“後輩との絆の強さ”で採用決定!面接官に社会心理学者を起用し『慕われる先輩』を発掘 「先輩・後輩 二人三脚採用」を導入 7月26日よりエントリー開始

PR×デジタルでコミュニケーションをデザインするシグナル ~心理学に基づいた 「先輩・後輩の関係性」 や「対人関係構築能力」 等の面接手法を開発~

 WEBを活用した総合的なPR活動を支援する株式会社シグナル(本社:東京都港区、代表取締役社長:草場 大輔)は、2019年度の新卒採用における特別選考枠として、面接に候補者とその後輩の2人1組で参加いただく「先輩・後輩 二人三脚採用」を本年度より導入、2018年7月26日(木)よりエントリーを開始します。
 本選考までに、当社で活躍する社員を分析し、ペルソナの分析を行いました。そのペルソナの特徴の中でも、「後輩に慕われ、後輩を育てることができる能力」が当社の新卒採用にとって一番重要だと考えました。そこで、採用学研究所(運営:株式会社ビジネスリサーチラボ)と社会心理学者の正木 郁太郎氏の協力のもと「先輩・後輩の関係性」 や「対人関係構築能力」 等を評価する独自の面接手法を開発しました。
 面接官は当社の採用担当が務めるほか、面接の模様については正木氏にも分析いただき、心理学の観点からも“後輩との絆の強さ”と“当社業務との親和性”を判断します。

■「先輩・後輩 二人三脚採用」実施の背景
 当社は今年で設立13年目をむかえ、従業員の数も大幅に増加し事業を拡大しています。今後、当社が更に成長を続けていくうえでは従業員個々の能力向上が必要不可欠であり、人材を育成することのできる素質を持つ「後輩に慕われリーダーシップのとれる人材」が必要と考えます。
 今回実施する採用の選考基準は“後輩との絆の強さ”や“当社業務との親和性”です。選考では、候補者とその後輩の帯同面接を実施。社会心理学者・正木 郁太郎氏監修のもと、回答や仕草から『慕われる先輩』を発掘します。

【株式会社シグナル 代表取締役(CEO)草場 大輔コメント】
 過去に類を見ないほどの採用難の時代を迎え、超有名企業や大企業においても優秀な新卒生の獲得に躍起になっています。一方で、統計では入社3年以内の離職率も3割を超えており、ミスマッチも多く発生していると思われます。当社においては、こういった事象に注目し、学生と企業のミスマッチを起こさないためにも、当社の社風に本当の意味で適合し、活躍が期待できる人材をピンポイントで採用可能な方法を模索していました。正木先生の協力の元、『二人三脚採用』の活用に行きつきましたが、将来は『二人三脚採用』に限らず、学生と企業が満足し、ミスマッチを起こしにくい採用メソッドとして昇華させ、広く提供してくことも検討しています。
【株式会社シグナル 2年目Mコメント】
 後輩のやっている仕事の大切さや、仕事をやり抜く楽しさを伝え、やりがいを見出せる人材が理想です。辛さや苦悩を分かち合え、また喜びを共有できる方と一緒に働きたいと思います。また、どんなに忙しい状況でも後輩の話しに真剣に耳を傾ける思いやりがあり、柔軟性と自分の軸をしっかりと持っている方と一緒に働きたいです。

<「先輩・後輩 二人三脚採用」募集概要>
■応募資格
・大学・大学院を卒業(見込み)の方で2019年4月に入社できる方
※既卒可(卒業後1年未満の方、もしくは卒業後、就業経験が1年未満の方)
・面接当日、推薦者の後輩と一緒に参加できる方
・帯同する後輩の条件:大学や課外活動、バイトなどエントリー者と6か月以上の付き合いがある後輩

■応募期間
2018年7月26日(木)~9月30日(日)23:59まで ※応募状況によって早期終了の場合有

■応募方法
下記ページをご確認のうえ、応募フォームよりご応募ください。
https://signal.tokyo/2019recruit

■選考フロー
①エントリー ☞ ②先輩・後輩帯同面接 ☞ ③内定 ☞ ④入社(2019年4月)
 

<プロフィール>
■正木 郁太郎 氏(まさき いくたろう): 社会心理学者
2017年、東京大学大学院人文社会系研究科博士後期課程修了、博士(社会心理学)。
現在は東京大学総合教育研究センターで特任研究員を勤める傍ら、個人の活動として企業と連携し複数の産学連携研究に従事。
主な専門は組織における人材マネジメントで、ダイバーシティ・マネジメントや組織変革、組織文化の研究などを行う。近年は教育分野の研究にも取り組んでおり、国内の複数高校と教育改善に関する連携研究も行っている。
代表的な論文に 『多様化する職場におけるダイバーシティ風土の機能、ならびに風土と組織制度との関係』(村本由紀子氏と共著、2017年)などがある。

<採用学研究所(運営:株式会社ビジネスリサーチラボ)>
株式会社ビジネスリサーチラボが神戸大学大学院経営学研究科 服部泰宏准教授と共同設立。エビデンスに基づく採用を普及するため、民間企業を対象にリサーチ及びコンサルティングのサービスを提供している。
URL:https://www.saiyougaku.org/

■会社概要
会社名 : 株式会社シグナル
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F
代表 : 代表取締役 草場 大輔
資本金 : 3,000万円(2011年5月現在)
設立 : 2005年12月
事業内容: PR+Digitalマーケティング事業、ネットリサーチ事業、フォトブック事業など
主な取引先:大手食品メーカー、大手ファッションメーカー、大手化粧品メーカーなど
当社オウンドメディア「SIGNAL BANANA」:https://signal.tokyo/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シグナル >
  3. “後輩との絆の強さ”で採用決定!面接官に社会心理学者を起用し『慕われる先輩』を発掘 「先輩・後輩 二人三脚採用」を導入 7月26日よりエントリー開始