経営支援クラウドサービス「Seishin Big Advance」2019.1.7スタート

平成30年12月21日発表会を開催しました

静清信用金庫(理事長 佐藤徳則)は12月21日、横浜信用金庫と株式会社ココペリとともに、2019年1月7日に提供を開始する経営支援クラウドサービス「Seishin Big Advance」の発表会を開催しました。
「Seishin Big Advance」は、当金庫取引先企業と本サービスを開発した横浜信用金庫の取引先企業、そして全国の300社を超える大手パートナー企業を効率的・効果的にマッチングさせる新たなプラットフォームです。
また、 販路拡大・人材確保・業務効率化・事業承継等のさまざまな経営課題にワンストップで応えるとともに、オープンイノベーションにより、静岡から新たな技術や未来の新技術創出の実現を支援していきます。
今後も「Seishin Big Advance」を通じて、企業間のマッチングを行っていくとともに、取引先企業の経営支援を充実して参ります。
静清信用金庫×横浜信用金庫×株式会社ココペリ 合同発表会概要
日 時:平成30年12月21日(金)
場 所:静清信用金庫 本店(静岡県静岡市葵区昭和町2-1)
内 容:
①「Seishin Big Advance」PR動画上映

 

②登壇者による挨拶
 ・静清信用金庫 理事長 佐藤 徳則


・横浜信用金庫 理事長 大前 茂 氏


・株式会社ココペリ 代表取締役 近藤 繁 氏


②フォトセッション

   
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 静清信用金庫 >
  3. 経営支援クラウドサービス「Seishin Big Advance」2019.1.7スタート