スニーカー特化の売買プラットフォーム"モノカブ"が登場

スニーカーの売買サイト「モノカブ」を株式会社Brhinoがローンチ。二次流通市場での売買で偽物を撲滅することを目指す。 売買の仕組みを変える。

株式会社ブライノがスニーカー特化型の売買プラットフォーム"モノカブ"を公開しました。
現在の売買サイトでは偽物が流通しており、鑑定付きの売買サイトとして安心して売買すること、価格の安定化を目指します。

株式会社Brhino(株式会社ブライノ、本社:東京都渋谷区)は5月29日より開始していた、モノカブ(https://monokabu.com)をローンチすることを発表します。
モノカブではCtoC売買プラットフォームを提供します。​

 

 

モノカブとは個人間で新品の商品(現在はスニーカー特化)を売買できるプラットフォームで、取引時に全ての商品をモノカブが鑑定することで偽物を排除する仕組みとなっています。



サービス自体は5月29日よりベータ版がリリースしており、すでに毎日売買が行われています。

【安心できる売買のための取り組み】

昨今、ストリートウェアの人気、また個人間での売買が活発になる中、海外で製造されてた巧妙で悪質な「偽物」が国内の二次流通市場にも多く流れ込んできているのが事実です。

その上、偽物もどんどんバージョンアップしている。現在出回っている偽物の中でも巧妙なものは写真だけでは見分けることが困難になってきています。

その点「モノカブ」では偽物の流通データベースを独自に保有していること、そしてスニーカーを長きに渡り携わってきた鑑定士が実物をチェックし、購入者が安心して購入できるシステムを採用しています。

 

鑑定されたスニーカーにはモノカブのタグがついて届きます。鑑定されたスニーカーにはモノカブのタグがついて届きます。


【個人間のトラブルを防止】

すべての取引をモノカブ経由にすることで、個人間のトラブルを無くす役割を果たしています。

現在のフリマアプリなどでは匿名発送といった個人間トラブルを防ぐ手法が増えてはいるものの、今だに住所や電話番号が個人間で公開されてしまうケースは多いです。
取引をモノカブが仲介することにより、確実な匿名化をしています。また、商品が届かないといったことや、受取確認がされず出金手続きが行えないことや、*すりかえといったトラブルを未然に防ぐ役割にもなっています。

*すりかえとは、返品を求めて応じた際に返品されてきた商品が、偽物とすりかえられていることです。

【価格の可視化】

既存のオークションでは購入者が希望金額をあげ続け、過熱し過ぎて高騰するといったこともあります。
また、フリマなどでは出品者が値段を提示するが、提示価格が低すぎて出品者が損すること、もしくは購入者がコメントで値段交渉するというスキームで、両者ともに手間やトラブルに繋がっています。

そのため「もの」を株式のように売買することが最適であると考え、購入者、販売者共に「指値」ができるシステムを採用し、価格の適正化を図るとともに、スムーズな取引を実現します。

現在モノカブではスニーカーのみを対象となっていますが、体制が整い次第、様々な商品を追加していく予定です。

現在モノカブでは売買手数料を無料としています。
https://monokabu.com

■会社概要
株式会社Brhino
代表者: 濱田航平
住所: 東京都渋谷区渋谷3-1-9
ホームページ: https://b-rhino.com
サービスページ: https://monokabu.com
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Brhino >
  3. スニーカー特化の売買プラットフォーム"モノカブ"が登場