グルーヴノーツ、量子コンピューティング技術を活用した世界初の組合せ最適化ソリューションを提供開始

D-Wave 2000Q™ の技術を活用し、運輸・小売業等向けの配送ルートや勤務シフトの最適化サービスを実現

誰もが手軽にAIを活用することができるクラウドサービス MAGELLAN BLOCKS を開発・提供する株式会社グルーヴノーツ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:最首英裕、以下グルーヴノーツ)は、D-Wave社が提供する量子コンピューティングクラウド“D-Wave 2000Q”を活用し、勤務シフトや配送ルートなど、膨大な組み合わせの中から最適解を導く「組合せ最適化ソリューション」を開発。量子コンピュータを利用した世界初の商用サービスとして、2019年4月、β版の提供を開始することをお知らせ致します。
「組合せ最適化ソリューション」は、量子コンピューターの特性を活かすことで、「最適化問題」を解決します。これにより、例えば最も配送距離が短い配送ルートの設計や、従業員に無理を強いることのない勤務シフト計画など、これまで人手と時間をかけていた計画業務を効率化し、またその精度を大きく向上させます。


グルーヴノーツは、「組合せ最適化ソリューション」の第一弾として、「配送ルート最適化パッケージ」をリリース予定です。このパッケージには、グルーヴノーツがこれまでに培った機械学習のテクノロジーが活かされており、例えば配送ルートを計画する上で鍵となる「売上」「受注数」「出荷数」などの数値を機械学習で前もって予測し、その結果に基づき、量子コンピュータが最適なルートを割り出します。


また、今回の発表についてD-Wave社のバイスプレジデント Jeremy Hilton 氏は次のように述べています。

“機械学習のアプリケーションにより大きな価値を付加して顧客へ提供しようとしているグルーヴノーツの今回の取り組みは、大いに賞賛されるべきものです。グルーヴノーツの創造性と量子コンピューティング技術を自社のソリューションに取り込むアプローチは、量子コンピュータを用いたサービス開発に実用性があることを示しています。私達は、次世代の量子コンピューティングプラットフォームである“D-wave 2000Q”の提供によって、顧客価値の向上に寄与できる事を楽しみにしています。”
Jeremy Hilton, senior vice president, technology and applications at D-Wave


グルーヴノーツは、「配送ルート最適化パッケージ」にとどまらず、今後も「勤務シフト最適化」や「機材配備最適化」など、様々なシーンに応じた各種パッケージをリリース予定です。ぜひともご期待ください。


※MAGELLAN BLOCKSとは?
プログラムや機械学習の専門知識がなくても、画面上の機能ブロックを組み合わせるだけで、機械学習を用いた様々なデータ分析や処理を行うアプリケーションを構築できるクラウドサービスです。30 日間の無料トライアルプログラムで、売上予測や来場者予測、異常検知など、機械学習の実力を体験してください。(https://www.magellanic-clouds.com/blocks/

※量子コンピューターとは?
従来のデジタルコンピュータのように0または1で表されるビットを使用して情報を格納するのではなく、量子コンピュータは、情報を0、1、またはその両方を同時に符号化するために量子ビットを使用します。 量子コンピュータは、もつれとトンネリングの量子力学的現象により、一度に大量の状態の組み合わせを操作することができます。(詳しくは、次のURLをご覧ください。https://www.dwavesys.com/quantum-computing.
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グルーヴノーツ >
  3. グルーヴノーツ、量子コンピューティング技術を活用した世界初の組合せ最適化ソリューションを提供開始