「あすの肌へ、うまれたてを、そのままに。」 北海道日高町生まれの馬プラセンタを使用した美容液、誕生。

ペプチドタイプのウマプラセンタ素材を使った無添加美容液「ビューケン潤生プラセンタ」でハリのある潤い肌へ

株式会社ビューケン(東京都渋谷区 代表取締役社長:野地賢徳)は11月29日、馬プラセンタの胎盤を使用した美容液「ビューケン潤生プラセンタ(※1)美容液」を発売しました。
「ビューケン潤生(じゅんせい)プラセンタ美容液」は、北海道科学大学と株式会社粧薬研究所(北海道札幌市)が共同で開発した、独自製法によるペプチド化した馬プラセンタ素材「HPP-320」を主成分とし、「自らうるおいを生み出す肌へ導きく」ことを目指した美容液です。
 

 

●ポイント1新開発のペプチド化されたウマプラセンタ(※1)成分「HPP-320」を配合
そのままでは、体内に吸収されにくいプラセンタのたんぱく質。従来の製品では、微細な「アミノ酸」に分解し、肌に届きやすくするのが一般的でした。HPP-320は、あえてアミノ酸の一歩手前の「ペプチド」で分解を留めています。これが、プラセンタ・スキンケアの新発想。粧薬研究所と北海道化学大学が共同で、独自の「アクティブペプチド製法」を開発することで誕生した素材です。
HPP-320は、Hokkaido/Horse(北海道/馬)、Placenta(プラセンタ)、Peptides(ペプチド)の頭文字を取って名づけられました。

 ●ポイント2北海道の馬プラセンタのみを無添加(※2)使用
HPP-320は、体調管理や毎日の餌やり、そして1年に1度の分娩まで、大切に育てられた北海道・日高産のサラブレッドから採られるプラセンタを使用しています。
胎盤を採取後は、鮮度を落とさないようにスピーディーに冷凍保存を行い加工。
洗浄・加工・保存に至る全ての過程で、厳密に管理されているため、高品質を保つことができています。本商品では、香料や着色料を一切使用せず、プラセンタの原液にこだわった美容液です。

●ポイント3酸化を防ぐエアレスタイプのボトルを採用
容器は、エアレスタイプを採用。HPP-320の原液が酸化することを防ぎ、新鮮さを守ります。

※1 プラセンタ:保湿成分
※2 無添加:旧表示指定成分

【ビューケン潤生について】

ビューケン潤生は、挑戦するスキンケアブランドとして、新しく誕生しました。もっと豊かで、より美しい明日をつくりたい。
そのために、日本全国のまだ見ぬ自然素材を探し求め、厳選し、製品化する。
各分野の専門家とともに、これまでのルールにとらわれない、アイデアあふれる独自の製品づくりを行っていくブランドです。

【商品概要】
■商品名:ビューケンHPP-320エッセンス原液
■発売日:2018年11月29日(木)
■価格:8,980円(税込)
■容量:30mL
■使用方法:4~5プッシュを1回分として、洗顔後顔全体になじませてください。
■販売チャネル:通信販売
■URL:beauken-junsei.jp
 
【会社概要】

■会社名:株式会社ビューケン
■本社:〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-3ルモン広尾202
■代表者:代表取締役社長 野地賢徳
■設立:2017年4月20日
■資本金:1,100万円
■Tel:03-6456-4489
■Fax:03-6734-1183
■URL:http://beauken.co.jp
■Facebook:https://www.facebook.com/beaukenjapan/
■twitter:https://twitter.com/beaukenjapan
■Instagram:https://www.instagram.com/beauken_japan/
■事業内容:健康食品、化粧品の企画、開発、販売
      健康食品、化粧品の輸入、販売
      健康食品、化粧品を提供するためのサービスの提供
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビューケン >
  3. 「あすの肌へ、うまれたてを、そのままに。」 北海道日高町生まれの馬プラセンタを使用した美容液、誕生。