Funleash、設立1周年記念祭開催レポート

創業者の2人が語るFunleashの描く二期目とは??

HR領域を軸に社員全員が「事業創造者」として事業展開する株式会社Funleash (社名:ファンリッシュ、所在地:東京都品川区、代表取締役CEO:松浦孝介)は2019年9月1日をもちまして設立1周年を迎えることができました。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。株式会社Funleash(ファンリッシュ)は2019年9月1日をもちまして設立1周年を迎えることができました。
 

 



これもひとえにお客様並びにお取引先様、ご協力企業様のおかげと深く感謝申し上げます。これからも社員一同、より一層のサービス向上に努めてまいりますので、ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

1周年を記念して2019年8月24日にFunleash設立1周年記念祭および全社総会を実施致しました。
Funleashの主力事業であるHRデザイン事業本部では表層的なコンサルテーションではなく、社員様向けのアンケートや1on1テキストデータやをはじめとする社員様のデータ解析から得られるインサイトを武器に採用戦略や経営戦略にまで深く入り込むことで、法人のお客様の採用だけにとどまらない市場競争力が底上げされることが大きなコアバリューであります。さらには、お客様にこれから採用される求職者様だけはなく、お客様の既存の社員様それぞれにとっても幸せや働きがいを感じられる組織へと変革していくべくデータドリブンな人材配置戦略を通じてお客様の組織を内部からも自律的に変革するご支援をさせて頂きながら、お客様に最も近い場所で伴走して参りました。

またFunleashの独自性および優位性であるFunseeds事業本部では、創業メンバーの松浦と岩本をメンターとし、志高い学生起業家の創業支援をしており、6カ月間を1つのクールとした定例のメンタリングにより、ビジネスモデルの設計からモックの開発、起業家としてのマインドセット醸成、現役で活躍する経営者からのFBの機会提供、等を通じて、事業ビジョンである「世界に価値貢献できるホンモノの起業家で溢れる日本を創る」ことを目指し、多くの学生起業家と向き合って参りました。

そして設立1周年記念祭では、当社代表の松浦の1年間の振り返り、Funseeds事業本部に所属する学生メンバーによる新規事業のピッチコンテスト、学生メンバーの企画したゲームコーナー、といった、当社の大切にする文化である「FunがUnleash」するコンテンツも楽しさも盛りだくさんの1日となりました。

創業から1年間、HRデザイン事業本部ではたくさんのお客様に恵まれ、お客様のニーズからたくさんのサービスとソリューションが生まれ、事業としての厚みを増し、更なる拡大を目指しドライブを続けております。またFunseeds事業本部では、メンターである松浦および岩本と学生メンバーとの定例ミーティングを通じ、起業家として生きていく事の意味と覚悟を学び、半年間のメンタリングを通じて見違えるほど成長を遂げたメンバーもいます。振り返ると涙アリ、笑いアリのとても熱くてウェットな風土がFunleashの1番の魅力であり、強みでもあります。Funleashでは、「FunがUnleash」し続けることを大切な文化に、全力で成果を残していく過程を楽しめるベンチャースピリット溢れたメンバーと共に、2期目も「明日も楽しみな毎日を、世界中に」、事業創業者として価値創出し続けて参ります。今後とも末永くFunleashを何卒よろしくお願い致します。


 ■Founder 松浦孝介よりコメント
<略歴>
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科へ進学し、前野隆司氏の運営するヒューマンラボにて感動の研究に従事。卒業後は自身の研究領域での仕事に従事するべく役者に。また役者業に加え、イベントプロデューサーやMC業などエンタテインメント領域で独立。株式会社リクルートキャリアに入社、中途採用におけるメディア領域の事業に従事。「採用における企業の名医になる」を自身のミッションとし、手掛けた採用コンサルティングの案件での採用成功率96%の記録を樹立。その他にもMVPをはじめとする約20近くのタイトルを受賞。楽天株式会社へ入社、マーケティングリサーチ事業に従事し事業部表彰を受賞。エーテンラボ株式会社へ経営チームとして参画。事業開発の責任者としてビジネス周り全般から、学生インターンの育成、マーケティング、広報PRと大きく会社のグロースに貢献。その後、共同創業者である岩本卓也氏と共にFunleashを創業。代表取締役CEOに就任。

〈コメント〉
株式会社Funleashはお陰様で1周年を迎える事ができました。それは偏に支えて頂けるたくさんのお客様とたくさんの志の高い熱いメンバー、そしてパートナーの皆様、そしてその他のFunleashを応援して下さっている方々のお陰だと心から思っております。改めて深く感謝申し上げます。本当にありがとうございます。共同創業者である岩本と共に品川の喫茶店で構想を話し、松浦さんそれやった方が良いです!となってから、もう1年も経ったのか、と時間の経過する速さを痛感しております。1期目は主力事業であるHRデザイン事業本部の事業開発および学生メンバーの育成、Funseeds事業本部の立ち上げに専念させて頂き、大きな手応えと課題を明確に出来た事が1期目の大きな成果だったと思っております。またそれと同様に非常に大きな成果は、半数以上が20代前半という非常に若いメンバーで構成されているFunleashの組織が、「FunがUnleash」する、そんな成果に厳密な中でも、それまでのプロセスに楽しめるメンバーに恵まれ、非常に素晴らしい文化が創られてきたことです。お金では買えないたくさんの素晴らしいメンバーに恵まれたFunleashは2期目も事業創造者として社会に価値貢献して参ります。今後とも末永くFunleashおよびFunleashメンバーを、何卒よろしくお願い致します。

 
■Co-Founder 岩本卓也よりコメント
〈略歴〉
複雑系研究者。高校生の時から東京工業大学の宇宙工学研究所で研究をし、これまでにロボット工学、遺伝子工学、生態環境科学、組織論、リーダー教育学など多様な研究領域を持つ。研究とは別に9歳から親の創業に伴い仕事した経験からマザーアース株式会社取締役、スペース株式会社取締役、株式会社Polyuse代表取締役、株式会社Funleash社外執行役員などを兼任。創業期から関わり事業グロースや事業立ち上げを組織設計、未来洞察の観点から構築することを得意とする。また、国内初のTeal組織に関する論文を執筆するなど自律分散型の組織構造に強く、近年はこれまでのバックグラウンドを活かし、生態系学など他分野の知見を組み合わせた組織研究を実施。
株式会社FunleashではFunseeds事業本部の統括および、HRデザイン事業本部の中でも組織概論に関するハイレベルコンサルテーションに特化し従事する。

〈コメント〉
株式会社Funleashはお陰様で1周年を迎えることができました。お客様、Funleashを支えてくださる多くの友人、HRデザイン事業本部、Funseeds事業本部の優秀なメンバー、そして何より代表の松浦の熱い想いと努力によって成り立っていると思います。『FunがUnleashする』をキーワードに本当に楽しく、活力ある独特の文化形成ができてきています。顧問である前野教授の研究分野であります幸福学。まさにFunleashは体現するような”幸せ”な社風がお客さんまでを楽しく、そして幸せにする広がりを作っています。今年一年もますます我々がFunを感じ、そしてそのFunを外部にも提供できればと思います。これからもさらなるお力添えをよろしくお願い申し上げます。


【株式会社Funleashについて】

■会社概要
2期目を迎えたFunleashでは働き方改革から採用、組織、育成とHR領域での事業を推進する「HRデザイン事業本部」をメインに、学生起業家の創業を支援する「Funseeds事業本部(Funleashのイズムを引き継ぐ若き才能の種たち(seeds)が由来)」の2つの事業を軸に会社を運営しています。採用市場、HRサービスが益々複雑化していき、人事領域の業務が混沌とする中で本来人事が見るべき対象はサービスではなく組織に生きる従業員であると考えております。Funleashでは、組織が人と建設的に向き合える環境を支援し、VUCAの時代に沿った未来の組織を一緒に創り上げて参ります。

商号:Funleash Inc.(株式会社ファンリッシュ)
代表者:代表取締役CEO 松浦 孝介
所在地:〒141-0022 東京都品川区 東五反田5-22-37 オフィスNサークル五反田 9F
設立:2018年8月21日
資本金:300万円(2018年9月末時点)
コーポレートサイトURL:https://funleash.co.jp/
事業内容:採用および組織コンサルティング事業、代理営業事業、事業創造支援事業

【ファンリッシュに関するお問い合わせ】
下記メールアドレスよりお問い合わせください。
info@funleash.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファンリッシュ >
  3. Funleash、設立1周年記念祭開催レポート