全ての多様な人々が一緒に音楽を楽しみ心のバリアフリーを目指す音楽イベント

2019年10月5日・6日の2日間 日比谷野外音楽堂で【愛と平和の音楽祭】開催!

シンガーソングライターの龍(以下、「龍」という。愛と平和の音楽祭実行員長:龍)は、 2020年東京オリンピック・パラリンピックの基本精神に則り、全ての多様な人々が一緒に楽しみ「心のバリアフリー」を目指すと共に世代や音楽ジャンル等の垣根を超えた「クロスオーバー」に挑戦!そのまず第1歩として音楽のチカラで2019年10月5日(土)-6日(日)の2日間音楽の聖地日比谷野外音楽堂で「愛と平和の音楽祭」を開催いたします。

本事業は、通常の所謂「興行」として行われるイベントとは異なり、 東京都及び公益財団法人東京都歴史文化財団・アーツカウンシル東京が、 来たる2020年東京オリンピック・パラリンピック大会に向け芸術文化によって開催気運を高め、 魅力溢れる都市東京の実現を目指して様々なプログラムを展開する「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の一環でございます。 フラッグプロジェクトとして正式に助成事業に認定され、 大変注目されている事業となっております。 尚、売り上げの一部を東北地方の被災地へ募金させていただく、 チャリティーイベントとしての側面もございます。
 

【開催目的】
障がいのある方や、メディア露出しない一般のアーティスト・団体等も 活動の場を求めているにも関わらず、その機会が与えられていない状況 の中、エンターテイメントとして十分に適用するものに対して「場」を 作ることが目的の一つです。 また、日本における障がい者団体においては、崇高な理念のもと活動し ている各団体は沢山いるにも関わらず、海外に比べるとどうしても団体 毎でクローズドになりがちな現状に対して、本音楽祭が連携を醸成する ハブとなり、モメンタムを生み出すことも大きな目的です。

【主な出演者アーティスト】
http://aitoheiwa.jp/schedule/

【プロアーティスト×愛と平和の音楽祭】
様々なクロスオーバー企画を展開予定。
他では決して味わうことのできない
感動的な演出を実現します。
・「和太鼓」三宅太鼓教×「殺陣」剱伎衆かむゐ
・ 「バリアクラッシュ」oioi×「手話パフォーマンスユニット」HANDSIGN 
・ 「パーカッショニスト」タケオ× 「アフロビートバンド」AFRO BEGUE 

【会場バリアフリーへの取り組み】
障がいをお持ちの方々をはじめ、外国籍の方々にもより音楽祭をお楽しみいただく為
会場バリアフリー対策をしておりますのでご安心してご来場ください。

【チケット絶賛発売中】
日比谷野外音楽堂での観覧のみチケット必要/草地広場は無料
10月5日(土)/3500円  10月6日(日)/3500円
全席自由席 *クラウドファンディング限定席を除く
https://t.livepocket.jp/t/aitoheiwa

【イベント開催概要】
日時:2019年10月5日(土)6日(日)
会場:日比谷野音・草地広場
出演:市民団体・障がい者団体・メジャーアーティスト
料金:野音チケット3500円 草地広場 入場無料
主催:愛と平和の音楽祭 実行委員会
後援:千代田区・TOKYOFM・(交財)日本ダウン症協会 他
http://aitoheiwa.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 愛と平和の音楽祭 実行委員会 >
  3. 全ての多様な人々が一緒に音楽を楽しみ心のバリアフリーを目指す音楽イベント