視覚障害者を中心としたベネズエラの「ララ・ソモス」11月26日京都コンサートホールでコンサート開催

初の関西公演、チケット好評販売中

一般社団法人エル・システマジャパン(所在地東京都千代田区、代表:菊川 穣)は、世界的な音楽教育システム「エル・システマ」の本国ベネズエラより、視覚障害者を中心としたヴォーカル・グループ、「ララ・ソモス(Lara Somos)」を招聘し、2018年11月26日(月)に初の関西公演を行います。

現在、世界70移住の国や地域で展開されている音楽教育システム「エル・システマ」。音楽経験や経済環境に関わらず、子どもたちが無償でオーケストラやコーラスに参加することで、音楽を通じて、集団としての協調性や社会性を育み、社会との関りをつくり、生きる力を身につけることを目指しています。

エル・システマの特別支援プログラム「ホワイトハンドコーラス」は、聴覚や視覚などさまざまな障害のある人が参加し、声を出してうたう合唱と白い手袋をはめて手歌(サインマイム)で歌詞を表現する合唱のふたつが、ひとつとなって音楽を表現します。
 

2017年 エル・システマ ガラコンサートに出演したララ・ソモス 2017年 エル・システマ ガラコンサートに出演したララ・ソモス

「ホワイトハンドコーラス」から結成された視覚障害者を中心としたプロのヴォーカル・グループ「ララ・ソモス」。エル・システマの創設者アブレウ博士と、エル・システマが世界に送り出した世界的指揮者のグスターヴォ・ドュダメルの出身地であるララ州を拠点にし、海外の音楽祭にも招聘されるほどの活躍をしています。レパートリーは、クラッシックからジャズ、民族音楽までと幅広く、優れたアレンジによる高度なアンサンブルを有しています。2017年10月に初来日し、東京を含めた4カ所で、卓越したハーモニーと音楽性を披露し、障害の有無にかかわらず、素晴らしい音楽として多くの聴衆を魅了しました。 

2回目の来日となる今回は、特別ゲストにソプラノ歌手のコロン・えりかを迎え、京都で初となるコンサートを開催します。本公演は、エル・システマジャパンの関西初公演であり、「エル・システマ」の活動を関西圏のみなさまにご紹介する貴重な機会となります。

 報道関係の皆様におかれましては、本公演の告知、ならびに本公演のご取材をお願い申し上げます。

■演奏演目など
・ペドロ・エリアス グティレ:アルマ・ジャネーラ
・アン トニオ・カルロスジョビ:イパネマの娘
・中村八大 (坂本 九) :上を向いて歩こう  ほか
※演奏曲は変更の可能性がございます。ご了承ください

特別ゲスト:ソプラノ歌手 コロン・えりか(ベネズエラ出身)
聴覚障害や視覚障害がある子どもたちから成る、エル・システマジャパン「東京ホワイトハンドコーラス」を指導するコロン・えりかとの交流ステージでは、異なる表現方法から、ひとつのハーモニーを共創します 。

■ プロフィール
<ララ・ソモス Lara Somos> 
世界的な音楽教育システム「エル・システマ」発祥の地ベネズエラ・ララ州を拠点とするヴォーカル・アンサンブルグループ。「エル・システマ」の特別支援プログラム「ホワイトハンドコーラス」より、視覚障害者を中心に構成。合唱と白い手袋をはめて手歌(サインマイム)で歌詞を表現する合唱のふたつが、ひとつとなり、民族楽器も加わって新しい芸術表現を行う。2005年の結成以来、プロとして活動を続け、ザルツブルク音楽祭などへの招聘など活躍の場を広げている。その歌声と各種民族楽器の演奏は名だたるアーティスト、音楽家らから称賛されている。

<特別ゲスト:コロン・えりか Erika Colon> 
ベネズエラ生まれ。聖心女子大学・大学院、英国王立音楽院声楽科修士課程を優秀賞で卒業。ヨーロッパデビュー後、国際的な舞台でソリストとして国の内外で活躍している。代表曲は父エリック・コロンが平和への願いを込めて作曲した「被爆のマリアに捧げる賛歌」。演奏活動の傍ら、エル・システマジャパンのスペシャル・アドバイザー、また東京ホワイト・ハンドコーラスの指導者として幅広い意味で音楽を通した社会貢献を目指している。4児の母。

■ 「ララ・ソモス 京都公演」実施概要
・ イベント名:LARA SOMOS ララ・ソモス 京都公演
・ 開催日:    2018年 11月26日(月)19:00開演(18:30開場)
・ 会場名:    京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ(小ホール)
・アクセス:  京都市左京区下鴨半木町1-26(地下鉄「北山駅」1、3番出口南へ徒歩5分)

・入場料金:  一般:¥4,000(エル・システマジャパンへの寄付付き)
・小中高生: ¥1,000(前売のみ取り扱い)
 KCMチケットセンター、京都コンサートホール、ロームシアター京都チケットカウンターで販売
・全席指定・税込み ※未就学児のご来場は可能ですが、保護者同伴で小中高生券が必要です。
・ 販売場所:
   KCMチケットサービス  TEL.0570-00-8255 http://kojimacm.com/ticket.html
 京都コンサートホールチケットカウンター TEL.075-711-3231
   ロームシアター京都チケットカウンター  TEL.075-746-3201
   ローソンチケット TEL.0570-00-0407  
   チケットぴあ TEL.0570-02-9999
   イープラス http://eplus.jp
+++
・主催:一般社団法人エル・システマジャパン
・共催:駐日ベネズエラ・ボリバル共和国大使館、大徳寺龍光院、公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団、株式会社エフエム京都、コジマ・コンサート・マネジメント(順不同)
・後援:京都府、京都市、京都市教育委員会
・特別協力:北山造園
・協力:ピースボート
・協賛:キッコーマン株式会社、ダウ・ケミカル日本株式会社
・製作:オザワ・アート・プランニング合同会社

 

■団体概要
・団体名:      一般社団法人エル・システマジャパン
・所在地:      〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-24 大栄堂第2ビル3F
・代表者:      菊川 穣
・設立:        2012年3月
・URL:         http://www.elsistemajapan.org/
・事業内容:   エル・システマジャパンは、東日本大震災の被災地の子どもたちを支援するために、2012年3月に設立され、「音楽を通して生きる力を育む事業」を実施しています。子どもたちは、音楽経験の有無にかかわらず、無償でオーケストラやコーラスに参加し、音楽を学び奏でることで集団としての協調性や社会性を育み、社会との関わりをつくり、生きる力を得ることを目指しています。福島県相馬市、岩手県大槌町、長野県駒ケ根市でのオーケストラ・コーラスの運営に加え、視覚障害や聴覚障害の子どもたちによる東京ホワイトハンドコーラスの活動を行っています。その活動は、自治体やボランティア、多くの方のご寄付に支えられています。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人エル・システマジャパン >
  3. 視覚障害者を中心としたベネズエラの「ララ・ソモス」11月26日京都コンサートホールでコンサート開催