中国No.1のベンチャー・ITメディア日本版「36Kr Japan」ローンチのお知らせ

「36Krを見れば、中国が分かる」

株式会社36Kr Japanは8月5日、中国のベンチャー企業やIT技術にフォーカスした、月間3000万PV以上を誇るインターネットメディア「36Kr」(http://36kr.com/)の日本版を5日に開設しました。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国ビジネスの「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。「36Kr日本版を見れば、中国が分かる」と確信しています。初年度は月間500万PVを目指しています。

2018年8月5日(日)、株式会社36Kr Japan(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中島嘉一)は、中国のベンチャー企業やIT技術にフォーカスしたインターネットメディア「36Kr」(http://36kr.com/、北京品新傳媒文化有限公司、本社:中国北京市、総裁:馮大剛 / Feng Da Gang)の日本版「36Kr Japan」(https://36kr.jp)を開設しました。元読売新聞の赤井真平を編集長に起用し、最新の中国ビジネス情報や解説をお届けします。

36Kr JAPANの中島嘉一社長(左)と36Krの馮大剛総裁36Kr JAPANの中島嘉一社長(左)と36Krの馮大剛総裁

◾️36Kr(中国名:36氪、http://36kr.com)
  月間3000万PV以上を誇る、中国最大のベンチャー・ITメディアです。総裁の馮大剛は「第一財経週刊(CBN Weekly)」誌を共同創刊した後、Matrix Partners China(中国名:経緯創投中国)副総裁として多数の投資案件を担当。2016年7月、36Kr に総裁として参画しました。
   最新技術からファイナンス状況まで、56万社以上のスタートアップ企業に関する情報を配信しており、中国のビジネス界では、毎日ウォッチすべきメディアの一つとなっています。
2017年には、シンガポールで英語版のKr Asia (https://kr-asia.com)をローンチし、事業の国際化を推進しています。



◾️「36Kr日本版」開設の趣旨
株式会社36Kr Japan代表取締役 中島嘉一

私の中国ビジネスとの関わりは、電機メーカーの駐在員として中国に赴任してから10年以上になります。その間、日中間のビジネスは飛躍的に成長を続けています。一方で、日本人にとり、中国や中国ビジネスは必要以上に難解で分かりにくいものとして、苦手意識を持たれていると感じていました。
そんな中、中国ビジネス界で高いプレゼンスを誇る「36Kr」から日本版開設のオファーを頂き、ローンチに至りました。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。「36Kr日本版を見れば、中国が分かる」と確信しています。初年度は月間500万PVを目指しています。



■お問い合わせ先
株式会社36Kr Japan
電話03-4405-4545
https://36kr.co.jp
info@36kr.co.jp

Facebook
https://www.facebook.com/36Kr.Japan/
Twitter
https://twitter.com/36krJ
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社36Kr Japan >
  3. 中国No.1のベンチャー・ITメディア日本版「36Kr Japan」ローンチのお知らせ