クルマもファッションの一部!ジローラモがクルマへのこだわりやカーライフを語る。「クルマもエスコートするアイテムの一つで大切」

人気車両の「アルファード」や「ヴェルファイア」も初お披露目!東京オートサロン2019 「ALPINE STYLE」ブース出展

アルパインマーケティング株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:水野 直樹)は2019年1月11日(金)に、幕張メッセで開催中の東京オートサロン2019において、「ALPINE STYLE 東京オートサロン2019プレスブリーフィング」を開催いたしました。

当日は初お披露目となる「アルファード」や「ヴェルファイア」の実車両が会場に登場し、アルパインスタイルならではのスタイリッシュなデザインや機能性を紹介いたしました。
また、後半にはゲストにパンツェッタ・ジローラモ氏を迎え、独自のファッションスタイルを持つ同氏ならではの、クルマのトータルコーディネートに対するこだわりなどをお話しいただきました。「ナビがないと人生困る」「ズボンとスニーカーのスタイリングと同じで、クルマのコーディネートもちょっとハズれるとダサくなる」など、モデルとして活躍すると同時にクルマ好きとしても知られる同氏ならではのこだわりを語りました。


■「アルパインニューズ株式会社」設立について
前半は、アルパインマーケティング株式会社・水野社長の挨拶に始まり、昨年10月に設立された「アルパインニューズ株式会社」の紹介が行われました。同社は、カスタマイズカーをはじめとした車両企画・開発・販売を行うだけでなく、ダイレクトなマーケティング活動を行い新しい顧客価値を創造することを目的に設立されました。アルパインニューズ・酒井社長は「100年に一度という大変革期を迎える自動車業界において、変化に対応すべく挑戦したい。そのために、『CASE』を理解し顧客価値を理解するところからスタートしたい。」と話しました。また、アルパインニューズの展望について「クルマに乗った時だけでなく、乗車前から乗車中、乗車後、そしてまたクルマに乗るときと、一連のカーライフにおける価値をスマートに、シームレスに提供していきたい」と、アルパインが目指すカーライフの未来を語りました。



■ALPINE STYLEカスタマイズカーならびに「ALPINE STYLE横浜246」について
続いて、アルパインマーケティング 新規事業開発部・西田部長より、ALPINE STYLEカスタマイズカーの魅力が語られました。5S+1S(ファイブエス・プラス・エス)というコンセプトを掲げ、洗練されたスタイリングと安全性の機能を合体したところがALPINE STYLEカスタマイズカーの特長です。さらに2月9日にオープンを控えるアルパインニューズの直営店「アルパインスタイル横浜246」について紹介。同店舗はカスタマイズカーの販売だけではなく、新たなマーケティング活動拠点としての顔も持っています。西田部長は「お客様に1台でも多くの魅力を伝えていくとともに、お客様の声を生で聞きご要望をいち早く商品にフィードバックさせていきたい」と意気込みを語り、同店舗が未来のカーライフ実現への拠点となることを感じさせました。



■ジローラモ氏が登場。自分を表現するこだわりのスタイリングやカーライフについて語る
後半には、パンツェッタ・ジローラモ氏が登壇し、新規事業開発部・水野陽介氏とともに「自分らしいクルマのスタイリング」をテーマにトークを展開しました。まず、ジローラモ氏はクルマのスタイリングについて「クルマを買う時に重視するのは、スタイリッシュで、内装もきれいで、飽きないこと。さらにファンクション(機能)も大切ですよね。特に、ナビがないと人生が困ります!」と、クルマ好きで知られる同氏ならではのこだわりを語りました。また会社では「アルファード」を使用していると話し、「アルパインのナビは大きくて見やすいし、お客様を乗せるときにも本当に便利。進歩がすごいです」と絶賛しました。

最近ではファミリーカーとしてクルマを持つ子育て世代にも、機能性だけでなくデザインなど自分のこだわりを求める方が増えている傾向について、水野氏は「私自身も下の娘が5歳でまさに子育て世代ですが、アルパインのお客様にも子育て世代が増えています。人気のミニバンを中心とした車種専用のナビは、実際に使っている子育世代のお客様から信頼を頂いています」と語りました。またデザインについては、「家族にも受け入れられるような“やりすぎていない”、“ちょうど良い”コーディネートを生み出しています」と、ファミリー層にも支持されるアルパインならではのこだわりを紹介しました。



■アルパインの「5S+1S」について ジローラモ氏「クルマもエスコートするアイテムの一つ」
アルパインでは、「スポーツ」「スパルタン」「シャープ」「シンプル」「スマート」という5S(ファイブエス)のコンセプトを掲げていますが、昨年にはもう一つのS(エス)、「セーフティー」が加わり、5S+1S(ファイブエス・プラス・エス)となりました。水野氏は「例えばクルマを購入する際に意志決定をするのはお父様が多いですが、平日に奥様が運転する際にも安心していただけるようデザイン性の高いフロントカメラを装着するなど、お客様の声を反映させ、見えない不安を見える安心に変えていくような商品を開発しています」と話しました。
ジローラモ氏は、アルパインスタイルの提案するトータルコーディネートについて「昔は自分で買ってカスタムすると、うまくいかないことも多かったと思うんですよね。今はかっこいいクルマにかっこいいモノをつけて、飽きないデザインを楽しめるから良いですね。アルパインスタイルはいい仕事をしていますね」と絶賛。また「ズボンとスニーカーのスタイリングと同じで、クルマのコーディネートもちょっとハズれるとダサくなる」と話し、独自のファッションスタイルを持つモデルならではの感想を語りました。さらに、「奥様や女性と一緒に乗るときには、クルマもエスコートするアイテムの一つ。僕にとって大切ですね」と話し、大人の男性としての嗜みを大切にするジローラモ氏のこだわりが垣間見えました。



■初のお披露目となる「アルファード」、「ヴェルファイア」について
続いて、今回の東京オートサロン2019にて初お披露目となる「アルファード」や「ヴェルファイア」の車両を発表。アルパインスタイルならではのデザインや機能性などを紹介しました。アルパインスタイルのカスタマイズカーはそれぞれの車両にデザイン性と機能性が備わっており、「自分らしく」、「スタイリッシュ」に仕上げるこだわりの1台となっています。ジローラモ氏は「メーカーのデザインを活かしながら、新しいデザインを取り入れているところがすごい」と話し、さらに「アルパインのデザインを見てみて、自分で運転してみたくなった。家族はもちろん、家族以外の人にもおすすめ」と語りました。

 

最後に、水野さんは、改めて2月にオープンを控える「アルパインスタイル横浜246」について「今回の東京オートサロンに展示している車両も並ぶので、是非足を運んで欲しい」と意気込みを語り、ジローラモ氏は、「お客様のために新しいものを作ってくれるのは(ユーザーとして)とても嬉しいし、素晴らしい!これからも期待しています」と、アルパインスタイルの未来にエールを送りました。

 



■ALPINE STYLEについて

カーエレクトロニクスのアルパインが “クルマ まるごと一台”をプロデュースするカスタマイズカーブランド。2017年の誕生以来、優れたデザイン性と大画面が人気のカーナビ「ビッグXシリーズ」や後席モニターの「リアビジョン」を中心に、インテリア、エクステリア、カーエレとしての機能性までもトータルデザインされたカスタマイズカーを発表し続けています。

5S+1S(ファイブエス・プラス・ワンエス)について
アルパインスタイルの提唱する「5S」(ファイブエス)コンセプト。それは、スポーツ、スパルタン、シャープ、シンプル、そしてスマート。
より魅力的なカーライフを創造するため、さらに「1S」(ワンエス)をプラス。それは「Safty=安全」。
「5S+1S」。これからのアルパインスタイルの新しい創造の指標です。

・SPORTS(スポーツ)
車種専用に緻密に設計されたエアロダイナミクスでアクティブな走行性能を実現。

・SPARTANS(スパルタン)
常識に捉われない革新的なデザインと機能を追求。自動車本来が持つ力強さを表現。

・SHARP(シャープ)
隅々まで研ぎ澄まされた美しいデザイン。

・SIMPLE(シンプル)
デザインと機能美を演出する無駄のないスタイリング。

・SMART(スマート)
美しさ、力強さ、機能美が実現する洗練されたスタイリング。

・SAFETY(セーフティー)
エアロダイナミクスにカーエレクトロニクスを融合することで、「安心・安全」のカーライフを提供。

<公式サイトURL>
https://www.alpine.co.jp/alpinestyle/


■東京オートサロン2019 概要
・名称:TOKYO AUTO SALON 2019
・会期:2019年1月11日(金)、12日(土)、13日(日)
・会場:
 幕張メッセ(日本コンベンションセンター)
 国際展示場 ホール1〜11・国際会議場・イベントホール・屋外展示場
 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
・開催スケジュール
 1月11日(金) 9:00〜19:00(業界&報道関係者招待日)
 ※14:00〜 一般特別公開
 1月12日(土) 9:00〜19:00(一般公開日)
 1月13日(日) 9:00〜18:00(一般公開日)
・主催者:東京オートサロン実行委員会
・運営:東京オートサロン事務局(TASA)
・後援:千葉県/千葉市/一般社団法人 日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)/一般社団法人 日本自動車工業会(JAMA)/一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)[順不同]
・協賛:グランツーリスモ/Yahoo!チケット/トミカ/プーマ ジャパン株式会社/カートレード株式会社/株式会社SPRジャパン/株式会社フェイス/頭文字D・MF GHOST/ワイルド・スピード[順不同]
・特別協力:幕張メッセ/株式会社三栄書房
・協力:ASEA事業部/JAWA事業部/JASMA[順不同]

<公式サイトURL>
https://www.tokyoautosalon.jp/2019/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アルパインマーケティング株式会社 >
  3. クルマもファッションの一部!ジローラモがクルマへのこだわりやカーライフを語る。「クルマもエスコートするアイテムの一つで大切」