ブロックチェーン開発企業Staked、コンセンサスアルゴリズムをシームレスに変更できるブロックチェーン、Proskenionを発表。

CTO山下琢巳、独自ブロックチェーンプラットフォーム、プロスケニオンをフロムスクラッチ実装

Staked株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:渡辺 創太、以下「Staked」)のCTO山下琢巳(Twitter: @public_sate)は独自開発したブロックチェーンプラットフォーム『Proskenion』のホワイトペーパーとドキュメントを公開しました。プロダクトを改良し根本技術で世界的なブロックチェーンプラットフォームの開拓を目指します。

Stakedは、ブロックチェーン技術と経済学の知見を応用し、ブロックチェーンのプロトコル開発やコンサルティングを行う研究開発チームです。
この度、リリースしたブロックチェーンプラットフォームProskenion(以下「Proskenion」)は、既存のブロックチェーン技術に加えて、「プリミティブな命令セットの組み合わせで高い表現力を持つ」、「独自 DSL(= Proskenion Domain Specific Language) によりインセンティブ/合意形成のカスタマイズが容易」、「ハードフォークせずにインセンティブ/合意形成の仕組みを変えられる」という機能を実装しました。

■Proskenionに関して


エンターテイメント領域におけるブロックチェーンの利用は実用段階に達していません。Proskenionはエンターテイメント領域への活用をメインの用途として構成され、様々なジャンルのコンテンツ配信に対応しさらにコンテンツの配信者を主体とできるようなシステムを目指して開発を行いました。ブロックチェーン上のシステムをコンテンツの供給者が主体で扱えるような世界を創ることを目的としています。Proskenionは一般的なブロックチェーン特有の機能である非中央集権的、非改ざん性、単一障害点耐性に加え、ブロックチェーンの運営主体を自在且つ動的且つセキュアに定義できる仕組みとプリミティブなコマンドの組み合わせで高い表現力のオブジェクトを操作できる仕組みを導入することでこれを実現しようとしました。

追加情報は以下のホワイトペーパーをご確認ください。

ホワイトペーパー:​https://proskenion.github.io/whitepaper/Proskenion.pdf

Github: ​https://github.com/proskenion/proskenion

APIドキュメント:​https://proskenion.github.io/docs/


■今後の展開
当初、Proskenionはエンタメ領域を対象として開発されましたが、上記のようなProskenionの特徴はエンタメ領域に限るものではありません。今後は、Parity Technologiesの開発するブロックチェーン開発ツールキットSubstrateを利用してエンタメ領域に限らずインフラレイヤーなど幅広い分野で応用事例を模索し実用的なブロックチェーンを作成します。

■Staked株式会社に関して
Stakedはブロックチェーンの本質を「自律分散した小さな経済圏(国家)が繋がり、所属する経済圏や共同体に縛られず、個人が属する場所を選択でき、個人で経済圏ですら創ることができること。つまり国家の最小単位が定義され直すということ。​」と捉え、セキュリティと公共性の高いブロックチェーンを開発しています。より具体的には、ブロックチェーンフレームワークであるSubstrateと、Polkadotを利用しPlasmaやRadical Marketの概念を内包したブロックチェーンを創造しています。

■お問い合わせ
Staked株式会社 渡辺 創太
info@staked.co.jp
Staked株式会社 https://staked.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Staked株式会社 >
  3. ブロックチェーン開発企業Staked、コンセンサスアルゴリズムをシームレスに変更できるブロックチェーン、Proskenionを発表。