手数料無料のカーシェアサービス『ridenow』開始

TOYOTA NEXTで選定されたC2Cサービス「シェアのり」と統合~新しいプラットフォームを通じて、クルマの価値を上げ、移動の機会を創っていく~

株式会社RIDENOW(本社:東京都港区、代表取締役:川西 崇介、以下RIDENOW)は、プラットフォーム手数料無料のカーシェアサービス「ridenow」の提供を2019年9月18日(水)本日より開始いたします。本サービスは、スマートフォンに専用アプリ「ridenow」をインストールして利用します。
公式サイトhttps://ride-now.net/
 

 

「ridenow」は、2017年にトヨタ自動車株式会社が開催したオープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」で選定された個人間カーシェアサービス「シェアのり」事業を松前屋株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田平 誠人)から譲り受け、新たに開始するカーシェアサービスです。

本日から共同使用契約※に基づく個人間カーシェアサービスを開始し、順次、RIDENOWが提供するクルマをレンタルできるレンタカー型カーシェアサービスなど、複数のカーシェアサービスを展開する予定です。

※共同使用契約:個人同士が、自動車の取得及び維持に必要な実費等を共同で負担し、その使用及び管理に関する実質的な権限と責任を分担することを前提として、共同の使用について定めた契約

■「ridenow」の特徴
  • プラットフォーム手数料が無料のため、ドライバーが支払う使用料の全額がオーナーの手元に残ります。
  • アプリ1つで個人間カーシェアサービス、レンタカー型カーシェアサービス(2020年4月サービス開始予定)を利用できます。
  • 「ridenow」のブランド・デザインはINAMOTO & Co. Founding Partnerレイ・イナモト氏が担当。
  • 近い将来、トヨタ車のオーナーが簡単に登録、利用できる世界を目指します。
  • シェアリングエコノミーを加速させ、保有されているクルマの稼働を増やし、移動の機会をつくります。
  • ビジネスモデルは、オーナー、ドライバーの利用データに基づいたマーケティング活動による収益です。

■トヨタモビリティ東京株式会社と共同実証実験(2020前半開始予定
トヨタモビリティ東京株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片山 守、以下トヨタモビリティ東京)の東京都江東区、杉並区にある計14店舗で、トヨタモビリティ東京のリース顧客を対象に「ridenow」の個人間カーシェアサービス利用時の本人確認、車両受渡、車両のキズ確認等にスタッフが立ち会うサービスを開始します。店舗を利用することで双方の不安を軽減させ、サービスの利用を促進します。

1日単位の自動車保険への加入により、オーナーもドライバーも安心してカーシェア利用が可能
サービスをご利用いただく際、ドライバーはあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:金杉 恭三)が提供する「ワンデーサポーター(24時間単位型自動車運転者保険)」に加入します。万一、事故が起こった際も24時間365日体制であいおいニッセイ同和損保あんしんサポートセンターが対応します。

■ridenowアプリ概要
サービス名:ridenow(ライドナウ)
配信形式:iPhone、Android端末向けアプリ
利用料金:アプリのダウンロード料、会員登録は無料
※アプリ内のサービスの利用には共同使用料や保険料など各種料金がかります。

アプリは、公式サイトからダウンロード可能です。
公式サイトhttps://ride-now.net/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社RIDENOW
広報担当:永田、今井
電話:03-5444-6604
メールアドレス:info@ride-now.net
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社RIDENOW >
  3. 手数料無料のカーシェアサービス『ridenow』開始