【展覧会】舘鼻則孝の新作個展「BEYOND THE VANISHING POINT」会場となるKOSAKU KANECHIKAは、話題のアートスポットTERRADA Art Complex 5F

展覧会名でもある「バニシング・ポイント」を主題とした最新作品群を含む新作20点以上が並ぶ個展。また、日本屈指の刀匠として名高い河内國平氏との共作として、日本刀にまつわる作品も初披露されます。

この度、舘鼻則孝は、個展「Beyond the Vanishing Point」を開催いたします。会場となるKOSAKU KANECHIKAは、品川・天王洲の新たなアートスポットとして、気鋭のアートギャラリーが集まるTERRADA Art Complexの5階にスペースを構えています。
本展では、舘鼻の新たな創作テーマでもある「バニシング・ポイント」に焦点を当てた展覧会として、最新作品群を含む新作20点以上で構成をされています。また、それらに加えて舘鼻の代表作でもあるレディー・ガガの履くヒールレスシューズや花魁のかんざしから着想を得たヘアピンシリーズの新作も同様に発表されます。また、日本屈指の刀匠として名高い河内國平氏との共作として日本刀にまつわる作品も初披露されます。

 

 

 

 

Noritaka Tatehana, Heel-less shoes series, Lady Pointe, 2018Noritaka Tatehana, Heel-less shoes series, Lady Pointe, 2018


舘鼻則孝 個展

BEYOND THE VANISHING POINT

20181020日(土)〜121日(土
KOSAKU KANECHIKA | TERRADA ART COMPLEX
 

 

Noritaka Tatehana, Heel-less shoes series, 2018Noritaka Tatehana, Heel-less shoes series, 2018


「バニシング・ポイント」を主題とした最新作品群を含む新作20点以上が並ぶ個展
この度、舘鼻則孝は、個展「Beyond the Vanishing Point」を開催いたします。会場となるKOSAKU KANECHIKAは、品川・天王洲の新たなアートスポットとして、気鋭のアートギャラリーが集まるTERRADA Art Complexの5階にスペースを構えています。

本展では、舘鼻の新たな創作テーマでもある「バニシング・ポイント」に焦点を当てた展覧会として、最新作品群を含む新作20点以上で構成をされています。また、それらに加えて舘鼻の代表作でもあるレディー・ガガの履くヒールレスシューズや花魁のかんざしから着想を得たヘアピンシリーズの新作も同様に発表されます。また、日本屈指の刀匠として名高い河内國平氏との共作として日本刀にまつわる作品も初披露されます。

写真:花魁の高下駄から着想を得た舘鼻則孝の代表作「Heel-less Shoes Series, 2018」



展覧会について
「消失点」の探求は、私の創作活動の中でも大きな役割を担っている。それは、自分と他人、記憶と現実、そして生と死などの様々な主題に対して一対の視点を定め、作品がその境界線を示す。消失点の向こう側に立つもうひとりの自分への興味が作品を生み出す原動力であり、作品はもうひとりの自分と向き合うための装置なのかもしれない。
― 舘鼻則孝



開催概要
展覧会:Beyond the Vanishing Point(ビヨンド・ザ・バニシング・ポイント)
会場:KOSAKU KANECHIKA  東京都品川区東品川1-33-10  TERRADA Art Complex 5F
会期:2018年10月20日(土)〜 2018年12月1日(土)
開廊時間:11:00〜18:00(火・水・木・土) 11:00〜20:00(金)[日・月・祝は休廊]
会場ウェブサイト:http://kosakukanechika.com/
オープニングレセプション: 2018年10月20日(土)18:00〜20:00
 

 

Noritaka Tatehana portrait, Photo by GION Noritaka Tatehana portrait, Photo by GION

 

 


アーティストプロフィール 舘鼻 則孝(たてはな のりたか)

1985年、東京生まれ。歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母の影響で幼少期から手でものをつくることを覚える。東京藝術大学では染織を専攻し遊女に関する文化研究とともに友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。卒業制作であるヒールレスシューズは花魁の下駄から着想を得たものである。近年はアーティストとして展覧会を開催する他、伝統工芸士との創作活動にも精力的に取り組んでいる。2016年3月には、仏カルティエ現代美術財団にて人形浄瑠璃文楽の舞台を初監督「TATEHANA BUNRAKU : The Love Suicides on the Bridge」を公演した。作品はニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館など、世界の著名な美術館に永久収蔵されている。2018年9月には東京・九段「旧山口萬吉邸」にて個展「NORITAKA TATEHANA RETHINK―舘鼻則孝と香りの日本文化―」を3日間の限定公開により開催した。

オフィシャルウェブサイト: http://www.noritakatatehana.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NORITAKA TATEHANA K.K. >
  3. 【展覧会】舘鼻則孝の新作個展「BEYOND THE VANISHING POINT」会場となるKOSAKU KANECHIKAは、話題のアートスポットTERRADA Art Complex 5F