“How to 働き方改革?”「人を大切にする」働き方改革の専門家がマンガ化!

「人を大切にする」―当たり前のことが、当たり前であるように

全国社会保険労務士会連合会は、深刻化する人手不足問題と働き方改革への対応に関する「どうやって取り組めば?」という悩みに応える”How to 働き方改革?”マンガをリリースしました。輝きを失いかけた小さな町工場に小さなヒカリを灯す物語です。

全6話!フルカラーで公開中!全6話!フルカラーで公開中!

https://www.shakaihokenroumushi.jp/Portals/0/resources/onayami/

 

父の経営する町工場で働く主人公ひかる。従業員は皆、家族のようにあたたかく大切な存在。「このままずっと変わらない。そう、思っていたのに・・・。」
 

 

ところがある日、従業員からがん治療のため退職したいとの申し出があり―。
人手不足を補うために、毎日遅くまで仕事をする父。

 

 

しかし、業務負担の増加により、職場ではどこか息苦しさまで感じるようになり―。
「昔のような皆の笑顔を取り戻したい―。」
その想いでひかるがとった行動とは?

本物語を通して、中小企業の方々の「働き方改革って何をしたらいいの?」の参考となれば幸いです。

■社労士(社会保険労務士)とは
社労士は、「人を大切にする」働き方改革の専門家です。
一人ひとりの心を大切にする職場になるように、そして、誰もが安心して働き暮らせるようになるように、「働く」に関する企業の様々な悩みに寄り添い、豊富な現場経験を基に、各社の実状に応じた労務管理の提案を行っています。

■例えば
・繁忙期と閑散期で労働時間の差が大きく、残業・休日出勤管理が大変...。
・フルタイムだと延長保育になり、子どもに寂しい思いをさせてしまいます...。
・外国人を雇ったが、ちゃんと定着してくれるか不安...。
・とにかく人手不足で...。


社労士は勤務形態の提案や、育児・介護休業の取得から復帰支援、病気と仕事の両立支援、外国人の雇用管理など、企業と働く人の間を取り持つ、縁の下の力持ちのような存在です。

「働き方改革って何をしたらいいの?」と疑問に感じた時は、是非社労士にご相談ください。


■全国社会保険労務士会連合会
https://www.shakaihokenroumushi.jp/
■社労士とは
https://www.shakaihokenroumushi.jp/about/tabid/203/Default.aspx
■社労士を探す
https://www.shakaihokenroumushi.jp/consult/tabid/527/Default.aspx
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 全国社会保険労務士会連合会 >
  3. “How to 働き方改革?”「人を大切にする」働き方改革の専門家がマンガ化!