アルミ巾木「fitbase」でiFデザインアワード2019を受賞!

[Morita Aluminum Industry,inc.] won an iF DESIGN AWARD 2019
森田アルミ工業株式会社(所在地:大阪府阪南市、代表取締役:森田和信)が手掛けた、アルミ巾木の「fitbase(フィットベース)」が国際的に権威のある「iFデザインアワード2019」を受賞しました。森田アルミ工業においては同賞の受賞は4件目となります。

 



森田アルミ工業株式会社は、国際的に権威のある「iFデザインアワード2019」を受賞しました。

「iFデザインアワード」はドイツを本拠点とするiF International Forum Designが主催し、世界で最も長い歴史を持つ独立したデザイン団体で、毎年優れたデザインを選定しています。本年は世界52ヵ国から6,375件の応募があり、67名の専門家による審査の結果、森田アルミ工業では「fitbase(フィットベース)」が「1.23Textiles/Wall/Floor」分野での受賞となりました。

「fitbase」について
空間を作る基本的な要素である「壁」を守るものが「巾木」。既成の巾木は壁を保護するという役目を果たしていましたが、デザイン性という面ではあまり注意を払われていきませんでした。洗練された空間のため、巾木にアルミが持つ研ぎ澄まされた美しさを加え、雰囲気を損ねることなく空間に溶け込むバランスを大切にしました。
取付け方法は非常に簡単で、まず樹脂ベースを壁に固定し、巾木本体を上からはめ込むだけです。樹脂ベースの先端は柔らかな樹脂素材を使用しているため、床の凹凸も気にせず設置できます。
 

 

blackblack

 

 

black - silverblack - silver

 

blackblack



製品情報ページ
https://www.moritaalumi.co.jp/product/detail.php?id=36


About the iF DESIGN AWARD  iFデザインアワードについて
iFデザインアワードは、66年にわたり国際的に権威のあるデザインアワードのひとつとして、またiFロゴは優れたデザインの証として広く認知されています。賞は、プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、サービスデザイン/UX、建築、インテリア・内装、プロフェッショナルコンセプトの7分野で構成されています。すべての受賞デザインはiF WORLD DESIGN GUIDE 及び iF design appに掲載し、ハンブルグ(独)にある施設 iF design exhibition Hamburg にて展示されます。

森田アルミ工業株式会社について
森田アルミ工業は室内・外のアルミ建材の製造販売を行っています。創業時はアルミの外階段といったエクステリアを中心に製造していましたが、2000年代からデザインに着目した、新しい開発アプローチでインテリア商品を製造・販売しています。主力商品は、室内物干しワイヤー「pid4M」で、必要な時だけワイヤ―を引き出して使える商品であり、竿のいらない商品です。これまでに国内のグッドデザイン賞をはじめ、ドイツiF賞やレッドドットなど国際的な賞においても、独自の物づくりが評価されるようになっています。
 

 

会社概要
会社名:森田アルミ工業株式会社
代表取締役社長:森田 和信
本社所在地:〒599-0201 大阪府阪南市尾崎町530-1
事業内容:室内・外のアルミ建材の製造販売、オフィス家具の製造販売
TEL:072-480-1400 / fax: 072-480-1414
URL:https://www.moritaalumi.co.jp

商品に関してはこちらでも配信しています
Instagram:https://www.instagram.com/moritaalumi
Twitter:https://twitter.com/moritaalumi
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 森田アルミ工業株式会社 >
  3. アルミ巾木「fitbase」でiFデザインアワード2019を受賞!