認識されています。しかしながら、空車情報のインターネット上でのリアルタイム配信に対応できている駐車場運営会社は少数にとどまり、約7割の駐車場はシステム対応に伴う設備投資負担の問題から、対応ができていません。

「Smart Park」は、特許取得済のIoTセンサーにより、駐車場の満空情報を取得することで、駐車場のマーケティングを支援するサービスで、都内の時間貸し駐車場を中心に1,000件以上の導入実績があります。センサーは駐車場の看板に後付け可能で、15分程度で設置が完了するため、すぐにマーケティングを始められるという点が特徴です。

今回の連携により、「Smart Park」を導入する時間貸し駐車場は、ナビタイムジャパンのカーナビアプリ「カーナビタイム」「NAVITIMEドライブサポーター」等、複数のナビゲーションサービスに、空車情報を表示させることが可能となります。これによって、より多くのドライバーの駐車場探しをサポートするとともに、駐車場運営会社に、より効果の高いマーケティングサービスを提供することが可能となりました。

                   《Smart Parkサービスイメージ》

                  《カーナビタイム満空表示イメージ》

SPOTは、快適なドライブ環境の実現に向け、今後もサービス開発を行ってまいります。


■SPOTとは
SPOTは、独自のIoTセンサーを用いたデータソリューションを提供しています。駐車場マーケティング支援サービス「Smart Park」をはじめ、自動運転時代のデータインフラとなることを目指し、駐車場の動的情報プロバイダーとして事業を展開しています。

■ナビタイムジャパンとは
ナビタイムジャパンは、トータルナビゲーションサービス「NAVITIME」をはじめとする各種ナビゲーションサービス等の開発・運営を行っています。人々がより安心・安全に移動ができるように、更なるサービスの向上に努めてまいります。
・「カーナビタイム」通信圏外でも使える本格派カーナビアプリ
iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id555847992?mt=8
Android OS:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.carnavitime
・「NAVITIMEドライブサポーター」使いやすい人気モデルのカーナビアプリ
iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/navitime-for-iphone/id413487517?mt=8
Android OS:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitimedrive

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社SPOT
担当:藤本(フジモト)
オフィス: 〒104-0028 東京都中央区八重洲2丁目11-2 城辺橋ビル4階B号室
Tel: 03-6262-5747
Email: info@spot-in.jp
URL: http://smart-park.jp/  

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SPOT >
  3. SPOTとナビタイムジャパンがデータ連携を開始