保育士の年間休日を10日以上増やしたノウハウを初公開

保育士の働き方を変えるCCS活用セミナー開催

保育の事務作業をほぼカバーすることができる保育業務支援システムを活用することで、保育士の業務時間を削減し、年間休日を10日以上増やすことができるノウハウを公開するセミナーを今月17日(月)と3月17日(火)に、日本社会福祉マネジメント学会(東京都墨田区錦糸1-2-1、アルカセントラル15F)で開催します。
保育・介護業界をICTシステムで支援する株式会社social solutions(本社:東京都墨田区 代表取締役社長:貞松成 以下、「ソーシャルソリューションズ」)は、保育の事務作業をほぼカバーすることができる保育業務支援システムを活用することで、保育士の業務時間を削減し、年間休日を10日以上増やすことができるノウハウを公開するセミナーを今月17日(月)と3月17日(火)に、日本社会福祉マネジメント学会(東京都墨田区錦糸1-2-1、アルカセントラル15F)で開催します。CCSは急速に進む保育園のICT化に対応するもので、保育士の働き方を変えるツールとして注目されています。

乳幼児のお昼寝を保育士とITでダブルチェック乳幼児のお昼寝を保育士とITでダブルチェック

ソーシャルソリューションズが主催する「Child Care System(CCS)の活用セミナー」は、定員40名の参加を見込んでいます。CCSと呼ばれる保育業務支援システムは、複雑で量も多い保育士の事務作業の中で、過度な残業や持ち帰り仕事が発生してしまう問題を解決するために開発されました。

これまでのあい・あい保育園での活用事例によると、CCS活用のメリットとしては(1)保育計画(2)登降園管理(3)お便り(園だより)作成―などの業務が大幅に短縮化され、保育業務の軽減につながっています。CCS導入で園の保育士の年間休日が平均で10日間以上増えています。

保育ロボットVEVO(ビーボ)に話しかける園児保育ロボットVEVO(ビーボ)に話しかける園児

保育の現場からは、東京都内にある、あい・あい保育園の現役の施設長も登壇予定で、CCS導入の活用のメリットや今後の課題、保育士の働き方改革などについて、実務者の目線で話をする予定です。

【CCS活用セミナー開催予定】
■日時
(1)2020年2月17日(月)16:00~19:00
(2)2020年3月17日(火)10:00~13:00
■会場
日本社会福祉マネジメント学会内
〒130-0031
東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル15階
JR総武線 錦糸町駅北口徒歩1分 東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅3番出口徒歩1分

■定員
40名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
■費用
無料
■参加方法
【WEBでお申込みの場合】
問い合わせフォーム(https://c-c-s.jp/#contact)から「セミナー希望」を選択し、お申込みください。
【FAXでお申し込みの場合】
下記より申込用紙をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき【 03 – 6658 – 5595 】までお送りください。(https://c-c-s.jp/voice/wp-content/uploads/2020/01/200124-ccs-seminar_rev8.pdf

CCS導入実績と保育士の事務業務削減効果CCS導入実績と保育士の事務業務削減効果

                                                
【会社概要】
会社名:株式会社social solutions
代 表:貞松 成
設 立:2015年12月
事 業:保育・介護分野におけるICT事業の企画・開発・販売・運用
住 所:〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル16階
資本金:10,000,000円
W e b :https://socialsolutions.jp/
【セミナー関連のお問合せ先】
企業名:株式会社social solutions
部 署:ICT課
担 当:中村
T E L :03-6284-1610(受付時間09:00~18:00)
F A X :03-6658-5595
E-mail:otoiawase@socialsolutions.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社social solutions >
  3. 保育士の年間休日を10日以上増やしたノウハウを初公開