1分で完売した「無礼講ースター」(コースター型トークゲーム)を数量限定発売

株式会社ホビーベースイエローサブマリン(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:田中昇)は、ボードゲーム「無礼講ースター」(発売元:株式会社ヤッホーブルーイング)を2019年3月10日(日)より数量限定発売いたします。

2019年2月吉日
株式会社ホビーベースイエローサブマリン

1分で完売した「無礼講ースター」(コースター型トークゲーム)を数量限定でイエローサブマリン各店(ホビー専門店除く)、大阪ゲームマーケット(A19)にて販売します

プロダクト紹介ページ:https://yonayonaale.com/teambeerding/bureiko/
 


無礼講スターとは
コースターを使用したトークゲームです。上下関係にかかわらず、相手の意外な一面を引き出します。「よなよなエール」などのクラフトビールを製造する株式会社ヤッホーブルーイングが、「無礼講ースター」を8月3日「世界ビールデー」に30個限定で発売したところ、わずか1分で完売。その後多くの再生産要望があり、1,000個以上の注文が入った場合のみ、限定生産するとして購入希望者を募りました。最終的に1,437個もの受注が入り、再生産目標を大幅に上回る形で再生産が決定しました。アナログゲームを扱うイエローサブマリンは、「無礼講ースター」を少しでも多くの方に届けたいとの思いから、数量限定ではありますが、店頭やイベントで3月10日から販売を開始します。
 

 




無礼講ースター誕生の背景

「上下関係や立場を抜きにして楽しむ酒宴」という意味の「無礼講」。
「無礼講ースター」はその実現のために開発されたコースター型トークゲームです。
「あと5分で起床時間。それでも二度寝してしまう。」「鼻毛が出ている人に指摘できてしまう。」
など、仕事とは無関係の30個のトークテーマを厳選。
簡単なルールで公平に会話に参加でき、上下関係のない「心理的安全性」が保たれた空間をつくります。
また話しやすいルール、トークテーマで「自己開示」を促しながら、お互いの価値観やパーソナリティを引き出し、チームビルディングに欠かせない「質の高い雑談」が生み出されます。

遊びのプロ”と開発
数々の話題のおもちゃや商品開発を手掛けた、おもちゃクリエーター高橋晋平氏、アナログゲームを使った社内研修などを行う、アナログゲームマスターあだちちひろ氏をアドバイザーに迎え、「無礼講ースター」は開発されました。

【「無礼講―スター」製品概要】

価格:3,215円(税抜き)(読み仮名:みんなでぶれいこー)
販売方法:店頭 及び、イベント等 
販売店:イエローサブマリン各店(ホビー専門店を除く) 3月16日(土)
 および 3月10日(日) 大阪ゲームマーケットイエローサブマリンブース(A19)にて


株式会社ホビーベースイエローサブマリンについて

アナログホビー・アナログゲームを扱う小売店として、全国主要都市に遊ぶ(イベント)スペースを設けながら1985年よりチェーン展開をしています。(2019年1月末時点で30拠点を展開)「夢のあるホビーの世界を子供にヤングにすべての人に」を経営理念とし、ホビー・ゲーム商材のもつ、ワクワク感、癒しの力を、より多くの人に届けることを目指しております

【会社概要】
会社名:株式会社ホビーベースイエローサブマリン
所在地:埼玉県さいたま市北区日進町3-725-3
代表者:田中 昇
設立:1985年
URL:http://www.yellowsubmarine.co.jp/
事業内容:アナログホビー・ゲームの製造・販売小売業


【お客様からのお問い合わせ先】
商品企画課 平日10時―17時
TEL:048-666-0555
e-mail:kikaku@yellowsubmarine.co.jp


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ホビーベースイエローサブマリン >
  3. 1分で完売した「無礼講ースター」(コースター型トークゲーム)を数量限定発売