世界で20,000台展開 アメリカ発のコイン換金機「Coinstar®(コインスター)」アジア初 日本に上陸!

―2018年7月27日(金)よりアピタにて先行導入開始―

 コインスター社(本社:アメリカワシントン州ベルビュー、CEO:Jim Gaherity)は、アメリカで誕生し、現在カナダ、イギリス、アイルランド、ドイツ、スペイン、イタリア、フランスなど、世界の大手小売店で約20,000台展開するコイン換金機「Coinstar®(以下、コインスター)」を、2018年7月27日(金)、アジアで初めて、日本のユニー㈱が運営する総合スーパー「アピタ」に導入いたします。

Coinstar 実機イメージCoinstar 実機イメージ

  • 「Coinstar®(コインスター)」とは 
 「コインスター」とは、1991年にアメリカで誕生した硬貨を紙幣に変えられるサービスです。
家の貯金箱に眠ったままの小銭など、余っている硬貨を小売店に設置されたコインスターのマシンに投入すると、毎分600枚の速さで硬貨の枚数・金額を算出します。硬貨のカウント後、画面に表示された合計金額で引換券を発行すると、サービスカウンターで紙幣に交換することができるサービスです。海外の小売店では、算出した硬貨をAmazon.comなどのオンラインギフトポイントや、慈善事業への寄付金に変換することも可能です※1。
 現在、アメリカ全土の小売店や、ヨーロッパの大手小売店に約20,000台を設置し、年間約430億枚の硬貨を両替・換金しています。
※1  2018年7月27日 アピタ3店舗への導入時には、紙幣への変換サービスのみを展開予定。
 
  • 日本における導入背景
 先進国の中で、日本は突出した「現金大国」として知られています。2015年に国際決済銀行(BIS)が発表したデータによると、現金流通残高の対名目GDP比は、日本が19.44%で24カ国・地域中第1位※2と発表されています。このような日本における現金の流通事情を踏まえ、コインスター社は日本に潜在的な市場を見出し、北米・ヨーロッパ以外で初めてコインスターを導入する運びとなりました。
 コインスターのサービスを導入することで、大量の硬貨の使い道に困っている消費者が、小銭を有効活用できる機会を創出し、また店舗でのスムーズな紙幣化を行うことで、導入店舗における売上額の増加が期待されています。
※2 国際決済銀行(BIS)が傘下の決済・市場インフラ委員会(CPMI)加盟国、24ヵ国・地域について取りまとめた、2015年BIS決済統計のデータより
 
  • コインスター 使用方法

コインスター使用方法コインスター使用方法

※2018年7月27日アピタ3店舗への先行導入時には、紙幣への変換サービスを実施。各店舗の営業時間内にコインスターを利用し、発行した引換券を当日4時間以内に店舗内のサービスカウンターに持参すると、紙幣に変換することができます。

 

<導入店舗>
2018年7月27日(金)より、下記3店舗に先行導入いたします
・アピタテラス横浜綱島    (横浜市港北区綱島東四丁目3番17号)
・アピタ長津田店         (横浜市緑区長津田みなみ台4丁目7-1)
・アピタ戸塚店              (横浜市戸塚区上倉田町769番1)
 
  • コインスター社について
 1991年、当時のスタンフォード大学院生が、自宅に眠っている大量のコインを、金融機関に持ち込むことなく、”価値ある現金”に変換できるサービスとして、アメリカで創業しました。
1992年、サンフランシスコに1台目のコインスターを設置し、1996年にはアメリカで導入台数1,000台を突破。その後、コインスターはアメリカ全土にまたがる大手小売店や、他ヨーロッパ諸国の小売店にサービスを展開し、現在約20,000台の導入を達成。今後更にヨーロッパやアジア各国でサービスを拡大してまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コインスター株式会社 >
  3. 世界で20,000台展開 アメリカ発のコイン換金機「Coinstar®(コインスター)」アジア初 日本に上陸!