日本のGlobal Digital MOJO

けいはんな学研都市で新たなスタートアップ企業支援プログラムを開始

Global Digital MOJO(globaldigitalmojo.com)は、香港に本社を置く国際的なデジタルイノベーション企業です。 デジタル設計および開発、スタートアップコンサルティング、O2Oマーケティング、デジタルビジネス戦略コンサルティング、企業研修など、インバウンドおよびアウトバウンドのデジタル変換サービスを世界中で提供しています。
Global Digital MOJOの日本への参画は、2011年の観光に対する日本の消費者行動に関するExpedia.comの研究とデザイン研究から始まり、2018年には日本での事業をさらに発展させるため大阪の本町地区に支店を開設しました。
近年、カタルーニャツーリズム(インバウンドウェブマーケティング、日本市場)、Berlucchi(インバウンドSNSマーケティング)、グロービスマネジメントスクール(MBAコースキュレーション)、けいはんなリサーチコンプレックスプロジェクト「テクノロジーリサーチセンター」の促進(イベントプランニング、デザイン、スタートアップピッチング、イノベーションセミナー等)を行いました。
けいはんな学研都市で新たなスタートアップ企業支援プログラムを開始
~国内外のスタートアップが世界のイノベーション拠点を目指すハブを形成~

今回は京都でのけいはんなグローバルアクセラレータープログラムプラス(KGAP +)プログラムの開始という私たちの最新のプロジェクトを発表させていただきます。

けいはんな学研都市で世界に冠たるイノベーション創出を目指す「けいはんなRC事業」において、事業化支援・イノベーションハブ構築を担う株式会社国際電気通信基礎技術研究所は、けいはんな学研都市の特長を活かした新たなスタートアップ企業支援プログラム「けいはんなグローバルアクセラレーションプログラムプラス(Keihanna Global Acceleration Program Plus、以下「KGAP+」)」開始します。

KGAP+は、けいはんなRC事業でATRが連携関係を構築したイスラエル、米国NY市とシリコンバレー、スペイン・バルセロナ市、カナダといった世界のイノベーション拠点と日本国内から選ばれたスタートアップ企業が、けいはんな学研都市の強みである実証実験都市機能を活用して、製品・サービスやコンセプトの実証を日本の大手企業等と協業して実施することをゴールとするプログラムです。

2019年度は、7月22日から10月4日、および、9月30日から12月13日の2回実施し、それぞれ国内外の10社が参加、参加企業は10月3~4日に開催される京都スマートシティエキスポでビジネスプレゼンテーションや展示の機会を得ることができ、さらに、各回で選抜された5社が、初回はバルセロナ、2回目はNYでの特別プログラムに参加します。

 

 

 

 

 

日本におけるインバウンドおよびアウトバウンドのデジタル変換事業に向けた新たなパートナーシップの構築を楽しみにしています。

transformation@globaldigitalmojo.comにご連絡ください。


 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Global Digital MOJO株式会社 >
  3. 日本のGlobal Digital MOJO